クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第466回:イタリアのスーパーで三菱のクルマが景品になってるぞ!!

2016.09.09 マッキナ あらモーダ!

ツナ缶買って「イプシロン」をもらおう

筆者が中学生だった1982年、日産で新型車の車名募集があった。その前年の1981年に東京モーターショーで公開された、1000ccの小型車「NX-018」に名前をつけてください、という企画だった。
特賞として、その市販版がもらえるという。1000ccにひっかけて「千尋(チヒロ)」とか「千太(センタ)」とか、奇抜なアイデアばかりハガキにしたためて何枚も応募した。

結果発表の当日は、在京民放局で日産提供の特別番組が組まれた。ボクは家のテレビの前に正座し、進行を見守った。結局のところそのクルマは、ボクがまったく思いつかなかった「マーチ」という名になった。
それでも、車名を考えているときは「免許もないのに当たっちゃったら、どうしよう!?」などと、本気で心配をしたものだ。

そして、いまでもイタリアでマーチ(イタリアでは「ミクラ」)を目撃するたび、「あれはマーチではない!」と心の中で叫ぶ自分がいる。

クルマが当たる懸賞といえば、イタリアに住み始めた1990年代後半、こちらでは、「リオマーレ」というツナ缶で「『ランチア・イプシロン』(初代)が当たる」というキャンペーンが繰り広げられていた。黄色いヒレをもつキハダマグロにかけて、景品のイプシロンはイエローであった。

当時街中には、この黄色いランチアがよく走っていた。実際はカタログカラーのひとつであったのだが、見かけるたびボクは「ツナ缶で当たったの?」と運転席をのぞいてしまったものだ。今もツナ缶は商品としてしっかり残っており、スーパーで見るたび「黄色いランチア」を思い出す。

初代「日産マーチ」(1982年)。マーチの名は一般公募で決まった。
初代「日産マーチ」(1982年)。マーチの名は一般公募で決まった。 拡大
2016年9月現在、イタリアのリサイクルショップチェーン「イル・メルカティーノ」が展開しているキャンペーン。特賞の電気自動車「ルノー・トゥイジー」で、エコな雰囲気を盛り上げる。
2016年9月現在、イタリアのリサイクルショップチェーン「イル・メルカティーノ」が展開しているキャンペーン。特賞の電気自動車「ルノー・トゥイジー」で、エコな雰囲気を盛り上げる。 拡大
残念ながら、景品になっていたイエローの車両の画像ではないが、2代目「ランチア・イプシロン」。
残念ながら、景品になっていたイエローの車両の画像ではないが、2代目「ランチア・イプシロン」。 拡大
ドイツ系ディスカウントスーパー「リデル」の新聞告知。賞品は「BMW 1シリーズ」である。
ドイツ系ディスカウントスーパー「リデル」の新聞告知。賞品は「BMW 1シリーズ」である。 拡大

一番人気は「フィアット500」

ところで昨今、イタリアにおける「懸賞として自動車が当たる商品」には、どのようなものがあるだろうか。

すでにキャンペーンが終わってしまったものや、イタリアで外資系企業が展開しているものも含め、以下の通り挙げてみよう。左がキャンペーン対象の商品名、右が景品となるクルマである。

・高級スナック菓子「マティルデ・ヴィチェンツィ」:フィアット500
・家電「エレクトロラックス」:フィアット500
・卵「マイア」:フィアット500
・鶏肉関連食品「アイア」:ジープ・レネゲード
・洗剤「アクア&サポーネ」:フィアット500X
・ティッシュペーパー「テンポ」:フォルクスワーゲン・ビートル カブリオレ
・トイレ洗剤「WCネット」:ランチア・イプシロン

ご覧のように、フィアット500系は、自動車市場における人気を反映して、景品として採用される頻度が高い。

日本車もたびたび景品となっている。例えば先日は、「『トヨタ・ヴァーソ』(トヨタの海外仕様ミニバン)が当たる」という牛乳のキャンペーンを発見した。面白いので思わず買ってみたものの、小学生以来牛乳が苦手な筆者は、わが家の冷蔵庫の中にそっと放置しておいた。
数日後、ヴァーソが刷られたパッケージが消えていたので女房に問いただせば、よくしたもので「ココナツミルクの代わりに、カレーに混ぜて使ってしまった」という。いやはや、うっかり苦手なモノを摂取してしまった。

「チョコレートを食べて『フィアット500』を当てよう」というキャンペーンの、店頭用ポップ。
「チョコレートを食べて『フィアット500』を当てよう」というキャンペーンの、店頭用ポップ。 拡大
ドイツ系ディスカウントスーパー「ペニーマーケット」が以前展開していたもの。30ユーロの買い物+対象商品1点の購入で、「トヨタ・ヤリス」(日本名「ヴィッツ」)のハイブリッド車が当たる、抽選の権利が獲得できる。賞品の数は20台。
ドイツ系ディスカウントスーパー「ペニーマーケット」が以前展開していたもの。30ユーロの買い物+対象商品1点の購入で、「トヨタ・ヤリス」(日本名「ヴィッツ」)のハイブリッド車が当たる、抽選の権利が獲得できる。賞品の数は20台。 拡大
乳業メーカー「グラナローロ」が2016年9月現在展開中の懸賞。賞品は「トヨタ・ヴァーソ」2台。
乳業メーカー「グラナローロ」が2016年9月現在展開中の懸賞。賞品は「トヨタ・ヴァーソ」2台。 拡大

三菱やピニンファリーナも

この夏、近所のディスカウント系スーパーマーケットで見かけたキャンペーンは、三菱の「スペーススター」(「ミラージュ」の欧州版)が当たるというものだった。

イタリアでは昨今の燃費不正問題は、それなりの自動車関係者でもない限り知らない。それどころか三菱に対するイメージは、「パジェロ」のおかげで決して悪くない。それを反映したものかどうかは知らないが、華やかな懸賞のポスターを見ていると、昨今の日本での状況を知るだけに複雑な心境になってしまう。

景品でもうひとつ思い出すのは、2001年に石油のエッソがイタリアで展開したキャンペーンである。「顧客カードのポイントをためると、ピニンファリーナのマウンテンバイクが漏れなくもらえる」というものだった。
必要ポイント数はボクなどが到底ためられないほど多かったと記憶している。だが、通勤やレジャーで自動車を多く使うイタリア人には、それほど高いハードルでなかったらしい。ボクの周辺でももらった人が複数いたものだ。

自転車に詳しい人に言わせると、それは「かなりプアなスペック」であったらしい。ところがどっこい、15年たった今日でも、その緑色のフレームを持ったマウンテンバイクを時折見かける。物持ちが良いイタリア人のおかげで、クオリティーはそこそこでも生き延びてしまったところがあっぱれである。

ついでにイタリアのネットオークションを調べてみると、最高270ユーロもの値段がつけられて出品されているではないか。イタリアにおける「キング・オブ・自動車関連景品」である。

(文=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>、日産自動車、FCA)

ドイツ系ディスカウントスーパー「ペニーマーケット」が2016年7月に実施したキャンペーン。賞品は「三菱スペーススター」(日本名:「ミラージュ」)だった。顧客カードで20ユーロ以上の買い物をした人が対象。
ドイツ系ディスカウントスーパー「ペニーマーケット」が2016年7月に実施したキャンペーン。賞品は「三菱スペーススター」(日本名:「ミラージュ」)だった。顧客カードで20ユーロ以上の買い物をした人が対象。 拡大
2001年にエッソのポイント景品だったピニンファリーナデザインのマウンテンバイク(写真手前)。
2001年にエッソのポイント景品だったピニンファリーナデザインのマウンテンバイク(写真手前)。 拡大
ピニンファリーナデザインのマウンテンバイクは、15年経過した今でも、現役で使われている姿をたびたび見かける。
ピニンファリーナデザインのマウンテンバイクは、15年経過した今でも、現役で使われている姿をたびたび見かける。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。