第90回:メルセデス・ベンツS65 AMGクーペ(後編)

2015.03.06 水野和敏的視点

「Sクラスセダン」とは方向性が異なる

今回も引き続き、「メルセデス・ベンツS65 AMGクーペ」に試乗します。最高出力630ps、最大トルク102.0kgmを発生する強心臓6リッターV12ツインターボを搭載したラグジュアリークーペです。車両本体価格は3120万円。

前回、Sクラスクーペを運転したところ、フロントサスペンションがソフトである一方、リアは突っ張り気味で、「まるでBMWのようだ」という感想を述べました。なぜそのような設定にしたのでしょうか。それは、メルセデスがこのクルマのオーナー層を見極めてセッティングしたからに違いありません。

ある程度お年を召された方が、自分でステアリングを握ってそれなりにスポーティーに走る。その際には、フロントの応答性を上げた方が、よりわかりやすいはずです。
一方、クルマの安定性というものは、リアが受け持ちます。このS65 AMGクーペで限界域まで速度を上げていったときに、今のセッティングのままで前後のバランスが完璧に取れているかといったら、必ずしもそうではない気がします。でも、普通のオーナーはそこまでこのクルマを“追い込む”ようなことはしないでしょうから、実際には問題にはならないのではないでしょうか。

興味深いのは、同じ「Sクラス」の名を持つクルマでも、セダンとクーペでセッティングを変えていることです。
Sクラスセダンは、昔ながらの、前後のバランスをきっちり取った足まわりになっています。わかりやすいスポーティーさより、絶対的な限界性能を優先しています。セダンは、おかかえの運転手が運転することの多い“公的な”クルマですから、パーソナルユースのクーペとは異なる味付けを与えているわけです。
そういったところに、メルセデスのクルマづくりの奥深さを感じると言ったら、大げさに過ぎるでしょうか。

 
第90回:メルセデス・ベンツS65 AMGクーペ(後編)の画像 拡大
 
第90回:メルセデス・ベンツS65 AMGクーペ(後編)の画像 拡大
 
第90回:メルセデス・ベンツS65 AMGクーペ(後編)の画像 拡大
メルセデス・ベンツS65 AMGクーペ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5045×1915×1425mm/ホイールベース:2945mm/車重:2170kg/駆動方式:FR/エンジン:6リッターV12 SOHC 36バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:630ps/4800-5400rpm/最大トルク:102.0kgm/2300-4300rpm/タイヤ:(前)255/40R20 (後)285/35R20/価格:3120万円
メルセデス・ベンツS65 AMGクーペ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5045×1915×1425mm/ホイールベース:2945mm/車重:2170kg/駆動方式:FR/エンジン:6リッターV12 SOHC 36バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:630ps/4800-5400rpm/最大トルク:102.0kgm/2300-4300rpm/タイヤ:(前)255/40R20 (後)285/35R20/価格:3120万円 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX ガソリン/ZX ディーゼル/GRスポーツ ガソリン【試乗記】 2021.9.10 試乗記 世界中で活躍するトヨタのクロスカントリーモデル「ランドクルーザー」が、新型の「300系」にフルモデルチェンジ。14年ぶりに刷新された“陸の巡洋艦”は、運動性能も快適性も、従来モデルから長足の進化を遂げていた。
  • レクサスLX 2021.10.14 画像・写真 レクサスのフラッグシップSUVである「LX」の新型が、中東のサウジアラビア王国とアラブ首長国連邦で世界初公開された。「優雅な移動体験を提供しライフシーンを広げる」とうたわれる4代目のディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(MR/8AT)【試乗記】 2021.9.18 試乗記 ミドシップ化によって高い運動性能を獲得した新型「シボレー・コルベット」。その実力は、電動ハードトップを備えた「コンバーチブル」でも変わらない。とくに峠道では、オープンエアの心地よさに加え、C8の底知れないポテンシャルも感じることとなった。
ホームへ戻る