ホンダ、フリード他にハイブリッドを新規投入

2011.10.03 自動車ニュース

ホンダ、「インサイト」と「フリード」に新たなハイブリッドモデル投入

本田技研工業は2011年10月1日、「フリード/フリードスパイク」および「インサイト」に新たなハイブリッドモデルを追加することを明示。ティザーサイトを公開した。

同社は、今秋にもコンパクトミニバンの「フリード」とその派生モデル「フリードスパイク」に、新たに1.5リッターエンジンをベースとするハイブリッドモデルが投入する。
これまでのパワーユニットは、いずれも1.5リッターのガソリンエンジンのみ。これが初のハイブリッドモデルとなる。

同様に、1.3リッターエンジン+モーターのハイブリッドシステムを採用する「インサイト」にも、1.5リッターエンジンをベースとする「インサイト エクスクルーシブ」が追加されることになった。

ホンダのハイブリッドカーは現在、1.3リッターエンジンをベースとする「フィットハイブリッド」「フィットシャトルハイブリッド」「インサイト」の3モデルと、1.5リッターエンジンをベースとする「CR-Z」の、4モデル構成。今回追加されるパワーユニットが「CR-Z」のものと全く同一であるかは定かでないが、よりパワフルでゆとりのあるハイブリッドカーの選択肢が増えることになる。

(webCG 関)

今回公開された、「フリードハイブリッド/フリードスパイクハイブリッド」のティザーサイト。
今回公開された、「フリードハイブリッド/フリードスパイクハイブリッド」のティザーサイト。 拡大
こちらは、「ホンダ・インサイト」の新グレード。「インサイト エクスクルーシブ」という新たな車名で呼ばれるもよう。
こちらは、「ホンダ・インサイト」の新グレード。「インサイト エクスクルーシブ」という新たな車名で呼ばれるもよう。 拡大
「ホンダ・インサイト」全体図。写真は1.3リッターエンジンをベースとする既存のもの。
「ホンダ・インサイト」全体図。写真は1.3リッターエンジンをベースとする既存のもの。 拡大

関連キーワード:
インサイト, フリード, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ インサイト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・アコードEX 2020.1.23 画像・写真 本田技研工業は2020年1月23日、同年2月にデビューを予定している10代目「アコード」の概要を発表した。そのスタイリッシュなエクステリアや、コンサートホールをイメージしたというインテリアのディテールを写真で紹介する。
  • 月販たったの300台! それでも新型「アコード」を日本で売るワケ 2020.2.21 デイリーコラム スタイリッシュに生まれ変わったホンダのセダン「アコード」。しかし、国内の取り扱いグレードは1種類だけで、月あたりの販売計画はたったの300台。それでビジネスとして成り立つのか? 開発責任者に話を聞いた。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.2 試乗記 ホンダが世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化。そのシステム「トラフィックジャムパイロット」を搭載したセダン「レジェンド」の試乗を通し、現時点における世界最新の運転支援機能の実力や、既存のシステムとの違いをリポートする。
  • ホンダ・アコードEX(FF)【試乗記】 2020.4.23 試乗記 フルモデルチェンジした「ホンダ・アコード」に試乗。ハイブリッドシステム「e:HEV」や新世代プラットフォームの採用によって、走りや使い勝手はどう進化したのか? 年間50万台を売り上げるというグローバルモデルの出来栄えを、日本の道で確かめた。
  • 既存のシステムとはここがちがう! 世界初の「レベル3自動運転」を実現したホンダの挑戦 2021.4.12 デイリーコラム ホンダが「レジェンド」でレベル3の自動運転システムを実現! 彼らはなぜ、世界に先駆けて自動運転を実現できたのか? そもそも既存の運転支援システムとはどこがちがい、どのような技術が求められたのか? 開発に携わった2人のキーマンに話を聞いた。
ホームへ戻る