アウディがRSを超える高性能モデルを日本導入

2016.07.05 自動車ニュース
「アウディRS Q3パフォーマンス」と、アウディ ジャパンの斉藤 徹代表取締役社長
「アウディRS Q3パフォーマンス」と、アウディ ジャパンの斉藤 徹代表取締役社長。 拡大

アウディ ジャパンは2016年7月5日、アウディの高性能スポーツモデル「RS」をベースに、さらに性能を向上させた「RSパフォーマンス」を設定し、8月下旬に発売すると発表した。今回日本に導入されるのは、「RS 7スポーツバック パフォーマンス」「RS 6アバント パフォーマンス」「RS Q3パフォーマンス」の3タイプ。

RS Q3パフォーマンス」
「RS Q3パフォーマンス」 拡大
「RS Q3パフォーマンス」の2.5リッター直5ターボエンジン。
「RS Q3パフォーマンス」の2.5リッター直5ターボエンジン。 拡大
マットチタンルックの20インチアロイホイール。
マットチタンルックの20インチアロイホイール。 拡大

■7モデルの「RS」の内、3モデルが「RSパフォーマンス」に

今回新たに設定されるRSパフォーマンスは、RSモデルと同様に、アウディのモータースポーツ活動をサポートするクワトロGmbHが開発に参画し、製造を行う。現在、日本では7モデルのRSが導入されているが、このうち3モデルがRSからRSパフォーマンスへと進化した形だ。

SUVであるRS Q3パフォーマンスは、2.5リッターの直列5気筒ターボエンジンにさらなるチューニングを行うことで、従来型より最高出力/最大トルクが27ps/1.5kgmアップの、367ps/47.4kgmに。結果、0-100km/h加速は0.4秒短縮し、4.4秒となった。最高速度も250km/hから270km/hまで高められているが、これはリミッターの作動速度となる。

エクステリアにも手が加えられており、各所に専用デザインのエアロパーツを装着。モールやルーフレール、20インチのアロイホイールなどにはマットチタンルックを取り入れている。また、インテリアにはバルコナレザーとパーフォレーテッドアルカンターラのコンビシートを含む「RSパフォーマンスデザインパッケージ」を設定するなどして、RSとの差別化が図られている。

「RS 7スポーツバック パフォーマンス」
「RS 7スポーツバック パフォーマンス」 拡大
「RS 7スポーツバック パフォーマンス」のインストゥルメントパネルまわり。
「RS 7スポーツバック パフォーマンス」のインストゥルメントパネルまわり。 拡大
「RS 6アバント パフォーマンス」
「RS 6アバント パフォーマンス」 拡大
「RS 6アバント パフォーマンス」のインストゥルメントパネルまわり。
「RS 6アバント パフォーマンス」のインストゥルメントパネルまわり。 拡大

■2020年までの販売倍増を目指す

4ドアクーペのRS 7スポーツバック パフォーマンスと、ツーリングワゴンのRS 6アバント パフォーマンスのパワートレインには、従来型のRSと共通の4リッターV8 TFSIエンジンに8段ティプトロニックの組み合わせを採用。こちらも性能の強化が図られており、両車共にベースモデル比で45ps/5.1kgm向上の605ps/71.4kgmを発生する。さらに、短時間使用可能なオーバーブースト機能を備え、作動時は最大トルクが76.5kgmまで増強。これにより、0-100km/h加速も3.7秒まで短縮されるという。またRSとの差別化のため、21インチアルミホイールやミラーハウジングにマットチタンルックを取り入れている。

アウディ ジャパンの斉藤 徹代表取締役社長は、「『R8』とRSの販売は成長を見せており、昨年は約600台を販売した。今後、これらのスポーツモデルの販売を強化することで2020年には倍増を目指す」と意気込みを語り、サブブランド「アウディ スポーツ」の展開など、アウディの持つスポーツイメージを日本でも積極的にアピールしていく姿勢を見せた。

フラッグシップスポーツとなる新型R8は、アウディのサブブランドAudi sport店のみの取り扱いとなるが、RSパフォーマンスは他のRSモデルと同様に、全国のアウディ正規ディーラーで購入が可能だ。

価格は以下の通り。
・RS Q3パフォーマンス:818万円
・RS 6アバント パフォーマンス:1829万円
・RS 7スポーツバック パフォーマンス:1881万円

(文と写真=大音安弘)
 

関連キーワード:
RS 6アバント, RS 7スポーツバック, RS Q3, アウディ, 自動車ニュース

アウディ RS 6アバント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6アバント40 TDI Sトロニック(FF/7AT)【海外試乗記】 2019.12.11 試乗記 アウディのアッパーミドルセダン/ワゴンである「A6」シリーズ。そのディーゼルモデル「40 TDI」に本国ドイツで試乗。日本にも導入される予定の2リッターディーゼルターボ搭載車は、現行A6の本命と呼ぶにふさわしいモデルに仕上がっていた。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.15 試乗記 アウディ スポーツが開発を手がけた、「A4」シリーズのトップモデル「RS 4アバント」に試乗。その走りは、ドイツで生まれた高性能マシンならではの“クールな全能性”を感じさせるものだった。
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.28 試乗記 最高出力330PSの2.9リッター(2924cc)直6ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICスポーツ」に試乗。3列シートを備えた全長およそ5m×全幅2m超えの大柄なボディーとディーゼルの組み合わせは、どんな仕上がりだったのか?
  • BMW X3 Mコンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.21 試乗記 「BMW X3 Mコンペティション」に冠された「M」の文字はだてではない。2tを超えるSUVボディーを“俊敏”に走らせるのに十分なパワーと、時に過剰とも思えるほどに引き締められた足まわりを持つその中身は、まさにスポーツカーと表現したくなる出来栄えだった。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
ホームへ戻る