ベントレー・フライングスパーV8 S(前編)

2017.03.09 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「ベントレー・フライングスパーV8 S」に試乗する。全長が5.3mを超える英国の5つ星サルーンの世界を、谷口はどう表現するのだろうか?

「まるで走るVIPルームって感じ!」

まずはベントレー・フライングスパーに乗り込んだ谷口信輝の第一声をご紹介しよう。
「いやー、これはすごいね。豪華というか派手というか。まるで走るVIPルームって感じ」

ベントレーやロールス・ロイスといえば、いわゆるプレミアムカーよりさらに上級な“超高級車”。私はメルセデスやBMW、それにアウディが4つ星ホテルだとしたら、ベントレーやロールス・ロイスは5つ星ホテルに相当するとかねがね主張してきた。それだけに、私を含めた世の多くの人々にとって縁遠い存在といえるが、谷口にとってはどうなのだろうか?

「『ロールス・ロイス・レイス』には乗りましたよ。あと、ベントレー・フライングスパー。今日試乗したフライングスパーよりもひと世代前のモデルですが、友人が持っていたのでちょこちょこ乗せてもらいました。彼は僕の後輩なんですが、いわゆるいい家の出身で、フライングスパーに乗って時々ゴルフに行きました。ただし、その頃はたしか燃費が1km/リッターとか2km/リッターでしたよ」

それはひどい。もっとも、最新のフライングスパーであれば5~6km/リッターで走るのは難しくないし、高速道路だったら10km/リッターに手が届くだろう。
「ホントですか? 僕の後輩のクルマは高速道路でも燃費はあんまりよくなかったですよ。まあ、彼のフライングスパーは車高をベタベタに落として大きいタイヤを履いていたから、そういうことも燃費に影響していたのかもしれませんね」

ところで、谷口はフライングスパーのことを開口一番「走るVIPルーム」と表現したが、これはいい意味だろうか? それとも、あまりよくない意味だろうか?
「いやいや、いい意味ですよ。正直、僕の身の丈にはまったく釣り合いませんが、この車内は本当に豪華なVIPルームに来ちゃったという感じ。端的に言えば派手ですよね。きっと、高級ブランドが好きな人は、こういうのがうれしいんでしょうね」

 
ベントレー・フライングスパーV8 S(前編)の画像拡大
 
ベントレー・フライングスパーV8 S(前編)の画像拡大
 
ベントレー・フライングスパーV8 S(前編)の画像拡大
ベントレー・フライングスパーV8 S
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5315×1985×1490mm/ホイールベース:3065mm/車重:2530kg/駆動方式:4WD/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:8AT/最高出力:528ps(388kW)/6000rpm/最大トルク:69.3kgm(680Nm)/1700rpm/タイヤ:(前)275/35ZR21 (後)275/35ZR21/車両価格:2100万円
ベントレー・フライングスパーV8 S
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5315×1985×1490mm/ホイールベース:3065mm/車重:2530kg/駆動方式:4WD/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:8AT/最高出力:528ps(388kW)/6000rpm/最大トルク:69.3kgm(680Nm)/1700rpm/タイヤ:(前)275/35ZR21 (後)275/35ZR21/車両価格:2100万円拡大
 
ベントレー・フライングスパーV8 S(前編)の画像拡大

関連キーワード:
フライングスパーベントレー

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.2 試乗記 ランボやロールス、アストンなど、ラグジュアリーブランドのSUVが続々とデビューを果たした後も、「ベンテイガ」は孤高の存在であり続けられるのか? 大阪・京都へのちょっとぜいたくな旅を通して感じたのは、少し意外な“スゴさ”だった。
  • ベントレー・コンチネンタルGTファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.9 試乗記 新世代プラットフォームをもとに、一から新開発された3代目「ベントレー・コンチネンタルGT」が、いよいよデリバリー開始となった。日本導入を記念し設定された「ファーストエディション」から、その進化を確認していこう。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • アストンマーティン初のEV、車名は「ラピードE」に決定
    2018.9.12 自動車ニュース 英アストンマーティンは2018年9月12日(現地時間)、同社初のバッテリー式電気自動車の車名が「ラピードE」になり、その生産台数が155台になると発表した。ラピードEは2基のモーターを搭載し、最高出力610ps、最大トルク950Nmを発生するという。
  • ベントレー、2019年の全生産モデルが100周年記念仕様に 2018.9.10 自動車ニュース 2019年に100周年を迎えるベントレーは、2019年1月から12月までに生産される全モデルに「Centenary」と呼ぶ特別仕様を施すと発表した。エンブレムが「Centenary Gold」で縁取られるほか、新たに「1919」と「2019」の数字がBの文字の左右に加えられている。
ホームへ戻る