クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第12回:GT-Rノ販売台数ニ刮目セヨ!!

2016.10.11 カーマニア人間国宝への道

燃やせ! ホンダスピリット

新型「NSX」は、私が見たところ、「458ハイブリッド 容姿に恵まれないガリ勉仕様」だった! 3モーターハイブリッドという超複雑なシステムを、よくぞここまで仕上げたと感嘆するが、これを買うのはホンダファンのみだろう。

ホンダファンにもお金持ちはいるが、ホンダ神話が翳(かげ)った今、そんなにメッチャ多くはなかろう。生産規模は1日あたり8台。つまり年間200日生産して1600台。今は納車3年待ちでも、それを過ぎれば急激に受注が落ち、10年後には年100台も切るだろう。赤字ゆえに次のモデルチェンジは20~30年後(あるいは無期延期)となり、先代と似たような道を辿(たど)るのではないか?

フェラーリは年間約7000台、ポルシェは「911」だけで年間約3万台。それに対して年間たった1600台くらいという生産台数や、日本で年間100台しか売らないのに販売ディーラー数が130もあり、しかもそこではフツーに軽も売ることに対して、「本気で売る気があるのか?」という批判があるが、私はそうは思わない。

こういうのは売る気がありゃ売れるってもんじゃない! ゴージャスな専売ディーラーなんぞ造ったって付け焼き刃だし焼け石に水。買うのはホンダファンだけなんだから、軽と一緒でいいじゃないか!

ホンダはわかっているのだ。「傷は浅い方がいい」と。

とにかくスーパーカーを作る! それがホンダスピリット!
    ↓
赤字になるのは覚悟の上だ!
    ↓
でも赤字は最小限にネ。

企業として当然の選択だ。

新型「ホンダNSX」


	新型「ホンダNSX」
	拡大

初代「NSX」


	初代「NSX」
	拡大

新型「NSX」にエールを送る筆者。


	新型「NSX」にエールを送る筆者。
	拡大
筆者は、ホンダスピリットが注入された、「S660」も発表直後に購入している。
筆者は、ホンダスピリットが注入された、「S660」も発表直後に購入している。 拡大

日本が誇る戦艦大和・日産GT-R

ところで日本には、「日産GT-R」という先輩スーパーカーがある。

GT-Rは本当に素晴らしい。ウルトラ安くて世界一速いんだから! 見た目だって他のスーパーカーとは似ても似つかず、完璧に我が道を行っている。まさに日本が誇る戦艦大和! 個人的には欲しくないが。

この、何にも似ていない超オリジナルの世界最速マシン・日産GT-Rの販売動向が大変に興味深い。


(データ提供/日産自動車)

GT-Rは2007年の発表当時、「月間1000台の生産」を睨(にら)んでいた。つまり年間1万2000台だ。

これは、決して野心的すぎる計画ではなかった。なんせ777万円から買えて、性能はほぼ無敵なのだから! ポルシェ911の「年間約3万台」という実績を見れば控え目ですらある。

しかし現実は厳しかった。2年目の08年度こそそれに近い数字まで行ったが、そこから急速に落ち、近年は年間2000台程度で推移している。

評判が悪いわけじゃない。世界中で絶賛の嵐だ。チューンして1000psにすれば「ブガッティ・ヴェイロン」にだって対抗できる。まさに世界ブッチギリの超絶コストパフォーマンス!

今年の春、レーシングドライバーのミハエル・クルム選手が駆る「GT-R」に同乗した際の一枚。(写真=池之平昌信)
今年の春、レーシングドライバーのミハエル・クルム選手が駆る「GT-R」に同乗した際の一枚。(写真=池之平昌信) 拡大
「GT-R」の猛烈な加速に「うぉぉぉおおおお!!」と雄叫びをあげる筆者。(写真=池之平昌信)
「GT-R」の猛烈な加速に「うぉぉぉおおおお!!」と雄叫びをあげる筆者。(写真=池之平昌信) 拡大
「GT-R」(左)と愛車「458イタリア」(右)との加速対決。
「GT-R」(左)と愛車「458イタリア」(右)との加速対決。 拡大
写真の「GT-R」は初期型の480ps仕様で走行距離10万km。
写真の「GT-R」は初期型の480ps仕様で走行距離10万km。 拡大
「458イタリア」は「GT-R」に一度だけ勝った(1勝1敗)。が、「相手が現在の570ps仕様なら、コテンパンにやられることは確実」と筆者はみている。
「458イタリア」は「GT-R」に一度だけ勝った(1勝1敗)。が、「相手が現在の570ps仕様なら、コテンパンにやられることは確実」と筆者はみている。 拡大

国産スーパーカーの功績

GT-Rが全世界でリスペクトを受けているのは、地域別の販売実績を見てもわかる。

   (データ提供/日産自動車)

日米で多く売れているのは「やっぱり」だが、欧州でもかなり売れている。極めてブランドを重視するコンサバな地で、アメリカに迫る販売実績を上げている! これを見れば、GT-Rが新たなスーパーカー像の創造に成功したことが理解できよう。

なのに、なのになのに年間約2000~3000台。ポルシェ911の10分の1以下、フェラーリの3分の1程度しか売れず、トータルではまだ赤字だという! 涙が出るじゃないか。

これを見たら、新型NSXが年間1600台ずーっと売り続けるなど、絶対に不可能だと理解するしかない。なぜってGT-Rより遅いし、チューンだって難しいし、値段はGT-Rの2倍なのだから。

ブランド力で圧倒的に劣る国産メーカーがスーパーカーを作る場合、新型NSXや「レクサスLFA」のように、出血を最小限に抑えつつ「とにかく作った!」というヤリ逃げ狙いで行くしかないのか!?

いや、もうひとつ道がある――ような気がする。

それは、フェラーリ・イーターの大衆向けスーパーカー! つまり「スカイラインGT-R(R32)」のようなクルマをリボーンさせ、今度は世界に打って出る!! どんなに性能が良くても、富裕層はフェラーリから日本製スーパーカーに宗旨替えしたりしないのだから、なら狙うべきは大衆しかないじゃないか!!

いずれにせよ、スーパーカーを作ってくれてありがとうホンダ様、トヨタ様、そして誰よりも日産様!

(文=清水草一/写真=清水草一、池之平昌信)

 

2017年型「GT-R」と筆者。
2017年型「GT-R」と筆者。 拡大
「レクサスLFA」(写真=池之平昌信)
「レクサスLFA」(写真=池之平昌信) 拡大

「日産スカイラインGT-R(R32)」


	「日産スカイラインGT-R(R32)」
	拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。