クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第4回:贅沢は不倶戴天の敵

2016.08.16 カーマニア人間国宝への道

普段のゲタに800万円も出せるか!

神であるフェラーリ様を信仰しつつ、大和(ド中古初代「プリウス」)で燃費との激しい戦闘を繰り返し、欧州の吉野家牛丼(並)(欧州製ディーゼル乗用車を指す)を食って生きる生活こそ、究極の多様性に満ちた刺激的なカーライフ! まさにカンブリア紀の生命大爆発! という直感を得た私だったが、そこに大きな壁が立ちはだかった。

この悟りを得た2009年当時の本邦においては、クリーンディーゼル乗用車のラインナップが極めて乏しかったのである。

具体的には「メルセデス・ベンツE320 CDI」と「日産エクストレイル20GT」のみ。生態系がカバとハコフグしかなかった。

実をいえば、カバもハコフグも非常に魅力的なクルマではあった。特にカバのトルクフルな走りは悪魔的で、牛丼も極めればここまで来るのか! と感嘆させられた。同じ牛丼でも吉野家牛丼(並)とは大変な違いである。

しかし私には、そんな超高級牛丼を毎日食う生活は想像できなかった。想像できないというより好きになれない。それは違う、毎日フェラーリに乗るのはもちろんダメだけど、毎日E320 CDIに乗るのもなんかちょっとダメ! 毎日吉兆のお弁当食うみたいで。

もちろん、この辺の感覚には個人差があろう。E320 CDIは普段のゲタとして開発されたクルマなわけだし。

しかしそれはあくまで富裕層のゲタだ。庶民がゲタに800万円も出すのは絶対に間違っている。フェラーリ様を買うために血や臓器を売るのは正しいが、ゲタに800万円は絶対やってはいけないことだ!!

清水草一いわく、“カバ”こと「メルセデス・ベンツE320 CDI」。


	清水草一いわく、“カバ”こと「メルセデス・ベンツE320 CDI」。
	拡大
“ハコフグ”こと「日産エクストレイル 20GT」
“ハコフグ”こと「日産エクストレイル 20GT」 拡大
吉野家牛丼(並)ならぬ、ベジ牛丼。齢54ゆえ、健康にも心がけている。
吉野家牛丼(並)ならぬ、ベジ牛丼。齢54ゆえ、健康にも心がけている。 拡大

恐るべし、E320 CDI

E320 CDIが日本で発売されたのは2006年。当時は他に日本で乗れるクリーンディーゼル車は皆無だっただけに、それは本当に衝撃的なトルクと燃費であり、ガソリンエンジンの高級車に乗るのがバクテリア並みのアホに思えた。

ディーゼルらしきカラカラ音はほとんどまったく聴こえないし、排気もまるでキレイに見える。弊社スタッフのマリオ二等兵はこのクルマを存分に試乗した後、次のように報告している。

マリオ二等兵「マフラーに口を近づけ排ガスを思いっきり吸入させていただきましたが、ウワサ通り、臭くない! これなら吸える! と確信しました! 正確に計測したワケではありませんが、一気に吸入してもせきこむこともなく、体に悪い物質が少ない! ということは体で確かめることができました!」

実は当時のE320 CDIはユーロ4適合に過ぎず、窒素酸化物は現在比でかなりドバドバ出ていたはずだ。それこそフォルクスワーゲンの不正ディーゼル車並みかそれ以上出ていたと思われるが、窒素酸化物は無味無臭につき、マリオ二等兵には検知できなかったようだ。私にもできないが。

「E320 CDI」のエンジン。そのトルクと燃費には、衝撃を覚えた。

 


	「E320 CDI」のエンジン。そのトルクと燃費には、衝撃を覚えた。

	 
	拡大
マリオ二等兵が「これなら吸える!」と確信したところで、世間的な判断基準としては実に微妙ではある。
マリオ二等兵が「これなら吸える!」と確信したところで、世間的な判断基準としては実に微妙ではある。 拡大

ゲタ車の常識通用せず

このE320 CDIで中部・関西の史跡巡り取材に遠征した際は、そのあまりの快適性と低燃費に心底打ちのめされた。あんだけ気持ちよく飛ばして16km/リッターかよ! と。しかし、「こんだけ高けりゃな」というのもまた事実であった。

もちろん、希望はあった。クルマには中古車という裏技、いや王道がある。待てば海路の日和あり。中古になってもあんまり値段が下がらないのはフェラーリ様くらいで、ゲタ車はどんな高級車も下がる。いや高級車ほどドカンと下がる。「Sクラス」なんざ鬼のように下がる。10年で10分の1以下になる。値段が下がれば吉兆のお弁当だって毎日食ってOK。それが高度資本主義社会である。

が、しかしE320 CDIは下がらなかった。私のようにコレの中古を狙うカーマニアが多数存在していたのであろう(推測)。需要があれば価格は下がらない。それもまた高度資本主義社会の法則である。

2009年当時はまだ、最安でも500万円くらいしていた……ような記憶がある。しかもその最安車、走行距離は10万kmオーバー! 10万kmオーバーで500万円けぇ!

いや、耐久性に富むディーゼル車にとって10万kmなんざ序の口なのだろうが、でもやっぱり10万kmに500万円はイカン。それはそれで贅沢の極み! 贅沢は不倶戴天(ふぐたいてん)の敵だ! フェラーリ様を除いては。

(文と写真=清水草一)

 

桶狭間古戦場跡の脇にたたずむ「E320 CDI」。


	桶狭間古戦場跡の脇にたたずむ「E320 CDI」。
	拡大
大阪城を見つめる豊臣秀吉像。贅沢は身を滅ぼす。
大阪城を見つめる豊臣秀吉像。贅沢は身を滅ぼす。 拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。