MINIに新たなディーゼルモデルがラインナップ

2016.04.20 自動車ニュース
MINIクーパーSD 3ドア」(写真はすべて欧州仕様)
「MINIクーパーSD 3ドア」(写真はすべて欧州仕様) 拡大

ディーゼルの「MINI」と「MINIクラブマン」が新登場

BMWジャパンは2016年4月19日、「MINI」の3ドアと5ドア、および「MINIクラブマン」のそれぞれに「クーパーD」「クーパーSD」のディーゼル車2モデルを追加設定し、販売を開始した。

MINIクーパーSD 5ドア
「MINIクーパーSD 5ドア」 拡大
MINIクーパーSD 5ドア」に搭載される、2リッター直4ディーゼルターボエンジン。
「MINIクーパーSD 5ドア」に搭載される、2リッター直4ディーゼルターボエンジン。 拡大
 
MINIに新たなディーゼルモデルがラインナップの画像 拡大

■1.5リッターと2リッター、2種類のエンジンを用意

今回のクーパーD、クーパーSDには、コモンレールインジェクションや可変ジオメトリーターボチャージャーなどが採用された1.5リッター直3または2リッター直4のディーゼルターボエンジンが搭載される。いずれも排ガスの後処理にはDPF(粒子状物質除去フィルター)やNOx吸蔵還元触媒などを採用しており、日本におけるポスト新長期規制をクリアしている。

各モデルの特徴は以下の通り。

【MINIクーパーD 3ドア/MINIクーパーD 5ドア】
最高出力116ps(85kW)/4000rpm、最大トルク27.5kgm(270Nm)/1750-2250rpmを発生する1.5リッター直3ディーゼルターボエンジンを搭載。トランスミッションには6段ATが採用されている。JC08モード計測による燃費は23.9km/リッター。

【MINIクーパーSD 3ドア/MINIクーパーSD 5ドア】
最高出力170ps(125kW)/4000rpm、最大トルク36.7kgm(360Nm)/1500-2750rpmを発生する2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載。トランスミッションには6段ATが採用されている。JC08モード計測による燃費は23.8km/リッター。
(数値はいずれも3ドアのもの。5ドアについては未定)

【MINIクーパーD クラブマン】
最高出力150ps(110kW)/4000rpm、最大トルク33.7kgm(330Nm)/1750rpmを発生する2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載。トランスミッションには8段ATが採用されている。JC08モード計測による燃費は22.0km/リッター。

【MINIクーパーSD クラブマン】
最高出力190ps(140kW)/4000rpm、最大トルク40.8kgm(400Nm)/1750-2500rpmを発生する2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載。トランスミッションには8段ATが採用されている。JC08モード計測による燃費は22.7km/リッター。

価格は以下の通り。
・MINIクーパーD 3ドア:300万円
・MINIクーパーSD 3ドア:364万円
・MINIクーパーD 5ドア:318万円
・MINIクーパーSD 5ドア:382万円
・MINIクーパーD クラブマン:364万円
・MINIクーパーSD クラブマン:404万円

納車時期は、クーパーSD 5ドアを除く全モデルが2016年5月以降、クーパーSD 5ドアは同年9月以降になる見込み。

(webCG)
 

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINIクラブマン, MINI 5ドア, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • いきなり受注2000台! 新型車「トヨタGRヤリス」はなぜモテる? 2020.1.31 デイリーコラム 東京オートサロン2020で予約受注がスタートするや、たちまち大フィーバーとなったトヨタの高性能ハッチバック「GRヤリス」。その反響の理由と、モータースポーツにおける存在意義について識者が語る。
  • 第67回:世界を変えたスモールカー「Mini」
    スエズ危機が生んだ英国の小さな巨人
    2020.1.30 自動車ヒストリー 革新的な設計により自動車史に名を残す名車となった「Mini(ミニ)」。小型大衆車の基礎を築いた英国の“小さな巨人”は、どのような経緯で誕生したのか? その背景には、かわいらしい姿からは想像もつかないような不穏な国際情勢と、不世出のエンジニアの存在があった。
  • メルセデス・ベンツCLA200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.28 試乗記 輸入車コンパクトクラスで唯一の4ドアクーペとして人気を博した、メルセデスの「CLA」がフルモデルチェンジ。スタイリッシュなフォルムとクラスレスな存在感が先代のヒットを後押ししたというが、最新モデルはどんな進化を遂げているのか?
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
ホームへ戻る