クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第369回:パリサロン2014(前編)
パリであっぱれ! トヨタの「車内カラオケ」作戦

2014.10.17 マッキナ あらモーダ!

キーワードは「ヘリテージ」

今年のパリモーターショーで目立ったものといえば、欧州メーカーによる「ヘリテージ」の強調である。

フィアットは、トリノから先々代「500」の試作用木型を持ってきた。会場で発表した「500X」の源流をイメージさせるためである。
セアトは「イビーザ」の誕生30周年を記念して1984年の初代モデルを展示した。デザインはジウジアーロ、ボディー設計および生産化プロジェクトはカルマンという、当時鳴りもの入りで登場したモデルだ。
シトロエンもしかりである。同社初のイギリス人CEO、かつ女性CEOとして2014年5月に就任したリンダ・ジャクソン氏は、プロジェクターで「2CV」や初代「DS」といった歴代モデルを投影しながら、プレゼンテーションを進めた。

2014年10月1日にパリ・ポルト・ド・ヴェルサイユ見本市会場で開催されたフォルクスワーゲンの前夜祭「フォルクスワーゲングループナイト」で。慈善団体Cinema for Peaceの創設委員長である女優カトリーヌ・ドヌーヴは、フォルクスワーゲングループから20万ユーロの寄付を受け取った。
2014年10月1日にパリ・ポルト・ド・ヴェルサイユ見本市会場で開催されたフォルクスワーゲンの前夜祭「フォルクスワーゲングループナイト」で。慈善団体Cinema for Peaceの創設委員長である女優カトリーヌ・ドヌーヴは、フォルクスワーゲングループから20万ユーロの寄付を受け取った。 拡大
フィアットは、新型SUV「500X」の伝統を匂わせるべく、先々代「500」の木型を展示。
フィアットは、新型SUV「500X」の伝統を匂わせるべく、先々代「500」の木型を展示。 拡大
セアトが一角に据えていたのは、1984年「セアト・イビーザ」。過度にエモーショナルなデザインの小型車があふれるなか、そのフォルムは一服の清涼感を見る者に与える。
セアトが一角に据えていたのは、1984年「セアト・イビーザ」。過度にエモーショナルなデザインの小型車があふれるなか、そのフォルムは一服の清涼感を見る者に与える。 拡大
プレゼンテーションをするシトロエンのリンダ・ジャクソンCEOの頭上には、往年の名作が次々と。
プレゼンテーションをするシトロエンのリンダ・ジャクソンCEOの頭上には、往年の名作が次々と。 拡大

フォルクスワーゲンに「やられた」

各地のモーターショーウォッチャーであるボクからすると、「ヘリテージ」の過度な強調は、「子供自動車絵画展」「休憩所」と並んで、ショー衰退のバロメーターでもある。数年前GMは、ジュネーブショーでテールフィンの生えたシボレーやキャデラックを何台も展示した。しかし同社はその後、欧州における小型車ブランドの統合を図ったため、今回のパリでは、シボレーは消えてオペルのみとなった。キャデラックも姿を消した。思えば、サーブも欧州ショーにおける最後は、たびたび歴史車両を展示していた。

それでも、プレスデイ開幕前夜に開催された「フォルクスワーゲングループナイト」で、往年の欧州におけるキャンプ場風景が映し出され、初代「フォルクスワーゲン・タイプ2」が次々と登場したときは、「やられた」と思った。自社製品によって、戦後の一文化まで形成してしまった欧州メーカーにしかできない演出である。実際、会場は大きな興奮に包まれた。

中でも初代「DS」は、今もシトロエンの先進性の象徴である。
中でも初代「DS」は、今もシトロエンの先進性の象徴である。 拡大
こんなヘリテージ継承も。あるフランス企業が造る電気自動車。その名は、「ミニモーク」ならぬ「ノースモーク」。
こんなヘリテージ継承も。あるフランス企業が造る電気自動車。その名は、「ミニモーク」ならぬ「ノースモーク」。 拡大
フランスの携帯通信大手「オランジュ」のコーナーには、「フォルクスワーゲン・ビート ルカブリオレ」が。乗って記念撮影している人は新型車と同様、いや、それ以上にハイになっている。
フランスの携帯通信大手「オランジュ」のコーナーには、「フォルクスワーゲン・ビート ルカブリオレ」が。乗って記念撮影している人は新型車と同様、いや、それ以上にハイになっている。 拡大
「フォルクスワーゲングループナイト」で。商用車部門の新コンセプトカー公開に先立ち、初代「タイプ2」によって、華やかなパフォーマンスが繰り広げられた。
「フォルクスワーゲングループナイト」で。商用車部門の新コンセプトカー公開に先立ち、初代「タイプ2」によって、華やかなパフォーマンスが繰り広げられた。 拡大

トヨタブースの一角で

そういえば何年か前、ある日本のプレミアムブランドのデザイナーが「いくら私たちが高級車を作っても、ヘリテージという点では、しょせん欧州車に勝てませんから」と呟(つぶや)いていたっけ。

そんな言葉を思い出しながら、会場を歩いていたときである。
トヨタのブースで、プレスデイにもかかわらず盛り上がっているコーナーがあった。そばにいるコンパニオンに何をやっているのか聞けば、「カラオケよ!」と教えてくれた。
「ヤリス(日本名:ヴィッツ)ハイブリッド」の室内でカラオケを歌うと、その様子が『YouTube』にアップロードされる、という企画である。同車が販売されている各国で、「Happy Driving」のキャッチのもと、車内で歌う人々のCMが放映されているのに連動したものだ。
再びコンパニオンに聞けば、選べるのはほとんど英語の曲で、フランス語は「オー・シャンゼリゼ」の1曲しかないそうだ。ミシェル・ポルナレフとか、クロード・フランソワとか、フランスの国民的歌手を入れておかなかったところは、「現地現物」を掲げるトヨタとしては、画竜点睛を欠いている。惜しい。

それでもボクの隣で曲目ノートを眺めていた女性4人組は意気揚々とヤリスハイブリッドに乗り込んだ。そして、ボクがコンパニオンの脇にあるディスプレイを見ると、「振り」も鮮やかに歌い始めた。その光景は、まるでテレビにおける自動車走行シーンのごとくで、傍観しているだけでも楽しい。

ホンダは、かつてF1デビューを飾った1964年「RA271」をディスプレイしていた。せっかくの歴史的マシンなのに、注目度を高める演出がなされていなかったのが惜しい。
ホンダは、かつてF1デビューを飾った1964年「RA271」をディスプレイしていた。せっかくの歴史的マシンなのに、注目度を高める演出がなされていなかったのが惜しい。 拡大
トヨタの企画「ザ・ヤリスハイブリッド カラオケ・テストドライブ」。
トヨタの企画「ザ・ヤリスハイブリッド カラオケ・テストドライブ」。 拡大
ディスプレイを見ると、先ほど乗り込んだ女性4人が、楽しげに歌い始めた。「ザ・ヤリスハイブリッド カラオケ・テストドライブ」の模様は、すでに続々と『YouTube』で公開されている。
ディスプレイを見ると、先ほど乗り込んだ女性4人が、楽しげに歌い始めた。「ザ・ヤリスハイブリッド カラオケ・テストドライブ」の模様は、すでに続々と『YouTube』で公開されている。 拡大

これぞクールジャパンなアトラクション

今日――いまだその意味が今ひとつわからないが――“クールジャパン”を代表するカルチャーであるカラオケ。日本を題材としたパリの恒例イベント「PARIS MANGA」で、見ず知らずの若者たちがアニメソングに合わせて合唱しているのを見ると、いかに市民権を得ているかがわかる。そのカラオケと日本ブランド車のコンビネーションは、今までありそうでなかったアイデアだ。
どんな欧州ブランドが同様の企画を用意しても、どこかぎこちないものになるに違いない。この企画をトヨタに持ち込み、採用された広告代理店と、ゴーサインを出したトヨタはあっぱれである。

しかしながら、個人的にはこのヤリスハイブリッドはフランス国内にとどまることを望む。社内親睦を大切にするトヨタ。若手社員たちが乗車させられ、上司が熱唱する「マイウェイ」を車内で聴かされる悲劇を防ぎたいからである。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

トヨタで、もうひとつ。パリにおけるレッカー車の定番といえば「トヨタ・ランドクルーザー」の改造車。写真は見本市会場の構内車だが、市内では運悪く自分のクルマを“ランクル”にけん引されていってしまったパリ人は少なくないはず。
トヨタで、もうひとつ。パリにおけるレッカー車の定番といえば「トヨタ・ランドクルーザー」の改造車。写真は見本市会場の構内車だが、市内では運悪く自分のクルマを“ランクル”にけん引されていってしまったパリ人は少なくないはず。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。

webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。