クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第319回:凍結路で真価を発揮するスタッドレスタイヤ
トーヨータイヤの「オブザーブ ガリットGIZ」を試す

2015.10.20 エディターから一言
試乗会には最新作「オブザーブ ガリットGIZ」のほか、その前作に当たる「ガリットG5」なども用意された。
試乗会には最新作「オブザーブ ガリットGIZ」のほか、その前作に当たる「ガリットG5」なども用意された。 拡大

“クルミ殻”でおなじみのトーヨータイヤのスタッドレスタイヤ、その最新作である「オブザーブ ガリットGIZ」を同社の北海道サロマテストコースで試した。凍結路でのブレーキングやハンドリングを強化したとうたわれるスタッドレスタイヤは多いが、ガリットGIZは“銀盤”でいかなるパフォーマンスを見せるのだろうか。

「オブザーブ ガリットGIZ」を装着した「アウディA3セダン 1.8 TFSIクワトロ」。
「オブザーブ ガリットGIZ」を装着した「アウディA3セダン 1.8 TFSIクワトロ」。 拡大
「オブザーブ ガリットGIZ」のコンセプトは「冬のあらゆる路面でさらなる安心感を得られるスタッドレスタイヤ」。その中でも特にアイス路面での制動および旋回性を強化している。
「オブザーブ ガリットGIZ」のコンセプトは「冬のあらゆる路面でさらなる安心感を得られるスタッドレスタイヤ」。その中でも特にアイス路面での制動および旋回性を強化している。 拡大
トーヨータイヤのユーザー調査では「凍結路性能」を重視する人が79.7%と、群を抜いて多い。
トーヨータイヤのユーザー調査では「凍結路性能」を重視する人が79.7%と、群を抜いて多い。 拡大

凍結路重視のユーザーは8割

スタッドレス購入時、皆さんは何を重視するだろうか。夏タイヤとは別に買うわけだから、お財布に優しいほうがいいし、アイスバーンで滑ったら怖いからグリップは高いほうがいいなぁ……なんて考える人が多数派か。

トーヨータイヤのユーザー調査では「凍結路性能」を重視する人が79.7%で群を抜いて多く、次いで「雪路性能」が67%、「シャーベット路の性能」が62%だという。他の調査でも同様の回答を見ることが多く、やはり依然として凍結路グリップの強化を求める声が圧倒的だ。

では、アイスバーンで滑りにくいのはどんなタイヤなのか? 凍結路は気温0度あたりが最も滑りやすく、マイナス10度以下になるとグリップが高まる。0度付近では氷が融(と)け出してミクロの水膜が発生し、タイヤと氷の接触を妨げるのだ。つまり凍結路が滑るのは氷表面の水膜が原因で、いかに水膜を効果的に除去し、タイヤを氷に接地させるかという点に技術が求められる。

他社では発泡ゴムや吸水ゴムといったものを開発しているが、トーヨータイヤが長年こだわっているのがクルミ殻によるスパイク効果。実にユニークな技術だ。

天然素材のクルミ殻は氷より硬く、アスファルトより柔らかいので舗装を傷つけず環境にも良い。クルミ殻が抜け落ちた穴は水膜を吸収する効果も得られる。

吸水性をさらに高め、クルミ殻で引っかく

乗用車用の最新スタッドレス、ガリットGIZはクルミ殻のスパイク効果を最大限に高めるため、氷表面に発生する水膜の吸水性能を徹底的に高めた。旧型の「ガリットG5」はカーボニックパウダーという多孔質の吸水素材を混合していたが、これを約25倍の大きさのネオ吸水カーボニックセルに置き換えた。これで水膜に邪魔されず凍結路面に密着してクルミ殻がしっかり氷を引っかき、グリップを高める仕組みだ。

凍結路の水膜除去にはコンパウンドだけでなくサイプや接地面の細かい部分も相乗的な影響を与える。ガリットGIZは一見して従来とは異なる力強いブロック構成が特徴だ。センターの縦長ブロックは、前後力がかかったときサイプが閉じて吸水性が損なわれる現象を防ぐよう工夫を凝らす。これはブロック剛性を抑える方向。一方、ショルダーや中間ブロックは小振幅サイプで剛性を高めた。力のかかり方に応じてサイプをきめ細かく分け、徹底して水膜除去を追求した点は注目ポイントといえる。

センターブロックには新技術「新吸着3Dサイプ」を採用。サイプの閉じ込みを防いで除水効果を上げた。
センターブロックには新技術「新吸着3Dサイプ」を採用。サイプの閉じ込みを防いで除水効果を上げた。 拡大
「オブザーブ ガリットGIZ」のカットサンプル。さまざまな路面で安定性を得るために、高剛性ボディー構造を採用している。
「オブザーブ ガリットGIZ」のカットサンプル。さまざまな路面で安定性を得るために、高剛性ボディー構造を採用している。 拡大
「オブザーブ ガリットGIZ」は旧型の「ガリットG5」と比べると剛性とグリップが高く、キビキビ感が強い。
「オブザーブ ガリットGIZ」は旧型の「ガリットG5」と比べると剛性とグリップが高く、キビキビ感が強い。 拡大

剛性とグリップの高さが印象的

新旧ガリットを乗り比べると、今回からタイヤの作り、基本コンセプトが大きく変わった印象を受ける。旧型ガリットG5はブロックやサイド剛性を低くまとめ、変形を感じながら走るイメージ。これは歴代ガリット共通の特徴でもあった。凹凸が多い路面や深雪は得意だが、滑り始めが把握しにくい点が気になる。

新型は剛性とグリップがともに高く、走り始めからスリップが少ない。コーナリングもキビキビ感が増す。滑り出し挙動は把握しやすく、固い凍結が露出した部分でもよく粘り、速度を高めても安定していた。

大きめのブロックに見合う内部剛性を確保したことで、しっかりした足まわりのクルマとのマッチングが良好だ。「スバル・インプレッサ」「マツダ・アテンザ」「アウディA3」で試乗したが、いずれもスポーティーな走りが楽しめた。

ツルツルのアイス路面でブレーキをかけると、ABSの作動に合わせてギュッギューッといった接地音が聞こえながら巧みにグリップしている様子がわかる。アイス路面のコーナリングでも、アウト側にスリップアウトしやすい旧型に比べてグリップが高まり、狙ったラインを維持、トレースしやすい。試乗した数多くのスタッドレスの中でも、とくに凍結路グリップは間違いなくトップレベルにあるように感じた。

降雪地区でよく見られる、水気の多いツルツルの凍結路で真価を発揮する特性といえそうだ。剛性アップはドライ路面の走りやすさ、操縦安定性にもつながる。生まれ変わったガリットに好印象を抱くユーザーは多いはずだ。

(文=竹内龍男/写真=東洋ゴム工業)

「オブザーブ ガリットGIZ」を装着した「アテンザ」で圧雪路を行く。凍結が露出した路面でもよく粘り、挙動は安定している。
「オブザーブ ガリットGIZ」を装着した「アテンザ」で圧雪路を行く。凍結が露出した路面でもよく粘り、挙動は安定している。 拡大
氷盤路を行く「インプレッサG4」。「オブザーブ ガリットGIZ」を装着しており、狙ったラインをトレースしやすい。
氷盤路を行く「インプレッサG4」。「オブザーブ ガリットGIZ」を装着しており、狙ったラインをトレースしやすい。 拡大
こちらは旧型「ガリットG5」を履いた「インプレッサG4」。ブロックやサイド剛性が低く、タイヤの変形を感じながら走るイメージだ。
こちらは旧型「ガリットG5」を履いた「インプレッサG4」。ブロックやサイド剛性が低く、タイヤの変形を感じながら走るイメージだ。 拡大
 
第319回:凍結路で真価を発揮するスタッドレスタイヤトーヨータイヤの「オブザーブ ガリットGIZ」を試すの画像 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。