クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第99回:運転好きのおちゃめなロボットは、敵か、味方か?
『チャッピー』

2015.05.21 読んでますカー、観てますカー

人工知能が人類を絶滅させる?

昨年、ホーキング博士が人工知能について警告を発し、世界に衝撃を与えた。完全な人工知能の開発は、人類の終わりを意味するかもしれないと話したのだ。人工知能は加速度的に自分を再設計していくので、ゆっくりとしか進化できない人間には勝ち目がないという。同時期に、テスラモーターズのイーロン・マスクも恐ろしい未来予測をしている。人工知能の発展が引き起こす深刻な危機は、これから5年以内にやってくると警鐘を鳴らした。

チェスの世界では1996年にIBMのディープ・ブルーが世界チャンピオンのカスパロフに最初の勝利を挙げており、21世紀に入ってからは人間がコンピューターに勝つのは困難になっている。将棋でも電王戦でプロ棋士が厳しい戦いを強いられるようになった。コンピューターの性能がさらに向上して人間と同様の思考回路を手に入れれば、自らの意志を持って人類の前に立ちはだかるかもしれない。

このテーマは映画でも繰り返し取り上げられている。1968年の『2001年宇宙の旅』では、宇宙船ディスカバリー号をコントロールしているHAL9000が反乱を起こし、乗組員を殺害した。物語の設定は現在から14年前だが、幸いなことにそんな事件は発生していない。1984年の『ターミネーター』は、戦略防衛コンピューターシステムのスカイネットが機械軍で攻撃し、人類は絶滅の危機にさらされる。舞台は2029年で、ホーキング博士の言葉が正しければ、あと14年でわれわれは人工知能と戦闘状態に入るのだ。

『チャッピー』も、人工知能を扱った作品である。2016年、南アフリカでは治安の悪化に対処するためロボット警官を採用し、犯罪を減らすことに成功していた。

(C)Chappie - Photos By STEPHANIE BLOMKAMP
(C)Chappie - Photos By STEPHANIE BLOMKAMP 拡大

第99回:運転好きのおちゃめなロボットは、敵か、味方か?『チャッピー』の画像 拡大

第99回:運転好きのおちゃめなロボットは、敵か、味方か?『チャッピー』の画像 拡大

「GT-R」で究極の自動運転

高性能な人間型ロボットを開発したのは、兵器企業テトラバールの技術者ディオンだ。演じているのは『スラムドッグ$ミリオネア』で主演したデーヴ・パテール。最先端技術を手がけているのがインド人というのは、いかにもリアリティーがある。彼は自分のロボットに人間的な感性を与えたいと思い、ひそかに人工知能を組み込んだ。芸術を理解するロボットに育てようと考えていたのだが、完成直後にストリートギャングにさらわれてしまう。

実名でチンピラカップルを演じているのが、ラッパーのニンジャとヨーランディだ。母性に目覚めたヨーランディは、ロボットをチャッピーと名づけてかわいがる。ニンジャも「初のギャングスタロボに育てるぜ!」と大喜びだ。高い潜在能力を持つものの、何も知らない赤ん坊同然のチャッピーは、またたく間にワルの言葉遣いとしぐさを身につける。

チャッピーに与えられた最初の仕事は、クルマの強奪だ。お父さん=ニンジャのクルマが盗まれたと教えられ、取り返しに行く。初めての親孝行だから、チャッピーは大張り切りだ。首尾よくワルモノをクルマから追い出し、自分で運転する。これぞ究極の自動運転だ。クルマに機能を盛りこまなくたっていい。人工知能ロボットに運転させれば、どんなクルマだって自動運転車になる。

チャッピーがうれしそうにドライブするのは、ガンメタの「日産GT-R」だ。このクルマが選ばれた理由ははっきりしている。監督の好みだ。筋金入りの自動車マニアなのである。

(C)Chappie - Photos By STEPHANIE BLOMKAMP
(C)Chappie - Photos By STEPHANIE BLOMKAMP 拡大
「日産GT-R」
“箱スカ”の時代から日産を代表するスポーツモデルが「スカイラインGT-R」。2002年にR34が生産終了し、実質的な後継車として2007年に登場したのが「日産GT-R」(R35)である。強力なV6ツインターボエンジンを搭載し、高度な電子制御の4WDシステムで高い駆動力を確保している。
「日産GT-R」
    “箱スカ”の時代から日産を代表するスポーツモデルが「スカイラインGT-R」。2002年にR34が生産終了し、実質的な後継車として2007年に登場したのが「日産GT-R」(R35)である。強力なV6ツインターボエンジンを搭載し、高度な電子制御の4WDシステムで高い駆動力を確保している。 拡大

ニンジャ私物の「WRX」

ニール・ブロムカンプは、1979年にヨハネスブルグで生まれた若い監督である。2009年に公開されたSF映画『第9地区』は、低予算ながら世界中で大ヒットした。アパルトヘイトを背景としたリアルなストーリー展開と、“エビ型宇宙人”の斬新な造形が高く評価されたのだ。一躍トップランナーとなった彼は、2013年にハリウッドでマット・デイモン主演の『エリジウム』を撮影する。これも興行収入が3億ドルというヒット作になり、再び南アフリカの現実を背景に新しい物語に取り組んだのが『チャッピー』である。

彼自身は18歳の時にカナダに移住しているが、『第9地区』で主演した同郷のシャールト・コプリーとはずっと一緒に仕事をしている。コプリーは今回の作品では顔を見せないが、チャッピーの動きは彼が演じている。モーションキャプチャーを使ってCG合成したのがチャッピーなのだ。

高校時代からブロムカンプは映画に熱中していたが、大好きなものがもうひとつあった。クルマである。言葉を覚えたての頃からクルマの名前を知っていたほどで、17歳の時に両親に買ってもらった10年落ちの「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」が最初の愛車だ。その後「BMW M3」「シボレー・コルベットZR1」と乗り継いだというから趣味がよくわかる。

現在の所有車の中で一番のお気に入りがGT-Rだという。ほかに「ハマーH1」を持っていて、日本車ももう1台ある。「スバルWRX」だ。『チャッピー』の中でも、ニンジャがマットブラックに塗られた先代WRXに乗っている。これも監督の趣味かと思ったら、ニンジャの私物なのだそうだ。彼も「インプレッサ」好きで知られているらしく、南アフリカではスバルが人気なようである。

(C)Chappie - Photos By STEPHANIE BLOMKAMP
(C)Chappie - Photos By STEPHANIE BLOMKAMP 拡大

第99回:運転好きのおちゃめなロボットは、敵か、味方か?『チャッピー』の画像 拡大

第99回:運転好きのおちゃめなロボットは、敵か、味方か?『チャッピー』の画像 拡大

第99回:運転好きのおちゃめなロボットは、敵か、味方か?『チャッピー』の画像 拡大

日本車と日本のアニメが好きな監督

ブロムカンプ監督のGT-R愛はすさまじく、現在持っているモデルは3台目なのだという。GT-Rはガンメタでなければいけないというのが彼の信念だ。今回登場するのももちろんガンメタで、『エリジウム』でも大幅に改造されたガンメタ装甲GT-Rが使われていた。彼は次にR34を手に入れたいと言っていて、どんどんマニアックな方向に進んでいきそうだ。最近まで「ホンダNSX」と「レクサスLFA」も所有していたというから、日本車が好きなのは間違いない。

クルマが好きということは、メカ好きということだ。ブロムカンプ監督が作り出したロボットの造形は、10年以上かけてねりこんでいる。VFXの仕事をしていた2003年に多くのロボットをデザインしたことがあり、チャッピーはそれが原型となっているという。彼は日本のアニメから大きな影響を受けたと言っていて、それは今回の作品でもさまざまな部分に表れていた。

メカが好きだとはいっても、ロボットを全肯定することはできない。機械そのものは中立的な存在で、悪い人間が作れば邪悪なロボットができあがる。ヒュー・ジャックマンが演じるヴィンセントはどす黒い心を持っており、彼が作り出す機械は殺人マシンとして現れるのだ。

人工知能には無限の可能性がある。学習して成長し、新たな価値を獲得する。人間と同じで、しかも圧倒的に高性能だ。使いようによっては人類の役に立つが、それを搭載するということは、コントロールが不可能になるということでもある。ブロムカンプは、バラ色の未来を見せることはしない。彼にとっては、GT-Rこそが確実に人を幸せにする機械の限界点なのかもしれない。

(文=鈴木真人)

(C)Chappie - Photos By STEPHANIE BLOMKAMP
(C)Chappie - Photos By STEPHANIE BLOMKAMP 拡大

第99回:運転好きのおちゃめなロボットは、敵か、味方か?『チャッピー』の画像 拡大
『チャッピー』
2015年5月23日(土)より丸の内ピカデリー他全国ロードショー
『チャッピー』
    2015年5月23日(土)より丸の内ピカデリー他全国ロードショー
    拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。