「BMW 7シリーズ」にPHVのエントリーモデルが登場

2016.10.13 自動車ニュース
「BMW 740e iPerformance」
「BMW 740e iPerformance」 拡大

BMWジャパンは2016年10月13日、フラッグシップセダン「BMW 7シリーズ」のラインナップにプラグインハイブリッドモデル「740e iPerformance(アイパフォーマンス)」を追加し、受注を開始した。デリバリーは、同年10月下旬にスタートする。

 
「BMW 7シリーズ」にPHVのエントリーモデルが登場の画像 拡大
ハンドル位置は、右のみとなる。
ハンドル位置は、右のみとなる。 拡大
トランクルームの容量は420リッターが確保される。
トランクルームの容量は420リッターが確保される。 拡大
給電口は、左フロントフェンダー部分にレイアウトされている。
給電口は、左フロントフェンダー部分にレイアウトされている。 拡大
 
「BMW 7シリーズ」にPHVのエントリーモデルが登場の画像 拡大

2016年7月にドイツ本国で発表された、BMW 7シリーズのプラグインハイブリッドモデルが、早くも日本に導入される。

パワーユニットは、最高出力258ps/5000rpmと最大トルク40.8kgm/1550-4400rpmを発生する2リッター直4ターボエンジンと、113ps、25.5kgmのモーターを組み合わせたもの。モーターは8段ATの中に組み込まれており、システム合計で258ps、51.0kgmを発生する。
0-100km/h加速は5.4秒(ヨーロッパ仕様)と公表される。2次電池は9.2kWhのリチウムイオン電池で、140km/hまでのEV走行、最長42kmまでのEV走行を可能とする。

このリチウムイオン電池を後席の下に、ガソリンタンクを荷室の床下におさめるパッケージングにより、420リッターのラゲッジスペースを確保。さらに、収納床の後端を折りたたみ式とすることで、高さのある荷物も収納できるようにした。

200Vの普通充電対応で、200V/15Aの場合、4時間で満充電となる。走行中に充電を行うモードも用意され、これによる100%充電も可能だ。また、全国8500基の充電ステーションが無料で利用できるBMW専用の公共充電サービス「ChargeNow(チャージナウ)」が付帯されるのもセリングポイント。自宅駐車場に充電設備がなくても、充電による運用が可能となるのだ。

価格は、「740e iPerformance」が1169万円で、「740e iPerformance Mスポーツ」が1240万円。6気筒モデル「740i」の下に新たなエントリーモデルとしてプラグインプラグインハイブリッド車が設定されたことになる。ハイブリッド車の普及にかけるBMWの本気度を感じさせる新型モデルと言えるだろう。

なお、iPerformanceは、BMW iブランドの技術を採用した新世代ハイブリッド車に使われる名称で、「BMW X5 xDrive40e iPerfomance」「BMW 330e iPerformance」「BMW 225xeアクティブツアラーiPerformance」の4モデルが展開される。

(文=鈴木ケンイチ)

関連キーワード:
7シリーズ, BMW, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 740d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.3 試乗記 BMWのフラッグシップサルーン「7シリーズ」に、クリーンディーゼルと4WDシステムを搭載した「740d xDrive」が登場。新世代のドライブトレインが生み出すその走りを、東京ー群馬往復400km超のロングドライブで確かめた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディション(MR/7AT)【試乗記】 2018.8.26 試乗記 2017年に“復活”デビューするや、世界中のクルマ好きを沸かせた「アルピーヌA110」。ようやく日本に上陸した新型は、その期待を裏切らないスポーツカーならではの走りを味わわせてくれた。
  • アウディA8(4WD/8AT)/A7スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.9.24 試乗記 くしくも(?)2台そろい踏みでの日本上陸となったアウディの「A8」と「A7スポーツバック」。日本上陸が同時なら、公道試乗会も同時開催。「技術による先進」を掲げるブランドの、“ツートップ”の出来栄えやいかに!?
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • 日産GT-R50 by Italdesign(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.9.15 試乗記 「日産GT-R」とイタルデザインのコラボによって誕生した、両者の“アニバーサリーイヤー”を祝う記念モデル「GT-R50 by Italdesign」。販売台数は50台以下、価格は「おおむね90万ユーロから」という希少なGT-Rのプロトタイプを、ラグナセカで試した。
ホームへ戻る