アウディがA6シリーズをマイナーチェンジ

2015.07.30 自動車ニュース
「アウディA6 3.0 TFSIクワトロ」
「アウディA6 3.0 TFSIクワトロ」 拡大

アウディが「A6」シリーズをマイナーチェンジ

アウディ ジャパンは2015年7月30日、「A6」「A6アバント」「A6オールロードクワトロ」「S6」「S6アバント」「RS 6アバント」にマイナーチェンジを実施し、同日販売を開始した。

「A6 1.8 TFSI」
「A6 1.8 TFSI」 拡大
「A6アバント 2.0 TFSIクワトロ」
「A6アバント 2.0 TFSIクワトロ」 拡大
「A6アバント 2.0 TFSIクワトロ」の2リッター直4直噴ターボエンジン。
「A6アバント 2.0 TFSIクワトロ」の2リッター直4直噴ターボエンジン。 拡大
「マトリクスLEDヘッドライト」
「マトリクスLEDヘッドライト」 拡大
「A6オールロードクワトロ」
「A6オールロードクワトロ」 拡大
「RS 6アバント」
「RS 6アバント」 拡大

■パワーユニットの性能を向上

今回のマイナーチェンジでは、A6とA6アバントのラインナップの一部を変更。既存のグレードのうち、「2.0 TFSI」「2.8 FSIクワトロ」を廃止し、新たに「1.8 TFSI」「2.0 TFSIクワトロ」を追加した。

このうち、1.8 TFSIは2.0 TFSIに代わる新たなエントリーグレードに位置づけられ、1.8リッター直4直噴ターボエンジンは従来の2リッターターボ(180ps、32.6kgm)を10ps上回る、最高出力190ps、最大トルク32.6kgmを発生。燃費性能についてもA6で15.4km/リッター、A6アバントで15.2~15.4km/リッターと、2.0 TFSI(14.8km/リッター)から改善されている。トランスミッションは7段デュアルクラッチ式AT、駆動方式はFFとなっている。

また2.0 TFSIクワトロについても、既存の中間グレードだった2.8 FSIクワトロを大きく上回る252ps、37.7kgmの最高出力、最大トルクを発生。燃費も13.6km/リッターに向上している(燃費はすべてJC08モード計測値)。

このほかのモデルについても、RS 6アバントを除く全グレードで、最高出力と燃費性能の改善が図られている。

■安全装備やインフォテインメントシステムを強化

エクステリアについても一部を変更しており、新しいデザインのシングルフレームグリルやヘッドライト、テールライト、バンパー、サイドシルなどを採用。インテリアに関しても、内装色に新色を設定した。

装備の強化も図っており、新たにオートハイビーム機能付きの「マトリクスLEDヘッドライト」をS6とS6アバント、RS 6アバントに標準で装備。そのほかのグレードにオプション設定した。また運転支援システムとして追突などを予防する「アウディ プレセンス」、車線維持を助ける「アウディ サイドアシスト」、車線変更時の危険を減らす「アウディ アクティブレーンアシスト」などを導入。インフォテインメントシステムに関しては、「A3」から導入を進めている、オペレーターサービスやGoogleとの各種連係機能、Wi-Fiスポットなどの機能を備えた「Audi connect」を全グレードに標準で採用した。

価格は以下の通り。

A6 1.8 TFSI:628万円
A6 2.0 TFSIクワトロ:680万円
A6 3.0 TFSIクワトロ:888万円
A6アバント 1.8 TFSI:666万円
A6アバント 2.0 TFSIクワトロ:718万円
A6アバント 3.0 TFSIクワトロ:926万円
A6オールロードクワトロ:959万円
S6:1308万円
S6アバント:1346万円
RS 6アバント:1729万円

(webCG)
 

関連キーワード:
A6, S6, RS 6アバント, A6オールロードクワトロ, S6アバント, A6アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4 45 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2020.12.5 試乗記 マイナーチェンジした「アウディA4」のトップモデル「45 TFSIクワトロSライン」に試乗。12Vマイルドハイブリッドシステムが組み込まれた新型パワートレインや改良型シャシー、進化したインフォテインメントシステムの仕上がりを確認した。
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
  • アウディA5スポーツバック40 TDIクワトロ アドバンスト(4WD/7AT)【試乗記】 2021.3.15 試乗記 美しいスタイリングで人気を集める「アウディA5スポーツバック」のマイナーチェンジモデルが上陸。本命はやはりシリーズ初登場となるディーゼルエンジン搭載モデルだろう。一般道と高速道路でその仕上がりを試してみた。
  • アウディA4/A4アバント 2021.1.11 半世紀の進化の到達点 新アウディA4<AD> デザインからメカニズムまでリファインされた、アウディの基幹モデル「A4」「A4アバント」。一段と磨きのかかった最新型の走りは、このブランドならではの確かな技術力を感じさせてくれた。
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
ホームへ戻る