フェラーリ・カリフォルニアT(前編)

2016.05.26 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTやD1グランプリなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が、歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「フェラーリ・カリフォルニアT」。意外やフェラーリを操るのは今回が初めてという谷口。雨の箱根で560psを誇る跳ね馬の手綱を引いた感想は?

初フェラーリの感想は?

レーシングドライバーとして活躍する谷口信輝は、インストラクターとしてドライビングレッスンを行うなど幅広い活動を行っている。それだけに、一般のクルマ好きよりもはるかにたくさんのクルマに乗っているわけだが、なぜかフェラーリを操ったことはこれまで一度もないという。そんな谷口のリクエストに応える形で、今回の試乗は実現した。

「いやあ、笑っちゃいますね、このクルマ」
フェラーリ・カリフォルニアTを雨の箱根で試乗し終えた谷口は、開口一番にそう言った。
ご存じのとおり、カリフォルニアTはフロントエンジン、リア駆動の2+2コンバーチブル。フェラーリならではのスポーツ性と、コンバーチブルボディーが生み出す優雅さが融合したスポーツカーといえる。

もっとも、彼はこの豪華極まりないオープンスポーツのことを見下して「笑っちゃいますね」と言ったわけではないが、短時間の試乗ではその奥深さがつかみきれなかったようにも思われた。
「ちょっとね、限界がわかりにくいんです。なんか、いつリアが滑り出すかわからなくて。いまのところはまだ信じられないっていうか、もうちょっと慣れが必要な感じですね」

そんな言葉からも、谷口自身がまだこのクルマを理解し、消化し切れていない様子がうかがわれた。ここで先を焦っても仕方ない。クルマの核心にまつわる話はあとでじっくり聞くとして、まずはエクステリアデザインの印象を尋ねてみることにした。

「外観は、まあ好きですよ。少しおとなしめですが……」
しかし、クルマの周囲を何度も回るうち、その印象は少しずつ変わっていったようだ。

 
フェラーリ・カリフォルニアT(前編)の画像 拡大
 
フェラーリ・カリフォルニアT(前編)の画像 拡大
 
フェラーリ・カリフォルニアT(前編)の画像 拡大
フェラーリ・カリフォルニアT テーラーメイド
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4570×1910×1322mm/ホイールベース:2670mm/車重:1625kg/駆動方式:FR/エンジン:3.9リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:560ps(412kW)/7500rpm/最大トルク:77.0kgm(755Nm)/4750rpm/タイヤ:(前)245/35R20 (後)285/35R20/車両本体価格:2450万円/テスト車=3519万400円
フェラーリ・カリフォルニアT テーラーメイド
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4570×1910×1322mm/ホイールベース:2670mm/車重:1625kg/駆動方式:FR/エンジン:3.9リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:560ps(412kW)/7500rpm/最大トルク:77.0kgm(755Nm)/4750rpm/タイヤ:(前)245/35R20 (後)285/35R20/車両本体価格:2450万円/テスト車=3519万400円 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.10.28 試乗記 40年以上の歴史を積み重ねてきたフェラーリのV8モデルにオマージュをささげる新型車「F8トリブート」。その走りは、驚くほどの速さと乗りやすさを両立させた“チャレンジの集大成”というべきものだった。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【試乗記】 2018.3.12 試乗記 V8ターボエンジンを搭載するフェラーリの4シーター「GTC4ルッソT」に試乗。その走りにはどんな特徴があるのか。12気筒エンジンやMRの駆動方式を採用する、ほか多くの“跳ね馬”に接してきた清水草一がリポートする。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
ホームへ戻る