クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第304回:旅するクルマと旅するお酒
LAND CRUISER BEACH HOUSE in JAPAN

2015.07.23 エディターから一言
ランクルの世界観を伝える海の家「LAND CRUISER BEACH HOUSE in JAPAN」の全景。
ランクルの世界観を伝える海の家「LAND CRUISER BEACH HOUSE in JAPAN」の全景。 拡大

「ランドクルーザー」の世界観を伝える海の家が2015年7月18日から8月30日までの期間限定で、鎌倉・由比ヶ浜海水浴場にオープン。そのオープニングイベントに参加してきた。

2015年7月に発表されたクリーンディーゼル搭載の新型「ランドクルーザー プラド」が常時展示されている。
2015年7月に発表されたクリーンディーゼル搭載の新型「ランドクルーザー プラド」が常時展示されている。 拡大
遊牧民のテントをほうふつさせるレストスペース。期間中は無料で開放される。
遊牧民のテントをほうふつさせるレストスペース。期間中は無料で開放される。 拡大
「ランクル」の魅力や世界観を熱く語る小鑓貞嘉チーフエンジニア。
「ランクル」の魅力や世界観を熱く語る小鑓貞嘉チーフエンジニア。 拡大

五大陸を旅するクルマ、ランドクルーザー

「お客さまの生命と荷物と人類の夢(行きたいところに行って、確実に帰ってくるという移動の自由)を運ぶクルマ」「地球上で最後に残るクルマ」それがランドクルーザーである。2014年にはシリーズ世界累計販売800万台を突破。六十数年の長きにわたり、その変わらぬ開発思想と「信頼性」「耐久性」「悪路走破性」が世界中の人々から熱烈に支持されている。

そして、ランドクルーザーの別名は「旅するクルマ」。ドライバーを旅に誘い、また街中を走っていても、何となく旅する気分が味わえるクルマである。そのあたりの感覚は当サイトに昨年掲載された田村十七男さんのコラムにうまく表現されている。

「この類いのクルマは、例えば都会の走り慣れた道でも旅をしているような気分にさせてくれる。あまりに抽象的な表現だが、一度運転してもらえばわかる。高い視点と広い視野。飛ばす気にならないスペックによるゴロゴロと転がるような乗り味。相当にやぼったいインテリア。そして、実際に行く機会はなくとも荒れた大地があればむしろ飛び込みたくなるヘビーデューティーな4WD機能と、それが醸し出す安心感。あるいは本物と付き合っている充足感。そういう匂い――旅する気分を持つクルマは、今はもうない。」と田村氏は「ランドクルーザー70」を語る。

昨年、ランドクルーザー70の30周年記念モデルを新車で購入した筆者としては、手放しで共感できる、実に愛情あふれる車評である。ちなみにコラム中で紹介されている「プリウスからランドクルーザー70に買い替えた血迷った人物」というのはきっと筆者のことだと思う。正確には「プリウスPHV」からの買い替えなので、もっとクレージーだったのだが……。

トヨタ ランドクルーザー の中古車

大航海時代に船乗りたちが世界中に広めたお酒

そんな筆者だから、すぐにピンときた。「旅するクルマ」ランドクルーザーにぴったりのお酒は「旅するお酒」ラムなのだ。おなじ蒸留酒でもスコッチウイスキーやコニャック(ブランデー)のように洗練されているわけじゃないし、庶民的なワイルドな酒といってもバーボンやテキーラ、ウオツカとも違う。そもそもバーボンはケンタッキー州、テキーラはメキシコのハリスコ州と産地が限定されている。

ラムの定義は「サトウキビを原材料に作られた蒸留酒であること」。だから現在は世界中で作られていて、その種類は4万点以上にものぼる。日本の黒糖焼酎も多少製法が異なるが世界的に見ればラムの一種なのだそうだ。

ラムの原産地はカリブ海の西インド諸島。一般的なラムは砂糖を製造する際の副産物である廃糖蜜(モラセス)を使用して作られる。かのコロンブスが1492年、新大陸発見の後、サトウキビの苗をカリブに持ち込み、栽培に成功。当時高級品だった砂糖で大もうけしたついでに、その廃材料で製造したのがラムの源流らしい。

「ラム酒はカリブ発祥のお酒。大航海時代にカリブ諸国で誕生し、船乗りたちによって世界中に広まっていった“旅する酒”なんです。サトウキビが原料の蒸留酒という以外に、ラムの定義に細かいルールはありません。現在では世界中のあらゆる地域で、さまざまな製法でラムは作られているんです。そういう自由さ、旅感が、ランドクルーザーによく合いますね」とLAND CRUISER BEACH HOUSE in JAPANでランドクルーザーのイメージにあった世界のフードとドリンクを提供している吉祥寺のバー「SCREW DRIVER」のオーナーであり、日本ラム協会代表の海老沢忍さんは語る。

18年間、東京・吉祥寺で営業、都内有数のラムの品ぞろえを誇るBAR「SCREW DRIVER」が期間限定で出店。ランドクルーザーのイメージにあった世界のフードとラム&カクテルを提供している。ちなみに、店名がウオツカベースのカクテルの名前なのは、18年前のオープン当時、ラムはあまりにマイナーな存在だったので、知名度の高いカクテルの名前でとりあえずスタート。そして、そのまま変えるタイミングを逃して今日に至っているとのこと。
18年間、東京・吉祥寺で営業、都内有数のラムの品ぞろえを誇るBAR「SCREW DRIVER」が期間限定で出店。ランドクルーザーのイメージにあった世界のフードとラム&カクテルを提供している。ちなみに、店名がウオツカベースのカクテルの名前なのは、18年前のオープン当時、ラムはあまりにマイナーな存在だったので、知名度の高いカクテルの名前でとりあえずスタート。そして、そのまま変えるタイミングを逃して今日に至っているとのこと。 拡大
吉祥寺の本店ではオーナーがカリブ海を巡り買い付けてきたラムが常時500種類そろっているそうだが、ランドクルーザー海の家では人気のラベルを50種類に厳選。それでもすごい品ぞろえだ。
吉祥寺の本店ではオーナーがカリブ海を巡り買い付けてきたラムが常時500種類そろっているそうだが、ランドクルーザー海の家では人気のラベルを50種類に厳選。それでもすごい品ぞろえだ。 拡大
ラムの代表的なカクテル「モヒート」。このカクテルにもいろいろなスタイルがあるが、写真は最もポピュラーなキューバスタイル。鎌倉の海を眺めながら飲むとサイコーにうまい。
ラムの代表的なカクテル「モヒート」。このカクテルにもいろいろなスタイルがあるが、写真は最もポピュラーなキューバスタイル。鎌倉の海を眺めながら飲むとサイコーにうまい。 拡大

CLEAN ACTIVITY PROJECTもスタート

ランドクルーザーは日本でこそ、セレブ御用達の高級SUVだったり、一部のマニアに支持されるニッチなクルマであったりするが、世界的に見れば、ラムのように自由でポピュラーで、人々の日常の労働や生活に密着した家族の一員のようなクルマである。しかも、走る道や環境に合わせて、さまざまな種類のランドクルーザーが世界中を走っている。重油に限りなく近いドロドロのガソリンをドラム缶から給油して走っているランドクルーザーもいる。こうした点でもラムとの共通点は多い。

こんな抜群の相性の旅するクルマ(ランドクルーザー)と旅するお酒(ラム)の組み合わせが楽しめ、ランドクルーザーの世界観を実感できる海の家「LAND CRUISER BEACH HOUSE in JAPAN」であるが、関係者の話では、その実現にあたってはいろいろ障害も多かったらしい。例えば「クルマメーカーがアルコールを提供するなんて!」という古典的な課題をはじめ、浜辺に44日間も展示しているランドクルーザープラドが盗まれたりしないか? という切実な課題まで、課題山積だった。それをいかにしてクリアしたかここで紹介するのは割愛する。

何はともあれ、こんなすてきな空間を創り出してくれた関係者の涙ぐましい努力に敬意を払いたい。だって、海の家でお酒が飲めないなんて、興ざめもいいところだし……。「LAND CRUISER BEACH HOUSE in JAPAN」のあちこちに貼ってある「飲酒運転禁止」のビラを見ては、ニンマリ笑って、関係者の努力に感謝し、ラムで乾杯! 沈みゆく太陽を浴び、ゆっくりと時間をかけて暮れていく由比ヶ浜の夕暮れタイムを味わい、ランドクルーザーの世界観にどっぷり浸る。そんな夏の一日をぜひ体感いただきたい。

また、「LAND CRUISER BEACH HOUSE in JAPAN」ではクリーンディーゼルエンジン搭載の「ランドクルーザー プラド」の登場を記念して、「CLEAN ACTIVITY PROJECT」も始動。海の家オープン期間中、砂浜に捨てられているペットボトルやご来店いただいたお客さまの使用済みペットボトルを収集し、それを使ってシーカヤック型のオブジェを制作する。完成した作品のお披露目は8月17日のイベントにて。

さらに、このプロジェクトには特設ウェブサイトからも参加可能。参加者には抽選で「海の家限定ランクルオリジナルグッズ」ももらえるとか。ぜひ、こちらもチェックを!

LAND CRUISER BEACH HOUSE in JAPANの概要

所在地:神奈川県鎌倉市由比ヶ浜海岸
アクセス:江ノ電和田塚駅・由比ヶ浜駅・長谷駅から徒歩5分
開催期間:2015年7月18日(土)〜8月30日(日)
営業時間:平日 9:00〜20:30(閉店22:00)
     土日祝 8:00〜20:30(閉店22:00)
主なメニュー:ワンタン600円/ドライフルーツ盛り合わせ600円/サルサチップス500円/モヒートフリー600円/ベトナムカフェ・オ・レ500円など
ウェブサイト:https://toyota.jp/sp/landcruiser/event/beachhouse.html

(文と写真=宮崎秀敏<株式会社ネクスト・ワン>)
 

海の家には、みんなの「ランクル」への熱い思いをつづる寄せ書きコーナーが設置されている。最初は小鑓チーフエンジニアが歴代伝わる開発スローガン「ランクルは地球上最後に残るクルマであると認識して開発に臨むべし!」を力強く記入。
海の家には、みんなの「ランクル」への熱い思いをつづる寄せ書きコーナーが設置されている。最初は小鑓チーフエンジニアが歴代伝わる開発スローガン「ランクルは地球上最後に残るクルマであると認識して開発に臨むべし!」を力強く記入。 拡大
「旅するお酒」ラムについて詳しく話を聞かせてくださったBAR「SCREW DRIVER」のオーナーで、日本ラム協会代表の海老沢忍さん。
「旅するお酒」ラムについて詳しく話を聞かせてくださったBAR「SCREW DRIVER」のオーナーで、日本ラム協会代表の海老沢忍さん。 拡大
人気フードメニューの一つ「ワンタン」600円。
人気フードメニューの一つ「ワンタン」600円。 拡大
「サルサチップス」500円。
「サルサチップス」500円。 拡大
ラムを使ったさまざまなカクテルが楽しめる。写真はノンアルコールのカクテル。
ラムを使ったさまざまなカクテルが楽しめる。写真はノンアルコールのカクテル。 拡大
ランクルビーチハウスのロゴ入りオリジナルグッズ「エコバック」1500円。そのほか、「ロゴ入りのTシャツ」2500円、「ステッカー」300円などを販売している。
ランクルビーチハウスのロゴ入りオリジナルグッズ「エコバック」1500円。そのほか、「ロゴ入りのTシャツ」2500円、「ステッカー」300円などを販売している。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ ランドクルーザー の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。