クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第6回:ランチア・ストラトス

勝利を義務付けられたスーパーラリーカー 2017.03.30 スーパーカークロニクル 「ストラトス」の鮮烈なスタイリングは、いまなお見る者から言葉を奪うほどのインパクトがある。しかしこのデザインは、見せるためのものではなく、ラリーを戦うために研ぎ澄まされたものであることを忘れてはならない。

カウンタックの異母兄弟

「カウンタック」とストラトス。ともにスーパーカーブーム世代のヒーローだが、これに「ミウラ」を加えた3台が、いずれもブーム時代にベスト5の常連だったことを思い出すと、あれは言い換えれば“ガンディーニ・ブーム”であった、と考えるほかない。

マルチェロ・ガンディーニ。スーパーカー少年の憧れを描き続けたカーデザイナー。ミウラからカウンタックまでの世代のランボルギーニデザインはすべて、彼がチーフデザイナーとしてベルトーネ在籍時代に手がけたものであり、ストラトスとカウンタックはほぼ同じタイミングで生まれた、いわば異母兄弟である。

そのことは、この2台、特に「カウンタックLP400」と「ストラトス ストラダーレ プロトタイプ」を並べて見比べてみれば明らかだ。微妙な弧を描くサイドラインやボディーサイドの膨らみ、前後オーバーハングの横の丸みなど、共通の言語があちらこちらに、想像していた以上に表れていて驚く。まるでカウンタックのSWB(ショートホイールベース)がストラトスのようである。

ストラトスの誕生もまた、現代の理解からすると、奇異なストーリーで紡がれている。当時、ヨーロッパの自動車メーカーがその威信を賭けて戦っていたのは、ラリー選手権だった。だから、販売現場の代理戦争となったラリーで勝利することだけを目的にクルマを造る可能性と必然性が、大メーカーにはあった。そこに自社の生産規模を保ちたいベルトーネ社がつけ込む。(得意とする)ミドシップで旋回性能の高いマシンを企画すれば、フィアットグループ、なかでも野心家チェザーレ・フィオリオのランチアチームが話に乗ってくる可能性は高い……。

かくして、カウンタックとほぼ同時期に、ガンディーニによってデザインされたミドシップカーコンセプトがランチアの“バトルマシン”として採用された。その心臓部には、フィオリオの強烈な政治力により、フェラーリ製V6エンジン(ディーノ用)が搭載されていた。

 
第6回:ランチア・ストラトスの画像拡大
 
第6回:ランチア・ストラトスの画像拡大
 
第6回:ランチア・ストラトスの画像拡大
 
第6回:ランチア・ストラトスの画像拡大
 
第6回:ランチア・ストラトスの画像拡大

勝つためのデザイン

不思議な物語は続く。ストラトスHFはまず“ラリーマシン”としてデビューした。プロトタイプクラスでラリーに参戦。熟成を重ねた後、1974~75年に市販される。「トヨタ2000GT」や、最近の「レクサスLFA」を思い出すと理解しやすい。それだけ社運を賭けたスポーツカーであったということだ。

同時期の「フィアットX1/9レーシング」(アシまわりの設計がよく似ている)や、後の「ランチアLC1」の存在を考えると、このときかのジャン・パオロ・ダラーラもストラトス熟成に深く関与したことだろう。

紆余(うよ)曲折の後、(プロトではなく)ホモロゲーションモデルとしてラリーに参戦すると、ストラトスはラリー選手権を3年連続で手に入れる。もはや無敵。しかし、それは逆に市販車両とかけ離れた存在であることを誇示するだけであった。
 
フィアットグループがワークスラリー活動をより生産車に近い形の「131アバルト」に移した後もなお、ストラトスはプライベーターの手でラリーフィールドを席巻(せっけん)し続けた。ラリー専用に生まれたマシンなのだ。ワークスの手を離れてもなお、異常なまでの戦闘能力の高さを見せつける。その姿は80年代前半まで各地のローカルラリーで見ることができたという。

取材車両は、長らく1人のオーナーの元で、ほぼオリジナルコンディションを保ち続けている貴重な一台である。とにかく、小さい。幅の広い屋根付きの「ホンダ・ビート」のよう。軽いドアを開け乗り込めば、カプセルに包み込まれているようで、意外に居心地がいい。やや中央に向いて収まる様子は、やはりレーシングカー流である。

ディーノ用V6エンジンは、同時代のV12のような気難しさはない。ギアシフトにさえ気を遣ってやれば、何の苦労もなく1tに満たない車体を存分に駆けさせる。その動きのひとつひとつが、いちいち軽やかで、クルマとの一体感がこの上なく心地いい。もちろん、ハンパな腕で調子にのったりすると、いきなり危うい状況に陥るであろうことが容易に想像できるほどのエキセントリックな雰囲気をそこかしこにちらつかせながら、ではあるけれど……。

ストラトスもまた、世の中のスーパーカーイメージとは裏腹に、パフォーマンス至上主義のミドシップ・スポーツカーであり、ガンディーニのデザインは決して奇をてらったものではなく、ただラリーで勝つための機能を描いたものだったのだ。

(文=西川 淳/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

※初出『webCG Premium』(GALAPAGOS向けコンテンツ)2011年春号(2011年4月1日ダウンロード販売開始)。再公開に当たり一部加筆・修正しました。

 
第6回:ランチア・ストラトスの画像拡大
 
第6回:ランチア・ストラトスの画像拡大
 
第6回:ランチア・ストラトスの画像拡大
 
第6回:ランチア・ストラトスの画像拡大
 
第6回:ランチア・ストラトスの画像拡大

車両データ

ランチア・ストラトス

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3710×1750×1110mm
ホイールベース:2180mm
車重:980kg
駆動方式:MR
エンジン:2.4リッターV6 DOHC 12バルブ
トランスミッション:5段MT
最高出力:190ps/7000rpm
最大トルク:23.0kgm/4000rpm
タイヤ:(前)205/70VR14/(後)205/70VR14

ランチア・ストラトス
ランチア・ストラトス拡大
 
第6回:ランチア・ストラトスの画像拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ランチア の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。