ホンダ、HVとなった新型「NSX」を発表【デトロイトショー2015】

2015.01.13 自動車ニュース
新型「アキュラNSX」
新型「アキュラNSX」
    拡大

【デトロイトショー2015】ホンダ、ハイブリッドシステムを搭載した新型「NSX」を発表

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2015年1月12日、北米国際自動車ショー(開催期間:2015年1月25日まで)において、新型「アキュラNSX」を発表した。

■ハイブリッドシステムで全輪を駆動

新型NSXは、「SPORT HYBRID SH-AWD」と呼ばれるハイブリッドシステムを搭載した、ミドシップの2座スポーツクーペである。

エンジンはドライサンプ潤滑方式を採用した直噴V6ツインターボで、キャビンの後方に縦置きで搭載。これに組み合わせるトランスミッションには、電動モーターを内蔵した9段デュアルクラッチ式ATを採用している。また、フロントには左右の前輪を個別のモーターで駆動するTMU(ツインモーターユニット)を搭載しており、ライントレース性を高めるため、左右輪の駆動力と減速力を制御するトルクベクトリング機構を備えている。

一方、車体構造はスペースフレーム式となっており、外板にはアルミニウムと超高強度鋼板を、フロアにはカーボンファイバーを採用。これらを高い精度で結合することにより、大幅な軽量化と高いねじり剛性および曲げ剛性を実現したという。前後独立懸架の足まわりはオールアルミニウム製で、フロントには19インチ、リアには20インチのタイヤとアルミホイールを装着。ブレーキはフロントが6ポット、リアが4ポットのモノブロックキャリパーと、カーボンセラミックブレーキディスクの組み合わせとなっている。

また制御システムとして、これらのパワーユニットやトランスミッション、シャシーの特性をダイヤル操作で切り替える「Integrated Dynamic System」を採用。走行モードは「Quiet」「Sport」「Sport+」「Track」の4種類で、Quietモードを選択すると、低速域ではモーターのみでの走行が可能となる。また、発進時にエンジンと3つのモーターをフル活用した加速を行う「ローンチモード」も備わっている。

■生産はアメリカの専用工場で完全内製

キャビンフォワードなパッケージングでまとめられたエクステリアについては、各部のディテールで安定性を高めるダウンフォースの発生や、エンジン冷却のための効果的なエアフローマネジメントなどといった機能性を表現。オハイオにある風洞実験施設でテストを重ね、高い空力性能を達成しているという。

一方、インテリアについては「Human-Support Cockpit」をコンセプトとし、ドライバーが運転に集中できるデザインを追求。メーターパネルには視認性に優れたカラー液晶ディスプレイを採用している。

生産拠点となるのは、米国オハイオ州のメアリズビル四輪車工場の隣接地に位置する「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」で、およそ100名の従業員がボディー製造、塗装、最終組み立てまでを担当。外部サプライヤーがボディー製造などを担う一般的なスーパーカーとは異なり、ボディー製造から最終組み立てまでが、完全に内製で行われる。

予約受付開始は2015年夏。価格は約15万ドルからとなっている。

主要諸元
・全長×全幅×全高:4470×1940×1215mm
・ホイールベース:2630mm
・トレッド:(前)1655mm/(後ろ)1615mm
・システム最高出力:550hp以上

(webCG)

→新型「アキュラNSX」の発表会場の様子はこちら
→新型「アキュラNSX」のより詳しい写真はこちら
 

関連キーワード:
NSX, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ NSX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(その1) 2016.8.25 画像・写真 ホンダの新型「NSX」を発表。専用設計の3.5リッターV6ツインターボエンジンと3基のモーターからなるハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドSH-AWD」を搭載し、11年ぶりに復活した高性能スポーツモデルの姿を写真で紹介する。
  • 第24回:ホンダNSX(後編) 2019.2.20 カーデザイナー明照寺彰の直言 自動車のデザインの中でも、特に難しいとされるスーパースポーツ。久々の復活を遂げた「ホンダNSX」には、具体的にどのような問題点があるのか? 現役デザイナー明照寺彰が、迷走するホンダ&アキュラのデザインに物申す。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2019.1.22 試乗記 3.5リッターV6ツインターボエンジン+トリプルモーターを搭載したホンダのスーパースポーツ「NSX」が、デビュー以来初のマイナーチェンジを受けた。新たに開発責任者に日本人を据えたことで、走りの味付けはどのように変化したのだろうか。
  • 第116回:思えば初代NSXは爆安だった 2018.12.18 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第116回は「思えば初代NSXは爆安だった」。2370万円で登場した新型「NSX」。この値付けは高い!? 安い!? 中古フェラーリとの比較を交えながら、カーマニアの支持を集めた、初代NSXに思いをはせる。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.7 試乗記 デビュー以来初めて仕様が変更された、ホンダの“ハイブリッドスーパースポーツ”「NSX」。ワインディングロードで乗った最新型は、特別な高性能バージョンとして売り出してもいいと思えるほどに変貌を遂げていた。
ホームへ戻る