第357回:“最強ルーテシア”の実力に迫る ~筑波サーキット タイムアタック【Movie】

2016.07.21 エディターから一言

名門コースで全開アタック!

ルノーの高性能ハッチバック「ルーテシアR.S.」の中でも、最もサーキット寄りのチューニングが施された「ルーテシアR.S.トロフィー」。その実力を探るべく、今回は“名門”筑波サーキットの「コース2000」で全開アタックを実施した。

ステアリングを握ったのは、モータースポーツの第一線で活躍するレーシングドライバー 谷口信輝。タイムのみならず、ルーテシアR.S.トロフィーのドライブフィーリングも報告する。

その走りや、いかに?

【Movie】ルーテシアR.S.トロフィーが筑波で激走

「ルノー・ルーテシアR.S.トロフィー」
「ルノー・ルーテシアR.S.トロフィー」 拡大
今回の舞台は、モータースポーツファンならずとも多くの人に知られる、茨城県の筑波サーキット。
今回の舞台は、モータースポーツファンならずとも多くの人に知られる、茨城県の筑波サーキット。 拡大
SUPER GTをはじめとするモータースポーツで活躍中の谷口信輝。“最強のルーテシア”とのコンビで、どんな走りを見せるのか?
SUPER GTをはじめとするモータースポーツで活躍中の谷口信輝。“最強のルーテシア”とのコンビで、どんな走りを見せるのか? 拡大
(写真=田村 弥/取材協力=筑波サーキット)
(写真=田村 弥/取材協力=筑波サーキット) 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ!<PR> フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • 「ルノー・トゥインゴEDC」の装備が充実 駐車がより安全に 2020.5.12 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2020年5月12日、コンパクトカー「トゥインゴEDC」「トゥインゴEDCキャンバストップ」の一部仕様を変更し、同日、販売を開始した。リアカメラとバックソナーを標準化することで安全性が高められている。
  • 青の専用ボディーカラーをまとった「ルノー・トゥインゴ」の特別仕様車発売 2020.4.9 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2020年4月9日、コンパクトカー「トゥインゴ」に特別仕様車「シグネチャー」を設定し、販売を開始した。専用ボディーカラーが採用されたほか、「TWINGO」のタイポグラフィーが内外装の随所にレイアウトされているのが特徴だ。
  • 「ルノー・トゥインゴ」のEVバージョンが本国でデビュー 2020.3.6 自動車ニュース 仏ルノーは2020年2月24日、コンパクトなEV「トゥインゴZ.E.」の概要を発表した。乗車定員や荷室の容量はガソリン車の「トゥインゴ」と変わらず、一充電あたり215kmの航続可能距離を実現している。
ホームへ戻る