トヨタ店の70周年を祝う特別な「トヨタ・クラウン」が登場

2016.08.29 自動車ニュース
「トヨタ・クラウン アスリートS-T“J-FRONTIER”」
「トヨタ・クラウン アスリートS-T“J-FRONTIER”」 拡大

トヨタ自動車は2016年8月29日、4ドアセダン「クラウン アスリート」および「クラウン マジェスタ」に特別仕様車「J-FRONTIER」を設定し、販売を開始した。

クラウン アスリートS-T“J-FRONTIER”」のインストゥルメントパネルまわり。


	「クラウン アスリートS-T“J-FRONTIER”」のインストゥルメントパネルまわり。
	拡大
クラウン アスリートS-T“J-FRONTIER”」のシート。
「クラウン アスリートS-T“J-FRONTIER”」のシート。 拡大
クラウン マジェスタ“Fバージョン・J-FRONTIER”」
「クラウン マジェスタ“Fバージョン・J-FRONTIER”」 拡大
クラウン マジェスタ“Fバージョン・J-FRONTIER”」のインストゥルメントパネルまわり。
「クラウン マジェスタ“Fバージョン・J-FRONTIER”」のインストゥルメントパネルまわり。 拡大
クラウン マジェスタ“Fバージョン・J-FRONTIER”」のシート。
「クラウン マジェスタ“Fバージョン・J-FRONTIER”」のシート。 拡大

■レイヤーウッドのステアリングホイールなどを特別装備

今回の特別仕様車は、トヨタの販売店のひとつである、1946年に設立されたトヨタ店の70周年を記念して設定されたもので、「アスリートS-T」「アスリートS」「アスリートS Four」「マジェスタ」「マジェスタFour」をベースに、職人の手作業によって仕上げられたレイヤーウッドのステアリングホイールなどが特別装備される。

各モデルの特別装備と価格は以下の通り。

【アスリートS-T/アスリートS/アスリートS Four】
外装色:ホワイトパールクリスタルシャインほか全6色、および「JAPAN COLOR SELECTION PACKAGE」(全12色)
内装色:モスグレー(特別設定色)
特別装備:フロントグリル&リアライセンスガーニッシュ(サテンメッキ仕様)/本革巻き4本スポークステアリングホイール(ブラックレイヤーウッド<本木目>)/ウルトラスエード×本革シート表皮

価格
・アスリートS-T“J-FRONTIER”:475万7400円
・アスリートS“J-FRONTIER”:520万0200円
・アスリートS Four“J-FRONTIER”:541万6200円

【マジェスタ/マジェスタFour】
外装色:ホワイトパールクリスタルシャインほか全6色
内装色:スモーキーブラウン(特別設定色)
特別装備:本革巻き4本スポークステアリングホイール(ブラウンレイヤーウッド<本木目>)/プレミアムナッパ本革シート表皮/マジェスタ“Fバージョン”装備(マジェスタのみ)

価格
・マジェスタ“Fバージョン・J-FRONTIER”:714万9600円
・マジェスタFour“J-FRONTIER”:673万9200円

■一部改良で運転支援システムを全車標準装備

同時に「クラウン ロイヤル」、クラウン アスリート、クラウン マジェスタの全モデルに一部改良を実施。ミリ波レーダーと単眼カメラを用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense P」を全車標準装備とした。

価格は以下の通り。
・クラウン ロイヤル:381万2400円~598万8600円
・クラウン アスリート:396万3600円~618万3000円
・クラウン マジェスタ:642万6000円~598万7600円

(webCG)
 

関連キーワード:
クラウン アスリート, クラウン マジェスタ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回 オール オッズ ナショナルズ & 第5回 クラウン クラシックス リユニオン at 豊洲」の会場から 2019.9.13 画像・写真 アメリカ西海岸風にカスタマイズされたクルマと、古い「クラウン」のオーナーミーティングが同時開催。展示車両の中から、リポーターの印象に残ったクルマを写真で紹介する。
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(FF/CVT)【試乗記】 2021.2.8 試乗記 2020年秋に実施された「スバル・インプレッサスポーツ」の一部改良にあわせ、ラインナップに加わった「STI Sport」。ワインディングロードを舞台に、STIが新たにFFモデルで手がけたチューニングレシピを味わった。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」のV8モデルに試乗。大きく変わった内外装デザインと、リアトレッド拡大やドライブモードの追加で磨きのかかった走りを中心に“元祖ラグジュアリーSUV”の進化を確かめた。
  • マツダ3セダンX Lパッケージ/マツダ3ファストバックXD Lパッケージ【試乗記】 2021.2.10 試乗記 マツダのCセグメントハッチバック/セダン「マツダ3」が、発売から1年半を経て初の商品改良を受けた。外見は(ほぼ)そのままに中身を磨き上げたという今回の改良は、クルマにどのような進化をもたらしたのか? 開発者から聞いた“狙い”とともに報告する。
  • アウディRS 6アバント 2021.2.15 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 最高出力600PS、最大トルク800N・mのV8ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS 6アバント」は単なる高性能マシンではない。ひとたび手綱を緩めてやればその奥底に流れる血が騒ぐ。ラリーウエポンのれっきとした末裔(まつえい)であることをすぐに感じ取れることだろう。
ホームへ戻る