【パリモーターショー2016】日本勢はニューモデルラッシュ!(日本車編その2)

2016.10.04 自動車ニュース
新型「日産マイクラ」と日産自動車のカルロス・ゴーン社長。
新型「日産マイクラ」と日産自動車のカルロス・ゴーン社長。 拡大

モータースポーツにSUV、コンパクトカー、最新エンジンと、パリモーターショーでの日本車の話題はバラエティーに富んでいる。日産ブースの主役はコンパクトカー。新型「マイクラ」が主役を務めた。果たしてこの新型は、次期「マーチ」そのものなのだろうか? スズキやいすゞなども併せてリポートする。

ステージには色とりどりの新型「日産マイクラ」が並んだ(写真=日産自動車)。
ステージには色とりどりの新型「日産マイクラ」が並んだ(写真=日産自動車)。 拡大
世界初の量産型可変圧縮比ターボエンジン「VC-T」(左)。向こうに見えるのは、コンセプトカーの「インフィニティQXスポーツインスピレーション」。
世界初の量産型可変圧縮比ターボエンジン「VC-T」(左)。向こうに見えるのは、コンセプトカーの「インフィニティQXスポーツインスピレーション」。 拡大
「スズキ・イグニス」
「スズキ・イグニス」 拡大
いすゞはピックアップトラック「D-MAX」をお披露目した。
いすゞはピックアップトラック「D-MAX」をお披露目した。 拡大
京都のEVベンチャー企業であるGLMがコンセプトカーの「G4」を世界初公開した。
京都のEVベンチャー企業であるGLMがコンセプトカーの「G4」を世界初公開した。 拡大

■日産が新型「マイクラ」をお披露目

日産からは新型マイクラがデビューした。欧州市場にターゲットを絞ったようで、車体寸法が広げられ、日本でいう5ナンバー枠をオーバー。先進運転支援機能を数多く採用している。また、生産は欧州のルノーの工場となる。アジア向けのマーチの扱いがどうなるのかというアナウンスはなかった。日本にそのまま来るのか、それとも来ないのか? 今後の日産の発表を待ちたい。

日産の高級ブランド、インフィニティのプレスカンファレンスでは、1基のターボエンジンがステージ中央に置かれた。それが圧縮比を運転中に変更可能とする「VC-T」エンジンだ。

クランクシャフトとピストン/コンロッドの間に可変の機構を追加することで、圧縮比を8.1から14.1まで連続的に変化させることができる。これにより省燃費と高出力という、2つの特性をひとつのエンジンで両立することが可能となるのだ。今回は、そのエンジンを搭載するコンセプトカー「QXスポーツインスピレーション」が登場して、新エンジンの発表に華を添えた。

■スズキ、欧州でも「イグニス」の発売開始

スズキは「イグニス」を欧州でデビューさせた。搭載するマイルドハイブリッドは「SHVS(Smart Hybrid Vehicle by Suzuki)」と名付けられた。欧州での発売は2017年1月。同時に、内外装を変更した「SX4 Sクロス」のマイナーチェンジモデルも発表となった。

一方、いすゞはアセアンなどで人気を誇るピックアップトラックの「D-MAX」を欧州で初披露。創業100周年を記念するブースにクルマが飾られていた。

■京都のGLMが欧州デビュー

GLMが新しいコンセプトカーの「G4」を世界初公開した。GLMとは京都大学のプロジェクトから生まれたEVベンチャーだ。これまで往年のスポーツカーである「トミーカイラZZ」をEVとして再生させ、2016年春より量産をスタートさせている。その次なるプロジェクトが世界市場へ向けたG4だという。ユニークな4ドアを持つ4シーターEVは、最高出力400kW(544ps)で航続距離は400km。3年以内の発売を目指すという。

(文と写真=鈴木ケンイチ)

関連キーワード:
マーチ, イグニス, 日産, スズキ, パリモーターショー2016, ホンダ, シビック, 自動車ニュース

日産 マーチ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.9.15 試乗記 オーテックジャパンの創立30周年を記念した、30台の限定モデル「マーチ ボレロA30」に試乗。オーテックの匠(たくみ)が手がけた“手作りの自動車”の出来栄えやいかに? 専用チューニングの足まわりとエンジンが織り成す走りをリポートする。
  • スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.22 試乗記 「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2021.2.5 試乗記 欧州のライバルとFF車世界最速争いを繰り広げる「ホンダ・シビック タイプR」が、マイナーチェンジを受けた。派手ではないが、ツウをうならせる改良が施された“現行最終型”の出来栄えやいかに? 進化したその走りを報告する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2021.2.6 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」が5代目に進化。ルノー“らしい”定評のある走りは健在なのか。そしてルノー“らしからぬ”先進装備の仕上がり具合はどんなものか。最上級グレード「インテンス テックパック」で試した。
  • フェラーリF8スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2021.2.2 試乗記 フェラーリから「F8トリブート」のオープントップバージョンにあたる「F8スパイダー」が登場。ミドシップフェラーリならではの圧倒的なパフォーマンスと、オープンエアモータリングの心地よさを併せ持つ、希有(けう)な一台の魅力に触れた。
ホームへ戻る