日本カー・オブ・ザ・イヤー2015-2016は……

2015.12.07 自動車ニュース
「マツダ・ロードスター」
「マツダ・ロードスター」 拡大

「マツダ・ロードスター」が「日本カー・オブ・ザ・イヤー2015-2016」を受賞

“その年の最も優秀なクルマ”を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー2015-2016」の最終選考会が2015年12月7日に東京都内で開かれ、「マツダ・ロードスター」が今年のイヤーカーに選ばれた。

「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」
「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」 拡大
「テスラ・モデルS P85D」
「テスラ・モデルS P85D」 拡大
「スズキ・アルト」
「スズキ・アルト」 拡大
「トヨタ・ミライ」
「トヨタ・ミライ」 拡大

栄冠に輝いたのは、マツダ・ロードスター。昨年の「デミオ」に続き、マツダ車が2年連続でタイトルを獲得した。次点は「ホンダS660」。今年のカー・オブ・ザ・イヤーは、オープン2シータースポーツ同士の争いとなった。

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー2015-2016は、3位の点数を得た「BMW 2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー」が受賞。
その他各賞は、イノベーション部門賞が「テスラ・モデルS P85D」に、スモールモビリティ部門賞が「スズキ・アルト/アルト ターボRS/アルトラパン」に、実行委員会特別賞が「ヤナセ100周年」と「トヨタ・ミライ」に贈られた。

なお、第1次選考対象車「10ベストカー」と、最終選考での順位および得票点数は以下の通り。

1位:マツダ・ロードスター(442点)
2位:ホンダS660(401点)
3位:BMW 2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー(177点)
4位:ジャガーXE(149点)
5位:テスラ・モデルS P85D(110点)
6位:スズキ・アルト/アルト ターボRS/アルトラパン(75点)
7位:トヨタ・シエンタ(70点)
8位:フィアット500X(51点)
9位:スバル・レガシィアウトバック/レガシィB4(20点)
10位:日産エクストレイル ハイブリッド(5点)

(webCG)

関連キーワード:
ロードスター, 2シリーズ クーペ, モデルS, アルト, ミライ, マツダ, BMW, テスラ, スズキ, トヨタ, -->, 自動車ニュース

マツダ ロードスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ100周年特別記念車 2020.6.19 画像・写真 マツダは2020年4月3日から2021年3月31日まで、同社の創立100周年を記念する特別仕様車を販売する。今回は、その中から7モデルをピックアップ。特徴的なディテールやカラーコーディネートを写真で紹介する。
  • ハーレーダビッドソン・パン アメリカ1250スペシャル/パン アメリカ1250【試乗記】 2021.7.14 試乗記 あのハーレーダビッドソンから、まさかのアドベンチャーモデル「パン アメリカ1250」が登場。アメリカの大自然が鍛えたブランド初のオフローダーは、“これが初出”とは思えないほどに高い完成度を誇るバイクに仕上がっていた。
  • マツダの各車に創立100周年記念モデルが登場 白と赤のカラーリングが特徴 2020.4.3 自動車ニュース マツダが、「マツダ2」「マツダ3」「マツダ6」「CX-3」「CX-30」「CX-5」「CX-8」「ロードスター」に「100周年特別記念車」を設定し、予約受注を開始した。マツダ初の乗用モデル「R360クーペ」をモチーフにしたカラーリングが特徴となっている。
  • スバルが新型「スバルBRZ」を発表 2グレード構成で価格は308万円から343万2000円 2021.7.29 自動車ニュース スバルが2代目となる新型「スバルBRZ」を発表した。グレードはベーシックな「R」と上級モデル「S」の2種類で、それぞれに6段MTと6段ATを設定。ボディーカラーには「WRブルー・パール」を含む7種類を用意している。価格は308万円から343万2000円。
  • BMW R nineT(6MT)【レビュー】 2021.7.29 試乗記 レトロでありながらもアグレッシブなスタイリングと、見た目にたがわぬスポーティーな走りで人気を博す「BMW R nineT」。パンチの利いた空油冷ボクサーエンジンを搭載するBMWのロードスターモデルは、大幅改良によってどのような進化を遂げたのか?
ホームへ戻る