【パリモーターショー2016】ポルシェ、新型「パナメーラ」のPHEVをお披露目

2016.09.30 自動車ニュース
「ポルシェ・パナメーラ4 E-ハイブリッド」と独ポルシェのオリバー・ブルーメ会長。
「ポルシェ・パナメーラ4 E-ハイブリッド」と独ポルシェのオリバー・ブルーメ会長。 拡大

独ポルシェは2016年9月29日、パリモーターショー2016において、プラグインハイブリッド車の「パナメーラ4 E-ハイブリッド」とレーシングカー「911 GT3カップ」を発表した。

プレスカンファレンスで登壇するオリバー・ブルーメ会長。「パナメーラ4 E-ハイブリッド」はすでに概要が発表されており、日本では2016年10月11日に予約受け付けが開始される。価格は1407万円
プレスカンファレンスで登壇するオリバー・ブルーメ会長。「パナメーラ4 E-ハイブリッド」はすでに概要が発表されており、日本では2016年10月11日に予約受け付けが開始される。価格は1407万円。 拡大
「911 GT3カップ」
「911 GT3カップ」 拡大

今回のパナメーラ4 E-ハイブリッドは、2016年4月にデビューした新型「パナメーラ」のプラグインハイブリッドモデルである。パワーユニットは最高出力330ps、最大トルク45.9kgmを発生する2.9リッターV6ツインターボエンジンと、最高出力136ps、最大トルク40.8kgmの電動モーターの組み合わせで、システム全体では462psの最高出力と71.4kgmの最大トルクを発生。0-100km/h加速は4.6秒、最高速は278km/hという動力性能を実現している。

また、先代モデルより蓄電量の増したリチウムイオンバッテリーにより。新欧州ドライビングサイクルによる計測で50kmの一充電走行距離を達成。燃料消費量は2.5リッター/100km(40.0km/リッター)、電力使用量は15.9 kWh/100 kmと公称されている。

一方の911 GT3カップは、ポルシェが主催するワンメイクレース用の競技車両として、ポルシェ モータースポーツによって開発されたGTレーシングカーである。車両重量は1200kg。吸排気の双方に可変カムシャフトコントロールを備えた4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンは485psの最高出力を発生する。

(webCG)
 

関連キーワード:
911, パナメーラ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ 911 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.5.13 試乗記 2.5リッターターボから4リッターの自然吸気へとエンジンが変更された「ポルシェ718ボクスター/ケイマンGTS」。まさかの“アップサイジング”を図ったポルシェの思惑とは? 新エンジンを得た新型GTSの走りとともに、ポルトガル・エストリルより報告する。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る