クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第300回:自動運転もすぐそこに!?
日産予防安全技術取材会の会場から

2015.06.22 エディターから一言
予防安全技術取材会は、日産追浜工場内のテストコース「GRANDRIVE」で開催された。
予防安全技術取材会は、日産追浜工場内のテストコース「GRANDRIVE」で開催された。 拡大

日産自動車が開催した、メディア向けの予防安全技術取材会に参加した。「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」をはじめとする、日産の予防安全技術への取り組みをリポートする。

今では当たり前の装備となった自動ブレーキ。
今では当たり前の装備となった自動ブレーキ。 拡大
「エクストレイル」のエマージェンシーブレーキシステムには、センサーとしてカメラが用いられている。
「エクストレイル」のエマージェンシーブレーキシステムには、センサーとしてカメラが用いられている。 拡大
いくら相手がダミー人形だとはいえ、ノーブレーキで突っ込むのは緊張する。
いくら相手がダミー人形だとはいえ、ノーブレーキで突っ込むのは緊張する。 拡大

自動ブレーキからまだ6年

日産自動車は、2015年度中に商用車を含めたほぼ全てのカテゴリーで、エマージェンシーブレーキを搭載すると発表している。
“ほぼ全て”がどういう意味なのか気になるが、「GT-R」や「フェアレディZ」といったスポーティーモデルを除いた“ほぼ全て”のカテゴリーという意味だとのこと。
運転する喜びを重視するクルマには、エマージェンシーブレーキを搭載しないと日産は判断したのだろう。これについてはいろいろな意見があるだろうが、現時点ではそういうことのようだ。

それにしても、ここ数年で衝突被害軽減ブレーキ搭載車の数は、驚くほどのスピードで拡大している。
今や軽自動車でも当たり前の装備だが、自動停止ブレーキを搭載したクルマが走り始めたのは、ごく最近のことだ。
『webCG』の過去記事を調べると、2009年3月に掲載された、「ボルボXC60」に搭載される予定の「シティセーフティ」を紹介する記事(該当記事はこちら)で、以下のように記されている。

「日本仕様はまだ明かされていないが、いずれにせよ『XC60』にはすべてのグレードにこのシステムが標準装備されており、日本でも当然採用される。
ただし現在のところ、『シティセーフティ』に対する国土交通省の認可が下りていない。仮に認可が下りないとすると、装置は付いていながらも作動をオフにして販売されるという、非常にもったいない事態になってしまう。」

結果的に「シティセーフティ」は採用されることとなり、日本における自動ブレーキの夜明けとなったわけだが、それからまだ6年ほどしかたっていない。

「モノラルカメラのみ」の技術力

日産が採用する自動ブレーキシステムには、大きく分けて3種類ある。
衝突の事前予測、つまり前方の状況を認識するのに使用される「目」に、ミリ波レーダーを用いるものと、カメラを用いるものと、赤外線レーザーを用いるものだ。

ミリ波レーダーを使う「フーガ」「スカイライン」の衝突回避性能は、約5km/h以上で前方の車両に作動し、停止している車両に対しては、約70km/h以上では作動せず、約60km/h以下で衝突回避の能力がある。

カメラを使う「ノート」「セレナ」などでは、約10~80km/hの範囲で作動し、停止している車両、または歩行者に対しては、約60km/h以上では作動せず、約30km/h以下で衝突回避の能力がある。

赤外線レーザーを使う「デイズ」などでは、約5~30km/hの範囲で前方の車両に作動し、約15km/h以下で衝突回避の能力がある。また、原則として歩行者や二輪車は検知しない。

このように、装置の性能は、どれだけコストがかけられるかによって差が出るのだが、日産は、他メーカーがステレオカメラや、モノラルカメラと赤外線レーザー併用型のシステムを採用する中で、モノラルカメラのみのセンサーを用いている。
もちろんその狙いはコストダウンなのだが、ソフトウエアの改良によって性能を担保している。

モノラルカメラでの障害物との距離計測は、その物体がどれくらいのスピードで近づいているのかを、カメラが捉える物体の大きさの変化と自車の速度を計算して算出している。その処理速度を上げることで、衝突回避の能力を上げているそうだ。
担当者の話によると、日本の交通事情、つまり走行速度であれば、将来的にはモノラルカメラで十分対応可能になるのではないかとのことだ。

こちらは「フーガ」のカメラ。
こちらは「フーガ」のカメラ。 拡大
駐車場などで、アクセルとブレーキの踏み間違いを予防する、「踏み間違い衝突防止アシスト」も体験。
駐車場などで、アクセルとブレーキの踏み間違いを予防する、「踏み間違い衝突防止アシスト」も体験。 拡大
あえて壁にしっかりと寄せて駐車したい場合などは、システムを解除する事ができるが、エンジンを再スタートさせるとシステムが再びオンの状態になるので安心だ。
あえて壁にしっかりと寄せて駐車したい場合などは、システムを解除する事ができるが、エンジンを再スタートさせるとシステムが再びオンの状態になるので安心だ。 拡大
「踏み間違い衝突防止アシスト」は、以前からの技術である、バンパーに設置されるソナーをセンサーに用いている。そのため、搭載コストは最小限に抑えられるとのこと。
「踏み間違い衝突防止アシスト」は、以前からの技術である、バンパーに設置されるソナーをセンサーに用いている。そのため、搭載コストは最小限に抑えられるとのこと。 拡大

自動運転はすぐそこに

ミリ波レーダーを使うフーガとスカイラインでは、「プレディクティブフォワードコリジョンワーニング(PFCW=前方衝突予測警報)」を搭載している。
世界初となるこの技術は、「2台前を走るクルマの状態を検知してドライバーに知らせる」というもの。
先行車のもう1台先のクルマの状況を、先行車の車体と路面の間を通して伝わるレーダーで検知し、2台先のクルマが急停止した場合になどに、表示と音、シートベルトの巻き上げによってドライバーに警告するというものだ。玉突き事故の防止に大きな効果があるだろう。

筆者も助手席で体験したが、残念ながら100%検知というわけにはいかなかった。実験のうち何度かは2台先のクルマを検知できずに、PFCWではなく、エマージェンシーブレーキが先に作動するということがあった。
もちろん完璧に作動することが理想だけれども、人間の目が届かないところに目を配る技術なのだから、100%の実力がなくても、十分効果的だろう。今後はより精度が上がり、痛ましい事故を減らすことに貢献することを期待したい。

日産は、自動ブレーキの導入のほか、2016年末までには、高速道路上での自動運転を可能にする「トラフィック・ジャム・パイロット」を、2018年には、危険回避や車線変更を自動的に行う、複数レーンでの自動運転技術を、さらには2020年までに、ドライバーの操作なしに交差点を自動的に横断できる、交差点での自動運転技術を導入する予定だと発表している。
2020年の東京オリンピック開催までに、自動運転のロボットタクシーを走らせたいという企業が設立され話題にもなった。
インターネットの動画サイトで公開されている、自動ブレーキの作動で事故を回避した様子を捉えた、ドライブレコーダーの映像を見ると、人間よりもコンピューターの方が危機回避能力が高いということがよく分かる。
まだまだ100%の技術ではないが、本当にすぐそこまで、自動運転の時代がやってきているのは間違いないのだろう。

(文=工藤考浩/写真=峰 昌宏)

ミリ波レーダーは、バンパー下部に設置される。
ミリ波レーダーは、バンパー下部に設置される。 拡大
「PFCW」は先行車がSUVなどで、2台先のクルマが目視できない場合に真価を発揮する。
「PFCW」は先行車がSUVなどで、2台先のクルマが目視できない場合に真価を発揮する。 拡大
2台先のクルマが急停止し、先行車がハンドル操作でかわした場合、目の前に突然停止車両が現れることになるが、「PFCW」は事前に警報し、ドライバーに注意を促す。
2台先のクルマが急停止し、先行車がハンドル操作でかわした場合、目の前に突然停止車両が現れることになるが、「PFCW」は事前に警報し、ドライバーに注意を促す。
    拡大
60km/hからのエマージェンシーブレーキ作動は、なかなかの迫力だった。
60km/hからのエマージェンシーブレーキ作動は、なかなかの迫力だった。
    拡大

第300回:自動運転もすぐそこに!?日産予防安全技術取材会の会場からの画像 拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

日産 の中古車
関連キーワード
日産
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。