アウディが「TT」と「TTS」の限定モデルを発売

2016.08.23 自動車ニュース
「アウディTTクーペ1.8 TFSI 1st edition」
「アウディTTクーペ1.8 TFSI 1st edition」 拡大

アウディ ジャパンは2016年8月23日、「アウディTT」シリーズに2種の限定モデル「TTクーペ1.8 TFSI 1st edition」と「TTSクーペ urban sport limited」を設定し、販売を開始した。

「TTクーペ1.8 TFSI 1st edition」のリアビュー。
「TTクーペ1.8 TFSI 1st edition」のリアビュー。 拡大
「TTSクーペ urban sport limited」
「TTSクーペ urban sport limited」 拡大

今回のTTクーペ1.8 TFSI 1st editionは、アウディTTの新たなエントリーモデルとなる「TTクーペ1.8 TFSI」の導入を記念する特別仕様車。

パワートレインは1.8リッター直4ターボエンジンと7段Sトロニックの組み合わせで、通常は設定のないS lineエクステリアパッケージ(専用バンパー、ラジエーターグリル、リアディフューザー、ドアシルトリム、エクステリアロゴ)のほか、LEDヘッドライト、10スポークデザイン18インチアルミホイール、先進安全機能アシスタンスパッケージが備わる。

価格は、TTクーペ1.8 TFSIより31万円高の500万円。180台限定で販売される。

一方、TTSクーペ urban sport limitedは110台の限定販売となる。同車は、最高出力286ps、最大トルク38.7kgmを発生する2リッター直4ターボエンジンを搭載するモデルで、トランスミッションは6段Sトロニック、駆動方式は4WD。

特別装備として、5Vスポークデザイン20インチアルミホイール、 カラードキャリパーレッド、ファインナッパレザーSロゴ、エクステンドレザーパッケージ、Bang&Olufsenサウンドシステム、プライバシーガラス、アシスタンスパッケージが与えられる。

ボディーカラーはグレイシアホワイトメタリック、ミトスブラックメタリックのほか、2015年の東京モーターショーに参考展示された“exclusiveカラー”であるノガロブルー(26万円の有償色)が選べる。

価格は827万円。

(webCG)

関連キーワード:
TTSクーペ, TTクーペ, アウディ, 自動車ニュース

アウディ TTSクーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディTT RSクーペ 2020.12.28 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> スーパーカー顔負けのパフォーマンスを誇る「アウディTT RSクーペ」が、極めて優れたスプリンターなのは間違いない。そして、そのステアリングを握ったドライバーは、アウディが長年培ってきた情熱と個性にも心を動かされることだろう。
  • フォルクスワーゲン・パサート オールトラックTDI 4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2021.5.8 試乗記 マイナーチェンジを受けたフォルクスワーゲンのクロスオーバー「パサート オールトラック」に試乗。パワートレインの改良や最新世代の運転支援システムの採用で、地味で実直なそのキャラクターはいかなる進化を果たしたのか?
  • アウディRS Q8(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.7 試乗記 全長5m、全幅2mという巨大なボディーに、圧倒的なパワーを発する4リッターV8ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS Q8」。重厚長大という言葉を地でいく巨大で豪速なハイパフォーマンスSUVは、得も言われぬ“勝ち組”感に包まれていた。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.1 試乗記 「アウディRS 5クーペ」は、世界初の市販フルタイム4WD車「アウディ・クワトロ」の直系ともいうべきモデル。最高出力450PSのパワーユニットと40年にわたって磨きをかけられた4WDシャシーが織りなす走りを、ワインディングロードで味わった。
  • アウディQ5 40 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.30 試乗記 アウディのミドルクラスSUV「Q5」がマイナーチェンジ。広範にわたる改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? エンジンが刷新されたディーゼルモデル「40 TDIクワトロ」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る