クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第273回:巨匠との思い出 ~自動車評論家 徳大寺有恒さんをしのんで(後編)

2014.12.26 エディターから一言

“自動車ジャーナリズムの巨匠”徳大寺有恒さんが、2014年11月7日にこの世を去りました。その人柄をしのばせるとっておきのエピソードを、長年親交のあったふたりのライターが紹介します。
 

クルマは乗って楽しむもの

前編からのつづき
沼田 亨(以下「沼」):そうしてペン1本で稼ぎだした金の多くを、巨匠は再びクルマに投資した。これは本当にすごいと思う。
松本英雄(以下「松」):一時はクルマを買うために仕事をしていたようなものだったと語ってましたね。その理由を「単にクルマ好きの、クルマ馬鹿だったから」と言うけれど、まねできるもんじゃない。

沼:松本さんは当然、奥さまが保管している愛車の購入・維持管理記録を見たことがあるよね? 巨匠が人生においてもっとも多くのクルマを買った時期という、80~90年代を中心につづられた分厚い3冊のファイル。
松:もちろん見ましたよ。思わずうなっちゃいましたね。
沼:クルマの購入金額だけで、億単位に達していたよね。
松:ええ。その上に修理代もすごかった。

沼:普通はさ、それだけ稼いだら、少なくとも家の購入くらいは考えるじゃない? 投資や利殖とかには手を出さないとしても。でも巨匠はまったくそういう思考がなかったよね。
松:十数年前に猫を飼うために、ついのすみかとなってしまったフラットを買うまでは、ずっと借家住まい。「俺は根無し草だから、家はいらないと思ってた」が口癖でしたね。

沼:巨匠より多い金額をクルマに使った富豪はもちろんいるだろうけど、ガレージも持たない生活で億単位の金を使ったクルマ好きは、ちょっといないんじゃないかな。クルマの原稿だけで億単位の金を稼いだ人もいないだろうけど。
松:まさに唯一無二の存在ですよね。
沼:そう。日本一のクルマ馬鹿。ちなみに著書によれば所有したクルマは約90台。でも、さっきの930ポルシェみたいな例もあるから、実際はもっと多いんじゃないかと思うんだ(笑)。
松:取っ換え引っ換えしたクルマのなかには、好きなクルマのほかに、自動車評論家として乗っておかねばという職業上の理由から選んだクルマもあったでしょう? 初代「セルシオ」、R32の「GT-R」、「NSX」、初代「プリウス」とか。

沼:それは立派なんだけど、当然ながらリセールバリューなどまったく考えないから、GT-Rを赤に塗っちゃったり。
松:クルマを買うときにリセールバリューを考えて選ぶほどつまらない、もったいないことはない、が持論でしたからね。

沼:そうしてクルマ選びを続けた結果、「クルマは売っても買っても損をする」という名言が生まれたんだな。
松:そうですね。

沼:巨匠がクルマを買いまくっていた時期の遍歴を見て思ったのは、あまり古いクルマがないんだよね。古くても、60年代の「マセラティ・ミストラル」とか「アストン・マーティンDB6」、ヴィカレッジの「ジャガー・マーク2」(注)あたりじゃない? 大好きだったという50年代の「ランチア・アウレリアGT」とかには、いかなかったんだな。

松:50年代のクルマを現代の路上で日常的には乗れないと言ってたから。巨匠にとってクルマは、あくまで乗って楽しむもの。見て楽しむならミュージアムや他人のクルマ、もしくは本でいいと割り切っていた。そこの線引きは、実に明快でしたよ。
沼:なるほどね。しかし巨匠のクルマ、特に高級車に関する話は、身銭を切っていただけに説得力があったと、いまさらながら思うよ。

)ヴィカレッジの「ジャガー・マーク2」
英国のヴィカレッジ社でレストアされ、現代の路上での使用に耐えるべく一部の機構がアップデートされたジャガー・マーク2。

(写真=峰 昌宏)
(写真=峰 昌宏)
    拡大
文中で触れられている、徳大寺さんの購入車記録ファイル。奥さまが保管されていた。(写真=岡村昌宏)
文中で触れられている、徳大寺さんの購入車記録ファイル。奥さまが保管されていた。(写真=岡村昌宏)
    拡大
「ボディーカラーは何色あるんだい?」「値段は、いくら?」試乗に際して質問を続ける巨匠。写真のクルマは、「トヨタ・クラウン ハイブリッド アスリートS」。(写真=峰 昌宏)
「ボディーカラーは何色あるんだい?」「値段は、いくら?」試乗に際して質問を続ける巨匠。写真のクルマは、「トヨタ・クラウン ハイブリッド アスリートS」。(写真=峰 昌宏)
    拡大
徳大寺さんにとって初フェラーリだったという「365GT4 2+2」の同型車。「ハンドルが切れないので世田谷の住宅街では難儀した。女性を乗せると決まって機嫌が悪くなった」と語っていた。
徳大寺さんにとって初フェラーリだったという「365GT4 2+2」の同型車。「ハンドルが切れないので世田谷の住宅街では難儀した。女性を乗せると決まって機嫌が悪くなった」と語っていた。
    拡大
ひとめぼれして購入したという「アストン・マーティンDB6 Mk1」の同型車。これと同じブリティッシュグリーンの、1967年式ヴァンテージだった。
ひとめぼれして購入したという「アストン・マーティンDB6 Mk1」の同型車。これと同じブリティッシュグリーンの、1967年式ヴァンテージだった。
    拡大
「私の生き方を決めた」と著書に記していた「ジャガーXJ12 シリーズ3」の同型車。1985年式を新車で購入、前出のファイルによれば車両価格850万円、取得税48万750円。
「私の生き方を決めた」と著書に記していた「ジャガーXJ12 シリーズ3」の同型車。1985年式を新車で購入、前出のファイルによれば車両価格850万円、取得税48万750円。
    拡大
(写真=峰 昌宏)
(写真=峰 昌宏)
    拡大

「俺ぐらい幸せな馬鹿はいないよ」

沼:クルマのほかに、巨匠はオシャレにも相当金を使ったんじゃない?
松:使ったでしょう。いいものを身につけていたもの。もともと好きだし、男性ファッション誌でスタイリストのようなことをやってたこともあるから、ブランドから服飾の歴史や素材まで、すごく詳しかった。

沼:「ぶ男だったからファッションセンスが磨かれた」って言ってたよね。なんとか自分をかっこよく見せたいと。
松:そのおかげでモノを見る目は肥えてた。

沼:巨匠はよく「努力をしたことがない。運だけでここまで来た」と言ってたけど、そんなことはないよね。
松:興味があることについての知識やセンスを吸収することに関しては、すごく貪欲だったと思う。

沼:自ら告白しているように、若い頃の巨匠はコンプレックスの塊だったわけじゃない? ぶ男で、田舎者で、貧乏で……と。だからそこから脱したいという気持ち、上昇志向と言ってもいいと思うんだけど、そのエネルギーはすごく強かっただろうから。
松:そりゃ半端じゃなかったでしょう。

沼:ところで巨匠のファッションというと忘れられないのが、20年ぐらい前の真夏に都内のホテルで見かけた、生成りの麻のスリーピースにパナマ帽という、まるで映画『ベニスに死す』(※注1)から抜け出てきたような姿。縦横比がちょっと狂ってたけど(笑)。

松:『徳大寺有恒といくエンスー ヒストリックカー ツアー』の表紙にも描かれている、ヘミングウェイに心酔していた巨匠の夏の定番スタイルですよ。
沼:着こなしが板についていて、さすがと思ったね。周囲の人が振り返るほどだった。
松:長年かかって身に付けたスタイル、キャラクターですからね。そういえば理由はどうあれ、外国でもすぐに顔を覚えてもらえるから得だともいってました。

沼:外国といえば、アメリカでパット・モリタ(※注2)に間違えられたことがあると言ってたね。たしかに雰囲気はちょっと似てる。(笑)
松:そうそう。日本人では嵐山光三郎さんに似てるって言われてた。あと巨匠自身は嫌がってたけど、晩年の勝 新太郎。ビートたけしのテレビ番組に出たときに「おとなしい勝新」とか言われて。

沼:今じゃ知る人も少ないだろうけど、勝新ってデビュー当時は白塗りの美男俳優だったからね。巨匠はもちろんそれを知ってるから、「俺みたいなぶ男と勝新をいっしょにするなんて、とんでもない!」と言ってた。
松:巨匠は傲慢(ごうまん)でわがままなキャラだという評判もあって、たしかにそうした一面もあったけれど、ある部分ではすごく謙虚だったから。

沼:そうなんだよ。特に自分の仕事に対する評価に対して。何度も言うようだけど、あれだけの実績を残しているのに「運がよかった」とか、そんな言葉ばかり並べて。まあ、モータリゼーションが発展していく時代との巡り合わせがよかったのは事実だけどね。

松:「たまたま書いた本が一発当たっただけで、これまで好きなクルマに関することだけをやってこられた。まるで宝くじに当たったようなもんで、俺ぐらい幸せな馬鹿はいないよ」と真顔で言われたことがありますよ。
沼:自称「日本一幸せなクルマ馬鹿」か。カッコイイなあ。

松:そう考えると、クルマ馬鹿として現役のまま亡くなったことも、幸せだったのかもしれませんね。
沼:そう思う。ということで話は尽きないけれど、続きはまたの機会ということで。われわれが敬愛してやまない巨匠、徳大寺有恒に合掌。
松:合掌。

注1)ベニスに死す
静養のためベニスを訪れた初老のドイツ人作曲家が、そこで出会った美少年に心を奪われる話を描いた、ルキノ・ヴィスコンティ監督作品。
注2)パット・モリタ
映画『ベスト・キッド』シリーズの空手の師匠役で知られる日系2世の米国人俳優。


(語り=松本英雄&沼田 亨/まとめ=沼田 亨)

→徳大寺有恒&松本英雄がおくる『webCG』の試乗インプレッション・アーカイブはこちらから

(写真=峰 昌宏)
(写真=峰 昌宏)
    拡大
「BMW 6シリーズ グランクーペ」の試乗会で。後席に腰掛けながら、インテリアの質感を吟味する巨匠。(写真=峰 昌宏)
「BMW 6シリーズ グランクーペ」の試乗会で。後席に腰掛けながら、インテリアの質感を吟味する巨匠。(写真=峰 昌宏)
    拡大
「フォルクスワーゲン・ビートル」の試乗会にて。こだわりのパイプとステッキ、そしておしゃれな帽子は、徳大寺さんのトレードマークだった。(写真=峰 昌宏)
「フォルクスワーゲン・ビートル」の試乗会にて。こだわりのパイプとステッキ、そしておしゃれな帽子は、徳大寺さんのトレードマークだった。(写真=峰 昌宏)
    拡大
前編でも紹介した、単行本『徳大寺有恒といくエンスー ヒストリック ツアー』(二玄社刊)の表紙。
前編でも紹介した、単行本『徳大寺有恒といくエンスー ヒストリック ツアー』(二玄社刊)の表紙。
    拡大
「エンスー ヒストリック ツアー」でスズキの歴史館を訪れた際のショット。スズキの鈴木修会長兼社長(写真右)と。
「エンスー ヒストリック ツアー」でスズキの歴史館を訪れた際のショット。スズキの鈴木修会長兼社長(写真右)と。
    拡大
2009年11月、「エンスー ヒストリック ツアー」で訪れたマセラティ・クラブ・オブ・ジャパン主催のイベント「マセラティ・デイ」にて。
2009年11月、「エンスー ヒストリック ツアー」で訪れたマセラティ・クラブ・オブ・ジャパン主催のイベント「マセラティ・デイ」にて。
    拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。