クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第396回:上海ショー2015(前編) これが中国式の最高級SUVだ!

2015.05.01 マッキナ あらモーダ!

一生帰れないかと思った

カースコープでもお伝えしたとおり、上海モーターショー2015は、西郊に建設された新メッセ「国家会展中心」に会場を移して開催された。40万平方メートルという、その会場面積はあまりに巨大だった。東京ドームのグラウンド部分約30個分といえば、その大きさを想像していただけるだろう。
会場直結の地下鉄駅があるものの、そこからお目当てのパビリオンにたどり着くだけでひと苦労だ。帰りも同様で、初日などは迷って一生帰れないかと思った。翌日会ったイタリア人は「次回の上海ショーでは、歩き回るのにGPSが必要だな」と笑っていた。

上海モーターショー2015は新メッセ「国家会展中心」で開催された。中央広場だけでも、欧州ショーのいちパビリオンに匹敵する広さがある。
上海モーターショー2015は新メッセ「国家会展中心」で開催された。中央広場だけでも、欧州ショーのいちパビリオンに匹敵する広さがある。 拡大
あまりに大きいので、パビリオンとパビリオンの間の通路も場所によっては真っ暗。かなたに差し込むわずかな光だけが、外の天気を知る手がかりだ。
あまりに大きいので、パビリオンとパビリオンの間の通路も場所によっては真っ暗。かなたに差し込むわずかな光だけが、外の天気を知る手がかりだ。 拡大

あふれる中国テイスト

それでも、長年のモーターショー巡りで身についた動物的勘なのか、見たいブランドのパビリオンに自然とたどり着くのが不思議である。
その見たいブランドのひとつは「クオロス」だ。以前も紹介したが、奇瑞汽車とイスラエル系投資企業によって設立されたクオロスオートモーティブ社が、2013年に販売を開始した上海の新興プレミアムブランドである。デザインチームを率いるのは、かつてBMW MINIを成功に導いたことで知られるゲルト・ヒルデブラントだ。

今回彼らが展示したのは「クオロス2 SUV PHEVコンセプト」と名付けられたシティーSUVである。エンジニアのアレッサンドロ・タッローネ氏によると、ホイールベースは2600mmで、既に発売されている同社製セダン「クオロス3」より90mm短い。「MINIカントリーマン」とほぼ同じだ。クオロスにとっては、初のBセグメントである。

プラグインハイブリッドの4WDを想定したモックアップを前に、タッローネ氏は、「エクステリアは同社のミュンヘンスタジオで、インテリアは上海スタジオでデザインし、8週間で仕上げた」と、欧州と中国の連携を誇らしげに振り返った。

面白いのは、ディテールにちりばめられた中国テイストだ。国旗「五星紅旗」をイメージさせる赤と黄色い星がアクセントとして配置されているほか、篆刻(てんこく)を模したロゴも貼られている。最高なのはガラスルーフだ。中国風の格子がはめ込まれている。
コンセプトカーの透明ルーフにおける遊びといえば、2013年のパリサロンで展示されたルノーのコンセプトカー「イニシアル・パリ」に、パリの市街地図が刻まれていたのを思い出す。だが、それを通した光が室内にエキゾチックな影を落とす点では、今回のクオロスによるコンセプトカーのほうが、より演出効果が高い。

プレスリリースには、「流行に敏感でクリエイティブな若い中国人世代にアピールする」とある。自国のトラディションをポップ感覚として遊ぶところまで、この国の自動車カルチャーが成長しているのか、それとも時期尚早か。同様のテイストをもつ次回作が出るかがその結論となろう。

クオロスのブース。手前が「クオロス2 SUV PHEVコンセプト」。クルマの後方ではデザイン担当副社長のゲルト・ヒルデブラント氏が、ルノーデザインのボス、ローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏に車両を説明している。右奥は、現行生産車である「クオロス3」のカットモデル。
クオロスのブース。手前が「クオロス2 SUV PHEVコンセプト」。クルマの後方ではデザイン担当副社長のゲルト・ヒルデブラント氏が、ルノーデザインのボス、ローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏に車両を説明している。右奥は、現行生産車である「クオロス3」のカットモデル。 拡大
「クオロス2 SUV PHEVコンセプト」のフロントグリル。垂直に切り立ったヘッドランプが、モダンとレトロ、両方のムードを醸し出す。
「クオロス2 SUV PHEVコンセプト」のフロントグリル。垂直に切り立ったヘッドランプが、モダンとレトロ、両方のムードを醸し出す。 拡大
テールレンズの陰りを帯びた赤と、ボディーカラーの水色のコンビネーションから、どこか人民服時代の中国製おもちゃを思い出すのは筆者だけか。
テールレンズの陰りを帯びた赤と、ボディーカラーの水色のコンビネーションから、どこか人民服時代の中国製おもちゃを思い出すのは筆者だけか。 拡大
給電装置のリッド位置を示すヒルデブラント氏。
給電装置のリッド位置を示すヒルデブラント氏。 拡大
各部には篆刻(てんこく)風のバッジが。
各部には篆刻(てんこく)風のバッジが。 拡大
グラスルーフにはめ込まれた格子。室内に独特の影を落とす。
グラスルーフにはめ込まれた格子。室内に独特の影を落とす。 拡大

紅旗もハイテク化

ところで中国ショーといえば、忘れてはいけないのが、2014年の北京モーターショーリポートで詳しく紹介した、中国第一汽車が製造する「紅旗」である。
今回ブースの最前線で迎えてくれたのは、2リッター直列4気筒エンジンとモーターを組み合わせたプラグインハイブリッド車(PHV)だった。設定されるのは、紅旗ラインナップにおける普及モデル「H7」である。
H7自体は、合弁会社「一汽トヨタ」のご縁で「トヨタ・クラウンマジェスタ」のプラットフォームを用いているが、プラグインハイブリッドシステムは独自のものとされている。

この「紅旗H7 PHEV」は2012年の北京ショーで参考出品されたのが最初だが、ここにきて中国各都市の環境保護政策が本格化されたのを受けて、いよいよメーカーが本腰を入れ始めたというのが事実だろう。また昨年あたりから「BLUE WAY」というサブネームがつけられた。

さらにH7には、同じく2リッター直列4気筒エンジンと組み合わせた四駆仕様も展示されていた。またブースの一角には、2013年のフランクフルトショーでメルセデス・ベンツが設置していたのに似た実車シミュレーターを用いて、紅旗流インテリジェントドライブのデモンストレーションを行っていた。中国を代表する伝統的高級車もハイテク化が進んでいる。

「紅旗H7 PHEV」。スペック上の最長航続距離は700km。
「紅旗H7 PHEV」。スペック上の最長航続距離は700km。 拡大
「EVモードでの航続距離は30km、最高速は100km/h」を解説するCG映像。なぜか天安門広場の前に高速道路が。
「EVモードでの航続距離は30km、最高速は100km/h」を解説するCG映像。なぜか天安門広場の前に高速道路が。 拡大

ロールス・ロイス&ベントレーよりも一足先に?

しかしながら今回、紅旗における最大の話題は、ずばりSUV仕様であろう。
過去を振り返れば、実は2008年の北京ショーでプロトタイプを展示している。だが、今回「LS5」と名付けられた展示車は、より伝統的な紅旗のデザインを取り入れて、重みのあるムードに仕上がっている。一部中国メディアの報道によると、ホイールベースは3mに達し、搭載される4リッターエンジンは、最高出力280kW(380ps)を発生する。

前回の北京でもそうだったが、プレスデイといえど、会場で壇上の展示車に近づけるのは1回に1人のみだ。アップルウオッチ並みである。そのグリルは遠目に往年の日産製パイクカー「ラシーン」をほうふつとさせるが、よく見ると、細かい彫りが施されている。同様のパターンは、アルミホイールにも反復されている。芸が細かい。

この紅旗LS5、かねて話題のベントレーやロールス・ロイスによるSUV計画が、中国第一汽車の開発陣を刺激したことは間違いなかろう。時折、シボレー製SUV「サバーバン」を公用車として用いるオバマ米大統領のごとく、習近平国家主席がこの最高級SUVで現れる日が近いのではないか。それもベントレーやロールス・ロイスのSUVよりも早かったら面白いのに……と今からひそかに期待を抱いている紅旗ファンのボクである。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

紅旗製SUV「LS5」。写真に収めてしまうと「日産ラシーン」風だが、実物はかなり威圧感がある。
紅旗製SUV「LS5」。写真に収めてしまうと「日産ラシーン」風だが、実物はかなり威圧感がある。 拡大
「LS5」のリアエンド。レンジローバーの面影がよぎるものの、テールレンズのディテールは、それなりにオリジナリティーが感じられる。
「LS5」のリアエンド。レンジローバーの面影がよぎるものの、テールレンズのディテールは、それなりにオリジナリティーが感じられる。 拡大
グリルも、よく見ると芸が細かい。
グリルも、よく見ると芸が細かい。 拡大
ホイールの意匠。ちなみにタイヤは275/55R20を履いていた。
ホイールの意匠。ちなみにタイヤは275/55R20を履いていた。 拡大
「LS5」も近日、中国首脳の公用車となるか?
「LS5」も近日、中国首脳の公用車となるか? 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。