第301回:アルファ・ロメオ復興なるか!?
~新生「ジュリア」発表会の会場から(前編)

2015.07.06 エディターから一言

2015年6月、510hpを発生するアルファ・ロメオの高性能セダン「ジュリア」が、イタリア国内で披露された。メーカー首脳陣の気合と期待に満ちあふれた発表会の様子や、現地で得られた同モデルの関連情報を、前後編2回に分けて報告する。

ミラノの街中に掲げられた、新生「アルファ・ロメオ・ジュリア」の看板(写真左上)。
ミラノの街中に掲げられた、新生「アルファ・ロメオ・ジュリア」の看板(写真左上)。
    拡大
ムゼオ・ストリコ・アルファ・ロメオのファザード。真っ赤な色使いが目に鮮やか。
ムゼオ・ストリコ・アルファ・ロメオのファザード。真っ赤な色使いが目に鮮やか。
    拡大
発表会場の様子。記念すべき瞬間に立ち会うべく、さまざまな国からジャーナリストやメーカー関係者が集まった。
発表会場の様子。記念すべき瞬間に立ち会うべく、さまざまな国からジャーナリストやメーカー関係者が集まった。
    拡大

気持ち高ぶる発表会

「新型車発表。2015年6月24日、アレーゼに参集せよ」

アルファ・ロメオから久しぶりに届いた、バロッコとは異なる“もうひとつの聖地”への招集状である。ジャーナリストとしてはもちろんのこと、ひとりのアルファ・ロメオ好きとしては、なにはさておき、駆けつけねばなるまい。
アメリカのセントルイスからサンタモニカまで、ヒストリックルート66を楽しみながら横断する“ザ・グレートレース”に参戦中であったにも関わらず、ラリーを途中で抜け出して、飛行機を10時間以上乗り継ぎ、ミラノへと降り立った。

ミラノからクルマで移動すること半時間ほど。マルペンサ空港へ向かう途中にアレーゼの街はある。すでに高速道路上から、アルファレッドのユニークな造作が見えてきた。そう、ムゼオ・ストリコ・アルファ・ロメオ(アルファ・ロメオ歴史博物館)だ。2009年に一度閉鎖されたが、今回、新型車のお披露目に合わせてリニューアルオープンする。それもまた、アレーゼ参りの大きな目的となった。

インターを降り、ものの5分でムゼオへ。鮮やかな赤があしらわれたファザードをたどって、レストアされた建物へ。世界中から招かれたジャーナリストの数は、わずか100名。これにフィアット クライスラー オートモービルズ(FCA)関係者の200名を合わせた、総勢300人限りの発表会がいよいよ始まるのだ。アルファ・ロメオの、世界的に愛されている歴代のエンブレムが壁に飾られている。一番右端には白いカバーがかぶせられていた。エンブレムも変わるらしい。

アルファ・ロメオ ジュリア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.1 試乗記 プジョーの新型MPV「リフター」に試乗。ご覧の通り、四角四面の背高なスタイリングは兄弟車たる「シトロエン・ベルランゴ」とほとんど同じ。あえて(ちょっと地味な)プジョー版を選ぶ価値はどこにあるのだろうか。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.6.3 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」に新たに設定された、新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデル。マツダが誇る最新のシャシーとエンジンの組み合わせは、どんな走りを見せるのか? 4WDモデルでその出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る