第2回:目指せ日光!
ジャガーXFで英国ゆかりの新名所を訪問

2016.07.13 ジャガーXF長期試乗リポート
中禅寺湖と「ジャガーXF」。
中禅寺湖と「ジャガーXF」。 拡大

長期リポートが始まって最初の週末、「ジャガーXF」はわが家の駐車場にありました。せっかく英国製のサルーンを拝借できたわけですから、リポートを近場で済ませるなんて手はありません。向かう先は、日光の中禅寺湖。そこには英国ゆかりの新名所がありました。

インフォテインメントシステムの「InControl Touch Pro」。フリックやスワイプといったタブレット端末でおなじみの操作にも対応しています。このタッチスクリーンに慣れてしまうと、昔のインターフェイスには戻れませんね。
インフォテインメントシステムの「InControl Touch Pro」。フリックやスワイプといったタブレット端末でおなじみの操作にも対応しています。このタッチスクリーンに慣れてしまうと、昔のインターフェイスには戻れませんね。 拡大
目的地である中禅寺湖畔の歌ヶ浜駐車場。サービスエリア「パサール羽生」での休憩を除くと、移動時間はおよそ2時間でした。
目的地である中禅寺湖畔の歌ヶ浜駐車場。サービスエリア「パサール羽生」での休憩を除くと、移動時間はおよそ2時間でした。 拡大
日本百名山のひとつにも数えられる男体山と「ジャガーXF」。秋になると、この山が赤や黄色に染まります。
日本百名山のひとつにも数えられる男体山と「ジャガーXF」。秋になると、この山が赤や黄色に染まります。 拡大

カーナビを駆使して初夏の日光へ

目的地は日本有数の観光名所なので、早朝に出て渋滞をやり過ごすこととします。朝6時の少し前に駐車場からXFをひっぱりだし、カーナビをピッポッパ。ルートは東北自動車道経由で175km、所要時間はおよそ2時間と出ました。

このXFの「InControl Touch Pro」は、ジャガー肝いりの最新インフォテインメントシステム。その使い勝手はというと、何というか、とっても普通。いい意味で奇をてらったところがありません。ナビ機能はすぐに呼び出せますし、目的地登録で「住所検索はどこ?」とあせって画面をスクロールする必要もなく、また初めての人でも簡単に「ルート消去」できます。多機能・高性能をうたいながらもこうした基本ができていないモデルが多い中、最初から痛痒(つうよう)感なく使えるその出来栄えは好印象でした。音声案内のお姉さんが、たまに交差点の漢字を間違えて読み上げるのは、まあご愛嬌(あいきょう)です。

はてさて、175kmというとなかなかの距離に聞こえますが、清滝ICまではずっと高速道路。そこから先も日本ロマンチック街道に突き当たるまではバイパスが通っているので、渋滞さえ避ければ気持ちよいクルージングが楽しめます。唯一にして最後の難関であるいろは坂をクリアすると、気づけば目的地は目と鼻の先でした。

湖畔の歌ヶ浜駐車場にXFを止めると、まずは日本百名山にも数えられる男体山にレンズ越しにごあいさつ。そこから首を右に回せば中禅寺、ちょいと走れば華厳の滝もありますが、今回の目的はそのいずれでもありません。

ジャガー XF の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
  • スポーツセダン「ジャガーXE」が2020年型に スポーティーな「R-DYNAMIC」が登場 2019.8.2 自動車ニュース スポーツセダン「ジャガーXE」2020年モデルの受注がスタート。内外装のデザインをよりスポーティーなイメージに変更したほか、運転支援システムを標準化するなど、装備を大幅に強化。ラインナップには新たに「R-DYNAMIC」シリーズを設定した。
  • 第672回:跳ね馬の最新V8モデル 大矢アキオ「フェラーリ・ローマ」を駆る! 2020.9.10 マッキナ あらモーダ! 現代版“ドルチェヴィータ”をコンセプトに掲げてデビューしたフェラーリの最新V8モデル「ローマ」に大矢アキオが試乗! イタリア北部のワインディングロードで「なぜローマ?」の質問に対する回答を考えてみた。
ホームへ戻る