クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第405回:「トリノ・グランプリ」が復活!? これがクルマの街のお祭りだ

2015.07.03 マッキナ あらモーダ!

フィアット・クライスラーはアップル?

フィアット クライスラー オートモービルズ(FCA)が2014年、登記上の本社をオランダ・アムステルダムに、税務上の本社を英国ロンドンにそれぞれ移転したことは、イタリア産業界に少なからず衝撃をもたらした。
ちなみに、1920年代末から長年にわたり旧フィアットの本社として機能してきたトリノ・リンゴットの歴史的な本社屋は、現在、フィアット創業家であるアニエッリ家のホールディングカンパニーが使用している。
イタリア税務局のロゼッラ・オルランディ長官は、「極めて残念」とし、ドイツ系自動車メーカーの名前を挙げて、「彼らがドイツを離れることが考えられるだろうか」とコメントした。

しかし、筆者にいわせれば、FCAの決断は、理にかなったものだ。
大西洋をまたぐ、それも成熟産業が、熾烈(しれつ)な戦いで生き残るために、経営コストが低い国を選ぶのは当然であろう。大切なのはアウトプットする商品の魅力である。幸いにして、フィアットによるクライスラーの吸収後に登場したモデルは、以前に企画されたモデルよりも各車のキャラクターを強めている。
クライスラー系ブランドはより米国人ユーザーのマインドに近くなり、フィアット系は先日公開された「アルファ・ロメオ・ジュリア」を見ればわかるように、外国人が求めるイタリア車らしさを強めている。次は「マツダ・ロードスター」をベースとした「フィアット124スパイダー」も控えている。

シナジー効果もある。初のイタリア生産ジープである「レネゲード」は好調な滑り出しで、1~4月の欧州販売で1万7131台(JATO調べ)を記録。ジープブランドのトップに躍り出ている。背景には欧州市場を考えたサイズと、実はジープ好きが多いヨーロッパ人の嗜好(しこう)をくんだことが功を奏したのは明らかだ。

本社をどこに置こうと、生産拠点がどこであろうと、的確な商品企画と高度な品質管理があれば、どこでも人気製品が作れる時代が到来した。まさにアップルの自動車版をFCAは実践しようとしている。

トリノのリンゴット街区にあるフィアットの歴史的な本社屋。現在は、創業家であるアニエッリ一族の持ち株会社が使用している。
トリノのリンゴット街区にあるフィアットの歴史的な本社屋。現在は、創業家であるアニエッリ一族の持ち株会社が使用している。 拡大
ポー河畔・ヴァレンティーノ公園で開催されたイベント「パルコ・ヴァレンティーノ&グラン・プレミオ」でのワンカット。
ポー河畔・ヴァレンティーノ公園で開催されたイベント「パルコ・ヴァレンティーノ&グラン・プレミオ」でのワンカット。 拡大
トリノデザイン社が会場で世界初公開した「ATSワイルドトゥエルヴ コンセプト」。全長×全幅×全高は4.4×2.2×1.2mで、12気筒800psエンジンの搭載を想定したスーパースポーツである。
トリノデザイン社が会場で世界初公開した「ATSワイルドトゥエルヴ コンセプト」。全長×全幅×全高は4.4×2.2×1.2mで、12気筒800psエンジンの搭載を想定したスーパースポーツである。 拡大
車両展示に沿うかたちで、食べ物屋台も充実。これはシチリアから来た、ゆでた「ひ臓」のパニーノ屋さん。豪快な塩の振り方を見よ。
車両展示に沿うかたちで、食べ物屋台も充実。これはシチリアから来た、ゆでた「ひ臓」のパニーノ屋さん。豪快な塩の振り方を見よ。 拡大
ヴァレンティーノ公園は、かつてグランプリレースが行われた場所でもある。これは、最終開催年である1955年の優勝者アルベルト・アスカーリのスターティンググリッド。
ヴァレンティーノ公園は、かつてグランプリレースが行われた場所でもある。これは、最終開催年である1955年の優勝者アルベルト・アスカーリのスターティンググリッド。 拡大
6月14日に開催された走行会「グラン・プレミオ」で。サンカルロ広場に真っ先にやって来たのは1954年「ランチア・マリーノ」。ギャラリーの歓喜にコクピットから応えるのは、車両設計者マリーノ・ブランドーリの子息ジジ。
6月14日に開催された走行会「グラン・プレミオ」で。サンカルロ広場に真っ先にやって来たのは1954年「ランチア・マリーノ」。ギャラリーの歓喜にコクピットから応えるのは、車両設計者マリーノ・ブランドーリの子息ジジ。 拡大

自動車の街の威信

トリノの街に話を戻せば、フィアットの工場の国外移転で一時落ち込んだ自動車関連産業も、フィアット依存型から脱することで、新たな活路を見いだしつつある。例えばカロッツェリアは、インドや中国の自動車メーカーのR&D拠点の一翼を担うことで、活況を呈しているところがいくつもみられる。

そのトリノで、2015年6月11日から14日までの間、「パルコ・ヴァレンティーノ&グラン・プレミオ」と題した街おこしイベントが開催された。市内のヴァレンティーノ公園を舞台に、国内外の35ブランドの車両を屋外展示し、周辺にはさまざまな食べ物屋台が配置された。入場は無料。と、ここまでだと、街の産業展の類いの拡大版だが、欧州屈指のクルマの街という威信をかけて、企画はそれだけにとどまらなかった。

10の地元カロッツェリアやデザインスクールも参加し、会場内に近作を展示した。中でもベルトーネ出身のロベルト・ピアッティ率いるトリノデザイン社は、新しいコンセプトカーを会場で初公開した。3日目の6月13日には、85周年を迎えたピニンファリーナの車両約50台によるコンクールデレガンスも催された。

そして最終日には、走行会「グランプレミオ」(イタリア語で「グランプリ」)が行われた。これは、1935年から1955年までの間、今日のF1の前身であるフォーミュラAが、今回の会場であるヴァレンティーノ公園で開催されていたことを記念したものである。

往年のグランプリ参加車や会を盛り上げるために集まったクラブや企業のクルマたちは、朝10時に公園を出発。トリノ旧市街を経て、郊外のレッジア・ディ・ヴェナリア庭園まで、約15kmの歴史絵巻を繰り広げた。
一般車両の通行を制限し、往年のグランプリカーやコンセプトカーなど、ナンバープレートがない車両も存分に公道走行させたところに、イベントにかけた自治体の意気込みが感じられた。

トリノの王宮前を疾走する「ランチア・フルヴィア スポルト」。
トリノの王宮前を疾走する「ランチア・フルヴィア スポルト」。 拡大
ラリードライバー、マウリツィオ・ヴェリーニが操縦した「フィアット・アバルト124」。
ラリードライバー、マウリツィオ・ヴェリーニが操縦した「フィアット・アバルト124」。 拡大
「フィアット131アバルトラリー」の軍団。
「フィアット131アバルトラリー」の軍団。 拡大
1970年代初頭にバレストリエリ-マイガ組が駆った「ランチア・フルヴィアクーペHF」。
1970年代初頭にバレストリエリ-マイガ組が駆った「ランチア・フルヴィアクーペHF」。 拡大
カロッツェリア「ストーラ」が「フィアット・パンダ」をベースに1992年制作した「デストリエロ」。
カロッツェリア「ストーラ」が「フィアット・パンダ」をベースに1992年制作した「デストリエロ」。 拡大
アリタリアカラーの「ランチア・ストラトス」は、ランチア・ヒストリカルコレクションが所有。
アリタリアカラーの「ランチア・ストラトス」は、ランチア・ヒストリカルコレクションが所有。 拡大

「なんとかなる」パワー

ここからは蛇足だが、走行会は予定していコースから、時を追うごとに二転三転した。偶然会った知り合いのトリノ人フォトグラファーも憔悴(しょうすい)して走り回っていたところからして、ボクの語学力や情報収集能力の問題ではなかった。
やがて、側道で交通整理していたボランティアのおじさんたちもトランシーバー片手に確認に奔走する始末だった。その間には、路線バスや市電がコースに入り込んできてしまう。そのなかで奮闘撮影したのが、今回ご覧いただく写真である。

それでもスタッフの努力が実ったようで、クロージングリポートによれば催しは約30万人の入場者でにぎわい、早くも2016年の第2回も決定した。
9年前の2006年冬季五輪のときもそうだったが、混沌(こんとん)の末に最終的には何とかなってしまうパワーと運を、この自動車の街は秘めているようだ。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

10年ほど前まで街角で目撃する機会があった「フィアット128」も、気がつけばヒストリックカー。こうした大衆モデルは、独特のほのぼのムードを醸し出す。
10年ほど前まで街角で目撃する機会があった「フィアット128」も、気がつけばヒストリックカー。こうした大衆モデルは、独特のほのぼのムードを醸し出す。 拡大
第2次大戦後、アルファ・ロメオが超高級車から一般車に路線転換するきっかけとなった「1900」。美しいツートンカラーが衆目を集めていた。
第2次大戦後、アルファ・ロメオが超高級車から一般車に路線転換するきっかけとなった「1900」。美しいツートンカラーが衆目を集めていた。 拡大
カロッツェリア・ギアのチーフデザイナーを務めていたころのジウジアーロがデザインした2代目「マセラティ・ギブリ」。
カロッツェリア・ギアのチーフデザイナーを務めていたころのジウジアーロがデザインした2代目「マセラティ・ギブリ」。 拡大
「アルファ・ロメオ・モントリオール」。モントリオールの代表的なカタログカラーのオレンジをまとう。デザインはベルトーネ。
「アルファ・ロメオ・モントリオール」。モントリオールの代表的なカタログカラーのオレンジをまとう。デザインはベルトーネ。 拡大
これは珍品。イソ・リヴォルタが1968年から74年にかけて192台を生産したベルリーナ「フィディア」。デザインはギアによるもの。
これは珍品。イソ・リヴォルタが1968年から74年にかけて192台を生産したベルリーナ「フィディア」。デザインはギアによるもの。 拡大
トリノはFCAゆかりの地のひとつであるだけに、ジープの部も設けられた。イタリアでは、同車はかつての国土解放の象徴として人気が高い。
トリノはFCAゆかりの地のひとつであるだけに、ジープの部も設けられた。イタリアでは、同車はかつての国土解放の象徴として人気が高い。 拡大
イタルデザイン・ジウジアーロのコンセプトカーもコースをたどった。2012年の「ブリヴィド」(写真奥)が2013年の「パルクール」を追う。
イタルデザイン・ジウジアーロのコンセプトカーもコースをたどった。2012年の「ブリヴィド」(写真奥)が2013年の「パルクール」を追う。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。

webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。