【ジュネーブショー2017】スバル、クロスオーバーモデルの新型「XV」を世界初公開

2017.01.23 自動車ニュース

富士重工業は2017年1月23日、スイスで開催される第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)において、新型「スバルXV」を世界初公開すると発表した。

現行型のスバルXVは、「インプレッサ」とプラットフォームを共有するCセグメントのクロスオーバーモデルである。

今回、世界初公開が告知された新型XVについては、現段階ではスペックなどの詳細はアナウンスされておらず、サイドビューの一部が確認できるイラストのみが公開されている。

なお、日本では同年3月9日に先行予約受け付けが開始される予定で、スバルではオフィシャルウェブサイトの専用ページにて、情報を随時公開していくとしている。

(webCG)

→「ジュネーブショー2017」の記事をもっと見る
 

新型「スバルXV」
新型「スバルXV」拡大

関連キーワード:
XV, スバル, 自動車ニュース

スバル XV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第178回:涙が出るぜ! 不幸のポルシェ 2020.6.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第178回は「涙が出るぜ! 不幸のポルシェ」。なぜか愛車が壊れまくってしまう、不運な軍事マニアの実話。動かなくなったポルシェを大事に持っているのはなぜ? 男として、クルマ好きとして譲れない事情とは?
  • 数字が雄弁に物語る 「レクサスGS」が販売終了となる理由 2020.5.27 デイリーコラム 2020年4月にトヨタ自動車は、「レクサスGS」の特別仕様車を発表すると同時に、GSそのものを生産終了することも発表した。かねてうわさされていたGSの生産終了ではあるものの、そこにはどんな事情があったのだろうか。
  • 第177回:フェラーリの事故今昔物語 2020.5.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第177回は「フェラーリの事故今昔物語」。購入したばかりの「348GTS」の車両保険をめぐり、ある疑問が湧き起こる。事故リスクが想定外に低く算定されていたのはナゼ? 過去と現在を比べ、その背景について考察する。
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.25 試乗記 ベントレーの新たな旗艦モデルの座を担う、新型「フライングスパー」が日本上陸。最新のテクノロジーを惜しみなく投入して開発された、ラグジュアリースポーツサルーンの仕上がりをテストする。
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(FF)【試乗記】 2020.5.14 試乗記 スペック至上主義から脱却し、乗る人、使う人の“心地よさ”を重視したという新型「ホンダ・フィット」。ライバルにはないそうした開発テーマは、車両のどのような部分に表れ、またどの程度達成されているのか? SUVスタイルの「クロスター」に試乗し、確かめた。
ホームへ戻る