【パリモーターショー2016】2台のワールドプレミアを用意したフェラーリ

2016.10.05 自動車ニュース
3.9リッターV8ターボエンジン搭載の「フェラーリGTC4ルッソT」が登場。
3.9リッターV8ターボエンジン搭載の「フェラーリGTC4ルッソT」が登場。 拡大

2016年のパリモーターショーには、フィアットをはじめ、アルファ・ロメオやアバルト、マセラティにフェラーリと、数多くのイタリアンブランドが出展した。ただし、ランボルギーニは出展を見送り、また、プレスカンファレンスを行ったのはフェラーリ1社だけという寂しいものであった。その代わりといってはなんだが、フェラーリは2台のワールドプレミアを用意したのだ。

アンベールを待つフェラーリブースのクルマたち。
アンベールを待つフェラーリブースのクルマたち。 拡大
フェラーリの創設70周年を記念する限定モデル「ラ・フェラーリ・アペルタ」。
フェラーリの創設70周年を記念する限定モデル「ラ・フェラーリ・アペルタ」。 拡大
「フェラーリ488スパイダー“ザ・グリーン・ジュエル”」
「フェラーリ488スパイダー“ザ・グリーン・ジュエル”」 拡大

■V8ターボ搭載の「GTC4ルッソT」が登場

ひとつはフェラーリの4座モデルとしては初めてV8エンジンを搭載する「GTC4ルッソT」だ。搭載されるエンジンは3.9リッターのV8ターボで、最高出力は610ps、最大トルクは760Nm(77.5kgm)を誇る。また、後輪駆動とすることで車重が軽くなっており、加えて4WS(四輪操舵)の採用によって素晴らしい運動性能を実現するという。日常の通勤から、サーキット走行までをこなす万能選手とうたわれている。

もうひとつのワールドプレミアは、「ラ・フェラーリ」のオープンモデルとなる「ラ・フェラーリ・アペルタ」だ。このモデルは、同社の創設70周年を記念する限定モデルとなる。特徴となるルーフは、ソフトトップとオプションのカーボントップの2つを用意。パワーユニットは6.3リッターV12エンジンとモーターからなるハイブリッドで、システム全体の総出力は963psを誇る。

また、70周年を記念して、70種類のカラーリングバリエーションが発表され、ショー会場でも、その一部が紹介された。珍しいブリティッシュグリーンのフェラーリは、「488スパイダー“ザ・グリーン・ジュエル”」。1960年代に活躍した、英国のレーシングチームのデイヴィッド・パイパー・レーシングにちなむという。

(文と写真=鈴木ケンイチ)

関連キーワード:
GTC4ルッソ, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ GTC4ルッソ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリの新型FRクーペ「ローマ」日本デビュー 最高出力620PSのV8エンジンを搭載 2020.4.2 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2020年4月1日、東京・港区のコーンズ芝ショールームにおいてV8ツインターボエンジンを搭載する新型2+2クーペ「ローマ」を日本で初披露した。すでに受注が開始されており、納車は2021年初頭を予定しているという。
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
  • 成功のカギは“ホカン”にあり!? スーパーSUV「ランボルギーニ・ウルス」はどうしてこんなに売れるのか? 2020.8.7 デイリーコラム 3000万円級の高価格でありながら、2年で1万台という驚異的なセールスを記録したスーパーSUV「ウルス」。その成功は、単なるSUVブームによるものなのか? 容易ならざる勝利の理由を、業界の識者はこう見る。
  • ベントレーがSUV「ベンテイガ」の改良版を発表 デザインを改め利便性も向上 2020.7.1 自動車ニュース 英ベントレーは2020年6月30日、マイナーチェンジを施した、ラグジュアリーSUV「ベントレー・ベンテイガ」の最新型を発表した。内外装のデザインが手直しされたほか、コネクティビティ―をはじめとする利便性も見直されている。
ホームへ戻る