クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第2回:目指せ日光!
ジャガーXFで英国ゆかりの新名所を訪問

2016.07.13 ジャガーXF長期試乗リポート
中禅寺湖と「ジャガーXF」。
中禅寺湖と「ジャガーXF」。 拡大

長期リポートが始まって最初の週末、「ジャガーXF」はわが家の駐車場にありました。せっかく英国製のサルーンを拝借できたわけですから、リポートを近場で済ませるなんて手はありません。向かう先は、日光の中禅寺湖。そこには英国ゆかりの新名所がありました。

インフォテインメントシステムの「InControl Touch Pro」。フリックやスワイプといったタブレット端末でおなじみの操作にも対応しています。このタッチスクリーンに慣れてしまうと、昔のインターフェイスには戻れませんね。
インフォテインメントシステムの「InControl Touch Pro」。フリックやスワイプといったタブレット端末でおなじみの操作にも対応しています。このタッチスクリーンに慣れてしまうと、昔のインターフェイスには戻れませんね。 拡大
目的地である中禅寺湖畔の歌ヶ浜駐車場。サービスエリア「パサール羽生」での休憩を除くと、移動時間はおよそ2時間でした。
目的地である中禅寺湖畔の歌ヶ浜駐車場。サービスエリア「パサール羽生」での休憩を除くと、移動時間はおよそ2時間でした。 拡大
日本百名山のひとつにも数えられる男体山と「ジャガーXF」。秋になると、この山が赤や黄色に染まります。
日本百名山のひとつにも数えられる男体山と「ジャガーXF」。秋になると、この山が赤や黄色に染まります。 拡大

カーナビを駆使して初夏の日光へ

目的地は日本有数の観光名所なので、早朝に出て渋滞をやり過ごすこととします。朝6時の少し前に駐車場からXFをひっぱりだし、カーナビをピッポッパ。ルートは東北自動車道経由で175km、所要時間はおよそ2時間と出ました。

このXFの「InControl Touch Pro」は、ジャガー肝いりの最新インフォテインメントシステム。その使い勝手はというと、何というか、とっても普通。いい意味で奇をてらったところがありません。ナビ機能はすぐに呼び出せますし、目的地登録で「住所検索はどこ?」とあせって画面をスクロールする必要もなく、また初めての人でも簡単に「ルート消去」できます。多機能・高性能をうたいながらもこうした基本ができていないモデルが多い中、最初から痛痒(つうよう)感なく使えるその出来栄えは好印象でした。音声案内のお姉さんが、たまに交差点の漢字を間違えて読み上げるのは、まあご愛嬌(あいきょう)です。

はてさて、175kmというとなかなかの距離に聞こえますが、清滝ICまではずっと高速道路。そこから先も日本ロマンチック街道に突き当たるまではバイパスが通っているので、渋滞さえ避ければ気持ちよいクルージングが楽しめます。唯一にして最後の難関であるいろは坂をクリアすると、気づけば目的地は目と鼻の先でした。

湖畔の歌ヶ浜駐車場にXFを止めると、まずは日本百名山にも数えられる男体山にレンズ越しにごあいさつ。そこから首を右に回せば中禅寺、ちょいと走れば華厳の滝もありますが、今回の目的はそのいずれでもありません。

アーネスト・サトウの別荘で“英国のあり方”を思う

そろそろ白状しましょう。今回の目的地は、この7月1日に誕生した英国大使館別荘記念公園です。ここの旧英国大使館別荘は、英国の外交官であり、明治維新に大きな影響を与えたアーネスト・サトウが1896年に建てたもの。栃木県への寄贈と改修を経て、歴史ある建築物が一般公開されたのです。せっかくの英国車のリポート、英国にゆかりのある場所に行きたいじゃないですか。

しかし、膨らむ期待に気持ちがせかされていたのか、予定よりずいぶん早くに中禅寺湖に着いてしまいました。そこで、空いた時間を利用して日光ならではの朝食をいただくこととします。

「いまどきのジャガーは、こんな形をしているんですね」
撮影中にそう話しかけてきた男性の“口コミ”を頼りにうかがった先は、湖の北の裏通りに位置するパン屋さん。こぢんまりとしたかわいらしい間口は、ナビに頼っていなければ素通りしていたことでしょう。店主さんに取材の許可を得たら、何はともかく腹ごしらえ。いただいたパンはどれも本当に美味でしたが、個人的にはバターの香り豊かなクロワッサンが特にオススメです。

朝食を済ませたら、いよいよ旅の目的地である英国大使館別荘記念公園へ。先ほどの歌ヶ浜駐車場に戻り、そこから湖畔の道を700mほど歩きます。木々の間から現れた建物は、木造で、広い縁側が取られていて、予想に反してとても和な造りをしていました。黒い外装と明るく白い内装との対比が鮮やかで、これは現代風に塗りなおしたものかと思ったのですが、案内係の男性いわく「色は建て替え前と同じですよ。モダンで、とてもイギリスらしいでしょう?」とのこと。私も含め、とかく日本人は「英国=クラシカル」と思いがちですが、実際のイギリス人は、モダンなセンスに寛容で、また土地ごとの風土を進んで受け入れる民族性の持ち主なのかもしれませんね。

そんなことを思いながら、縁側のソファでひと休み。初夏の中禅寺湖から吹く風は驚くほどに気持ちよく、「こりゃあ、アーネスト・サトウも、25年も日本に滞在するわけだ」と感じ入った次第です。

(webCG ほった)
 

朝食を買いにうかがったパン屋さんの「Feu de Bois(フゥ・ド・ボワ)」。地元では有名なお店のようで、当日は青ナンバーのミニバンに乗った外人さんも訪れていました。
朝食を買いにうかがったパン屋さんの「Feu de Bois(フゥ・ド・ボワ)」。地元では有名なお店のようで、当日は青ナンバーのミニバンに乗った外人さんも訪れていました。 拡大
今回はクロワッサンとカスタードデニッシュとアーモンドフレンチトーストを購入。どれもとても美味でした。次に伺う機会があったら、甘くないパンにも挑戦してみたいですね。
今回はクロワッサンとカスタードデニッシュとアーモンドフレンチトーストを購入。どれもとても美味でした。次に伺う機会があったら、甘くないパンにも挑戦してみたいですね。 拡大
旅の目的地である「英国大使館別荘記念公園」。和風な外観と洋風のインテリアの組み合わせが独特の雰囲気を醸し出しています。湖畔側はほぼ全体が縁側になっているので、雨戸をすべて開け放ったときの爽快感、開放感がたまりません。
旅の目的地である「英国大使館別荘記念公園」。和風な外観と洋風のインテリアの組み合わせが独特の雰囲気を醸し出しています。湖畔側はほぼ全体が縁側になっているので、雨戸をすべて開け放ったときの爽快感、開放感がたまりません。 拡大
2階の広縁から臨む中禅寺湖。初夏の風が本当に気持ちよく、ついつい長居してしまいました。ちなみに同公園のそばにはイタリア大使館別荘記念公園も位置しています。日光観光の折にはぜひ。
2階の広縁から臨む中禅寺湖。初夏の風が本当に気持ちよく、ついつい長居してしまいました。ちなみに同公園のそばにはイタリア大使館別荘記念公園も位置しています。日光観光の折にはぜひ。 拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ジャガー XF の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。