第1回:編集部にジャガーXFがやって来た
“XFがある日常”をリポート

2016.07.08 ジャガーXF長期試乗リポート
webCG編集部に「ジャガーXF」がやって来た。グレードは2リッター直4ガソリンターボ搭載の「25tプレステージ」である。
webCG編集部に「ジャガーXF」がやって来た。グレードは2リッター直4ガソリンターボ搭載の「25tプレステージ」である。 拡大

通常の試乗リポートより長い時間、じっくりと試乗し、そのクルマが備えた魅力をより立体的に浮かび上がらせようと試みるwebCGの長期試乗リポート。今回から約2カ月間、“ジャガーの新型「XF」がある日常”を報告する。webCG XFを、どうぞよろしく!

英国車がウッドとレザーの世界だったのは、かつての話。今ではこんなに軽やかで涼しげ。
英国車がウッドとレザーの世界だったのは、かつての話。今ではこんなに軽やかで涼しげ。 拡大
インフォテインメントシステムが一気に強化されたのも、新型「XF」の見どころのひとつ。メータークラスターに配置された12.3インチTFTパネルにナビゲーションの地図を表示できる。
インフォテインメントシステムが一気に強化されたのも、新型「XF」の見どころのひとつ。メータークラスターに配置された12.3インチTFTパネルにナビゲーションの地図を表示できる。 拡大
「XF 25tプレステージ」の車両価格は668万円。試乗車には、メタリックペイント(9万3000円)とシートヒーター(5万7000円)、アドバンスドパークアシストパック+サウンドカメラ(36万8050円)のオプションが付いて、総額は719万8050円に。
「XF 25tプレステージ」の車両価格は668万円。試乗車には、メタリックペイント(9万3000円)とシートヒーター(5万7000円)、アドバンスドパークアシストパック+サウンドカメラ(36万8050円)のオプションが付いて、総額は719万8050円に。 拡大

2リッターガソリンターボを選択

コーツァイトと名付けられた、ブロンズに近い微妙で瀟洒(しょうしゃ)なメタリックカラーの「XF 25tプレステージ」が編集部にやってきたのは、6月終わりのことだった。
淡いライトオイスターのシートとアルミパネルが織りなすモダンな室内は涼しげで、木と革でしつらえられた、いわゆる英国車の室内とはだいぶ趣を異にしている。夏の太陽がジリジリと照りつける、湿度の高い都内でも、サラッと爽やかな気分である。

これから約2カ月間リポートしていくXF 25tプレステージには、2リッターのガソリン直4ターボエンジンが搭載されている。最高出力は240ps、最大トルクは340Nm(34.7kgm)で、これに今やジャガーのスタンダードとなった8段ATが組み合わされている。

このほか、3リッターのガソリンV6スーパーチャージャーと、2リッター直4“インジニウム”ディーゼルが用意されるXFのラインナップを俯瞰(ふかん)すれば、価格的にはこの25tがXFファミリーの中で最もベーシックな存在となる。車両価格は668万円。われわれのリポート車には51万8050円分のオプションが付いているので、車両総額は719万8050円に達する。

なお、グレード名の「プレステージ」とは、上質な素材とクラフツマンシップにこだわってラグジュアリーを追求した仕様という意味だ。「ピュア」グレードの上位にあり、レザーシートや18インチタイヤ(ピュアは17インチ)などが標準で付く。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXE 300スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.28 試乗記 ジャガーのDセグメントセダン「XE」に、300psの2リッターターボエンジンを搭載した「300スポーツ」が登場。雨天のテストドライブでリポーターが感じた“心残り”とは? 2019年モデルより追加された、新しいスポーツグレードの出来栄えを報告する。
  • 第1回:認定中古車ジャガーXEの走りを確かめる 2019.2.20 ジャガー アプルーブドの魅力を知る<PR> 「今すぐ欲しい」「安心で安全な車両に乗りたい」「リーズナブルに購入したい」。そんなわがままをかなえてくれるのが、認定中古車である。国内でも最大級の規模を誇る「ジャガー・ランドローバー・アプルーブド足立」を訪れ、真剣に次期愛車候補を探してみた。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.14 試乗記 ルノーのモータースポーツ部門が手がけたハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」の中でも、さらに運動性能に磨きをかけた「トロフィー」が日本に導入された。より高出力なエンジンと、コーナリング性能を突き詰めた足まわりが織りなす走りを報告する。
  • アウディA1スポーツバック40 TFSIエディション1(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.11.9 試乗記 新しくなった「アウディA1スポーツバック」の走りを試すべく本国ドイツへ出向いたところ、そこで待ち受けていたのは“日本未導入”の「40 TFSI」。やや複雑な心持ちで試乗に臨んだのだが、実際には、このグレードこそ新型A1のキャラクターを最もよく表したモデルだった。
  • ボルボS60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2019.11.7 試乗記 ボルボのDセグメントセダン「S60」が3代目にフルモデルチェンジ。端正で伸びやかなスタイリングが目を引く新型は、このセグメントをけん引するドイツ勢のモデルにも比肩する、実力派のプレミアムセダンとなっていた。
ホームへ戻る