第22回:これぞ世界に通用する最先端レトロデザインだ!
「スズキ・アルトラパン」に見る日本デザイン辺境進化論(笑)

2015.07.05 小沢コージの勢いまかせ!! リターンズ

日本発のレトロデザインがまたまた進化?

「日本人には欧米人にはない未完成のモノを愛(め)でる感性があるんです。日光東照宮の“逆柱(さかばしら)”なんかそのいい例でしょう」

不躾オザワ、やっと合点がいった気がしましたぜ。そう、今まで漠然と感じていた日本人のデザイン観に対する疑問にだ。というのも、先日久々に出たキュート系の軽こと3代目「スズキ・アルトラパン」(以下、ラパン)。最初、ふとそのデザインに微妙に引っかかったわけですよ。今までにない独特のユルさに。
思い返せば2002年デビューの初代ラパンは、1990年前後に日本で生まれたいわゆる「レトロデザイン」の馴れの果てで、それがウケて女性を中心に爆発的に支持された。今もラパンのオーナーの約9割は女性だそうで、これはこれで大変オモシロすごいことだと思う。

そもそも“レトロデザイン”というのは、源流をたどると古くは1987年登場の「日産Be-1」に端を発しており、角の取れたユルい古典的フォルムなど、あえて現代に蘇らせた60年代風テイストが支持された。
そして今回の3代目ラパンだが、相変わらずユルいことはユルいし、かわいいことはかわいい。だけど、オザワの目にはなんか違う、正直少し足りないんだよなぁ……と思っていたら、チーフデザイナーの松島久記さんがこっそり耳打ちしてくれたのだ。「今回はいつもと違うアプローチをしているんですよ」と。

2015年6月に登場した3代目「スズキ・アルトラパン」。初代や2代目とは一線を画す、丸みを帯びたデザインが目を引く。
2015年6月に登場した3代目「スズキ・アルトラパン」。初代や2代目とは一線を画す、丸みを帯びたデザインが目を引く。
    拡大
レトロデザインの先駆者といえば日産の「Be-1」。初代「マーチ」をベースに樹脂製の専用ボディーを架装したもので、文具やウエアなどのキャラクターグッズも販売された。
レトロデザインの先駆者といえば日産の「Be-1」。初代「マーチ」をベースに樹脂製の専用ボディーを架装したもので、文具やウエアなどのキャラクターグッズも販売された。
    拡大
3代目「アルトラパン」の試乗会にて、後席の居住性をチェックする不躾オザワ。
3代目「アルトラパン」の試乗会にて、後席の居住性をチェックする不躾オザワ。
    拡大
小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 特別なデザインの「スズキ・アルトラパン」発売 2016.12.8 自動車ニュース スズキが軽乗用車「アルトラパン」の特別仕様車「Fリミテッド」を発売。内外装の専用コーディネートが特徴で、メッキグリルやブラウン基調のシート表皮、パール調塗装のインパネガーニッシュなどが採用されている。
  • スズキ・アルトラパンX(FF/CVT)【レビュー】 2015.7.3 試乗記 新世代プラットフォームの導入を機に、燃費だけでなく走りの質でも注目を集めるようになったスズキの軽自動車シリーズ。そのトレンドは女性をターゲットユーザーとした「アルトラパン」にも当てはまるのか? その走りの実力を試した。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • 「スズキ・アルトラパン」にシックな仕立ての特別仕様車 2018.12.6 自動車ニュース スズキの軽乗用車「アルトラパン」に、特別仕様車「MODE(モード)」が登場。カタログモデルとは趣を異にする、落ち着きのある上質なイメージが特徴で、メッキのフロントグリルや木目調のインテリアオーナメント、ネイビーのシート表皮などが用いられている。
  • スズキが「アルト ラパン」「ソリオ」「イグニス」に充実装備の特別仕様車 2017.12.7 自動車ニュース スズキが「アルト ラパン」「ソリオ」「イグニス」に、充実した装備や特別な内外装が特徴の「Sセレクション」を設定。いずれのモデルも、「レーダーブレーキサポート」や誤発進抑制機能が搭載されるなど、運転支援システムの強化が図られている。
ホームへ戻る