フェラーリ、GTC4ルッソを披露【ジュネーブショー2016】

2016.02.09 自動車ニュース
ジュネーブショー2016で公開される「フェラーリGTC4ルッソ」。
ジュネーブショー2016で公開される「フェラーリGTC4ルッソ」。 拡大

【ジュネーブショー2016】フェラーリ、「GTC4ルッソ」を披露

伊フェラーリは、スイスで開催される第86回ジュネーブ国際モーターショー(プレスデー:2016年3月1日~2日/一般公開日:3月3日~13日)で、「FF」の後継モデルに当たる「GTC4ルッソ」を世界初公開する。

「GTC4ルッソ」のサイドビュー。スタイリングの変更はフェラーリのデザイン部門が行った。
「GTC4ルッソ」のサイドビュー。スタイリングの変更はフェラーリのデザイン部門が行った。 拡大
インテリアはセンターパネルやセンターコンソールなどが変更されている。
インテリアはセンターパネルやセンターコンソールなどが変更されている。 拡大
テールランプは4灯式に。リアディフューザーやルーフスポイラーなどの装着により、空力性能が改善されている。
テールランプは4灯式に。リアディフューザーやルーフスポイラーなどの装着により、空力性能が改善されている。 拡大

■後輪操舵機構を採用

4WDドライブトレインと4シーターレイアウトを持つフェラーリ随一のオールラウンダー、FFがGTC4ルッソに進化する。

V12エンジンは6262ccの排気量はそのままに、圧縮比を12.3から13.5に高めるなどして30ps強化の690psを達成。0-100km/h:3.4秒という加速性能を得ている。最高速は335km/h。

フェラーリが特許を持つ4WDシステム「4RM」は、今回新たに後輪操舵(そうだ)機構が備わる「4RM-S」に更新される。また、スタイリングは自社のデザイン部門によって随所に変更が加えられ、ルーフスポイラーやリアディフューザーなどを装着することにより、空力性能が見直されている。

GTC4ルッソの主要諸元は以下のとおり。

全長×全幅×全高=4922×1980×1383mm/車重=1790kg(乾燥重量)/駆動方式=4WD/重量配分(前:後ろ)=47:53/エンジン=6.3リッターV12(バンク角65度)/最高出力=690ps(507kW)/8000rpm/最大トルク=71.1kgm(697Nm)/5750rpm

(webCG)

関連キーワード:
GTC4ルッソ, フェラーリ, ジュネーブモーターショー2016, 自動車ニュース

フェラーリ GTC4ルッソ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • フェラーリ・ローマ(後編) 2020.12.31 谷口信輝の新車試乗 フェラーリの新型2+2クーペ「ローマ」の走りを、レーシングドライバー谷口信輝はどう評価するのか? 後編では、走行モードによる挙動の変化やV8ターボエンジンの特性などについてもリポートする。
  • フェラーリ・ローマ(前編) 2020.12.24 谷口信輝の新車試乗 これまでとは趣の違うデザインをまとって登場した、フェラーリのニューモデル「ローマ」。その走りは過去の跳ね馬とはどう違うのか? レーシングドライバー谷口信輝が、ワインディングロードでむちを当てた。
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
ホームへ戻る