トヨタ店の70周年を祝う特別な「トヨタ・クラウン」が登場

2016.08.29 自動車ニュース
「トヨタ・クラウン アスリートS-T“J-FRONTIER”」
「トヨタ・クラウン アスリートS-T“J-FRONTIER”」 拡大

トヨタ自動車は2016年8月29日、4ドアセダン「クラウン アスリート」および「クラウン マジェスタ」に特別仕様車「J-FRONTIER」を設定し、販売を開始した。

クラウン アスリートS-T“J-FRONTIER”」のインストゥルメントパネルまわり。


	「クラウン アスリートS-T“J-FRONTIER”」のインストゥルメントパネルまわり。
	拡大
クラウン アスリートS-T“J-FRONTIER”」のシート。
「クラウン アスリートS-T“J-FRONTIER”」のシート。 拡大
クラウン マジェスタ“Fバージョン・J-FRONTIER”」
「クラウン マジェスタ“Fバージョン・J-FRONTIER”」 拡大
クラウン マジェスタ“Fバージョン・J-FRONTIER”」のインストゥルメントパネルまわり。
「クラウン マジェスタ“Fバージョン・J-FRONTIER”」のインストゥルメントパネルまわり。 拡大
クラウン マジェスタ“Fバージョン・J-FRONTIER”」のシート。
「クラウン マジェスタ“Fバージョン・J-FRONTIER”」のシート。 拡大

■レイヤーウッドのステアリングホイールなどを特別装備

今回の特別仕様車は、トヨタの販売店のひとつである、1946年に設立されたトヨタ店の70周年を記念して設定されたもので、「アスリートS-T」「アスリートS」「アスリートS Four」「マジェスタ」「マジェスタFour」をベースに、職人の手作業によって仕上げられたレイヤーウッドのステアリングホイールなどが特別装備される。

各モデルの特別装備と価格は以下の通り。

【アスリートS-T/アスリートS/アスリートS Four】
外装色:ホワイトパールクリスタルシャインほか全6色、および「JAPAN COLOR SELECTION PACKAGE」(全12色)
内装色:モスグレー(特別設定色)
特別装備:フロントグリル&リアライセンスガーニッシュ(サテンメッキ仕様)/本革巻き4本スポークステアリングホイール(ブラックレイヤーウッド<本木目>)/ウルトラスエード×本革シート表皮

価格
・アスリートS-T“J-FRONTIER”:475万7400円
・アスリートS“J-FRONTIER”:520万0200円
・アスリートS Four“J-FRONTIER”:541万6200円

【マジェスタ/マジェスタFour】
外装色:ホワイトパールクリスタルシャインほか全6色
内装色:スモーキーブラウン(特別設定色)
特別装備:本革巻き4本スポークステアリングホイール(ブラウンレイヤーウッド<本木目>)/プレミアムナッパ本革シート表皮/マジェスタ“Fバージョン”装備(マジェスタのみ)

価格
・マジェスタ“Fバージョン・J-FRONTIER”:714万9600円
・マジェスタFour“J-FRONTIER”:673万9200円

■一部改良で運転支援システムを全車標準装備

同時に「クラウン ロイヤル」、クラウン アスリート、クラウン マジェスタの全モデルに一部改良を実施。ミリ波レーダーと単眼カメラを用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense P」を全車標準装備とした。

価格は以下の通り。
・クラウン ロイヤル:381万2400円~598万8600円
・クラウン アスリート:396万3600円~618万3000円
・クラウン マジェスタ:642万6000円~598万7600円

(webCG)
 

関連キーワード:
クラウン アスリート, クラウン マジェスタ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • Chapter 2 Product Overview 2019.7.19 最新のクラウンが魅せるエレガントな世界<PR> 1955年の誕生以来、最高品質のセダンとして地位を築いてきた「トヨタ・クラウン」。15代目となる最新型には、どんな技術と工夫、そして装備が盛り込まれているのか? 発売間もない特別仕様車も合わせ、その見どころを紹介する。
  • Chapter 1 Driving Impression 2019.7.19 最新のクラウンが魅せるエレガントな世界<PR> 最新の「トヨタ・クラウン」に、初の特別仕様車となるS“Elegance Style”が登場。伝統と革新のセダンに新たな価値を加えるという、その質感や乗り味について、モータージャーナリスト藤島知子が語る。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG/ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(後編)【試乗記】 2019.7.30 試乗記 1990年代半ばのデビューからの浮沈の歴史が、面白いように似ている「トヨタRAV4」と「ホンダCR-V」。比較試乗記の後編となる今回は、ハイブリッドパワートレインの出来栄えに加えて、細かなユーティリティー性能をチェックする。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • 三菱がコンパクトSUV「RVR」を改良 「ダイナミックシールド」を用いたフロントフェイスを採用 2019.8.22 自動車ニュース 三菱自動車は2019年8月22日、コンパクトSUV「RVR」のフロントおよびリアデザインを変更するとともに一部改良を施し、同日、販売を開始した。三菱のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を用いた顔つきが特徴である。
ホームへ戻る