ポルシェがコンパクトSUV「マカン」を発表

2014.11.13 自動車ニュース
ベースグレードの「ポルシェ・マカン」(写真)は今回が“ジャパンプレミア”となる。
ベースグレードの「ポルシェ・マカン」(写真)は今回が“ジャパンプレミア”となる。 拡大

ポルシェがコンパクトSUV「マカン」を発表

ポルシェ ジャパンは2014年11月13日、コンパクトSUV「マカン」を東京都内のホテルでお披露目した。2リッター直4ターボエンジンを搭載するエントリーグレード「マカン」は、今回が日本初公開となる。(詳細な写真はこちら)

「マカン」のインテリア。
「マカン」のインテリア。 拡大
「マカン」の2リッター直4ターボエンジン(237ps)。
「マカン」の2リッター直4ターボエンジン(237ps)。 拡大
3リッターV6ツインターボエンジン(340ps)を搭載する「マカンS」。
3リッターV6ツインターボエンジン(340ps)を搭載する「マカンS」。 拡大
シリーズのトップグレード「マカン ターボ」。3.6リッターV6ツインターボエンジン(400ps)を搭載する。
シリーズのトップグレード「マカン ターボ」。3.6リッターV6ツインターボエンジン(400ps)を搭載する。 拡大
ポルシェ ジャパン代表取締役社長の七五三木 敏幸氏(写真左)と、独ポルシェ本社のセールス&マーケティング担当役員のベルンハルト・マイヤー氏(右)。
ポルシェ ジャパン代表取締役社長の七五三木 敏幸氏(写真左)と、独ポルシェ本社のセールス&マーケティング担当役員のベルンハルト・マイヤー氏(右)。
    拡大

■日本ですでに1500台を受注

ポルシェ第5のモデルレンジとしてデビューしたマカンが、いよいよ日本の道路を走り始める。

マカンは「ポルシェのDNAが息づくコンパクトSUVセグメント初のスポーツカー」とポルシェがうたうニューモデル。2013年11月にロサンゼルスオートショーと東京モーターショーで、3リッターV6ツインターボを搭載する「マカンS」と3.6リッターV6ツインターボの「マカン ターボ」がほぼ同時に公開された。さらに、2014年4月の北京モーターショーで、2リッター直列4気筒ターボの「マカン」が発表されている。

日本では2014年2月にマカンSとマカン ターボ、また、同年4月にマカンの予約注文がそれぞれ開始された。価格は、マカン:616万円、マカンS:719万円、マカン ターボ:997万円で、すでに1500台を受注しているという。

マカンのジャパンプレミアイベントには、ドイツのポルシェ本社からベルンハルト・マイヤー セールス&マーケティング担当役員が来日。130万台規模を誇るコンパクトSUV市場は、今後年率3.5%の拡大が期待されており、ポルシェにとっては新しい顧客を開拓するうえで重要な役割を果たすと述べている。これに対応するために、ポルシェはドイツ・ライプチヒの工場に新しい生産ラインを設けた。欧州では今年7月にデリバリーが開始されているが、その数はすでに3万台を数えたという。

一方、ポルシェ ジャパンの七五三木 敏幸(しめぎ としゆき)代表取締役社長は、マカンの投入により2014年はポルシェ全体で5000台の販売台数達成を確信しており、2015年にはさらなる伸びが見込まれると語っている。

また、ポルシェ ジャパンで営業とマーケティングを担当する牧野一夫執行役員は、ライバルとして「アウディQ5」や「BMW X3」、「メルセデス・ベンツGLK」などを挙げ、マカンはデザイン、パフォーマンス、カスタマイズ性などで競合車をリードするとともに、このカテゴリーでは唯一の「スポーツカー」であることをアピール。616万円~997万円という価格にも競争力があり、新規顧客の開拓に大きな期待を寄せているのが伝わってきた。

同社は11月15日には全国の正規ディーラーにてフェアを開催し、一般向けにお披露目を行う。このフェア以降、順次顧客への納車が始まるとのことだが、ポルシェのエントリーモデルとしての役割を担うマカンが、ユーザー層の裾野を広げるのは確かだろう。

(文=生方 聡/写真=webCG)

→「ポルシェ・マカン」の詳細な写真はこちら。

関連キーワード:
マカン, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ マカン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.27 試乗記 2018年10月にマイナーチェンジが実施された、ポルシェの人気車種「マカン」。数あるグレードのなかでも最高の動力性能を誇る「マカン ターボ」はどのようにリファインされたのか? 最新型の走りをリポートする。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【試乗記】 2018.8.8 試乗記 ポルシェのSUV「マカン」に、装備充実のスポーティーモデル「マカンGTS」が登場。ボディーの大きさや車重を忘れさせるその走りは、往年のFRポルシェにも通じる“小気味よさ”が感じられるものだった。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2020.3.7 試乗記 マイナーチェンジされた「ポルシェ・マカン」の最新高性能版「GTS」にポルトガルで試乗。スポーツエキゾーストシステムが組み込まれ、最高出力380PSを発生する新世代のV6ツインターボユニットや、進化した足まわりの実力を日本上陸前に確かめた。
  • ポルシェ・マカン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.31 試乗記 ポルシェファミリーの中で、いま最も売れている「マカン」。モデルライフ半ばのマイナーチェンジで持ち前の商品力はどのように高まったのか? ベーシックな2リッター直4モデルに試乗し、その完成度を確かめた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る