第4回:ポルシェ911カレラRS 2.7

希代の名スポーツカーのひとつの到達点 2017.03.30 スーパーカークロニクル 本来、「ポルシェ911」をスーパーカーの仲間に入れるべきではないだろう。しかしブームの真っただ中、「ロータス・ヨーロッパ」の宿敵として描かれた「ナナサンカレラ」だけは別だ。グループ4のホモロゲーションモデルの実力は、40年以上たった今もなお鮮烈だ。

どこかしゃくに触る完璧なライバル

スーパーカーブーム世代にとって、ロータス・ヨーロッパのライバルと言えば「ポルシェ911カレラRS」(1972~1973)、通称ナナサンカレラである。

ロータス・ヨーロッパを駆る主人公が、ナナサンカレラでオンリーポルシェの暴走族を率いる永遠のライバルと出会うところから、漫画『サーキットの狼』の物語は始まった。

ストーリー展開のなかで子供心に植え付けられたのは、ことあるごとに強調される、ポルシェが創り出すクルマのスポーツカーとしての由緒正しさというか、資質の高さだった。パフォーマンスでは常に時代の先頭を走り、しかもその実力はほとんどの場合、スペックが保証されているも同然。安定した性能発揮という点ではまさにジャーマンプロダクトの極みであり、イタリアンスーパーカーの出ばなをくじくに十分な存在の強さを、子供心に理解したものだ。だからこそ、どこか憎たらしかったし、しゃくにも触ったしで、その複雑な気持ちの裏返しが、主人公をいっそう応援したい感情につながったのではあるまいか。筆者だけかもしれないが……。

ポルシェ911という希代の名スポーツカーの、しかもレースホモロゲーション用(グループ4)の強力なスペシャルモデルを、主人公ではなくライバルの愛機としたところに、漫画家・池沢早人師のセンスというか、スポーツカーへの理解というか、未来への洞察力が見て取れよう。ポルシェ911の実力を知りつくし、身をもって経験していたのが、当の本人だったというわけだ。

ナナサンカレラは、今では数ある名スポーツカーのなかでも、またポルシェ911シリーズのなかでも、トップクラスのコレクターズアイテムとして高価で取引されている。近年、ナロー以前のポルシェが軒並みマーケットプライスという名の評価を上げているが、ナナサンカレラの地位は不変。「ディーノ」よりも登場がずいぶん遅かったにもかかわらず、その評価はディーノ並みか、それ以上だ。特にポルシェファナティックにとっては、911の最高にアイコニックな存在であると言っていい。 

 
第4回:ポルシェ911カレラRS 2.7の画像拡大
 
第4回:ポルシェ911カレラRS 2.7の画像拡大
 
第4回:ポルシェ911カレラRS 2.7の画像拡大
 
第4回:ポルシェ911カレラRS 2.7の画像拡大
 
第4回:ポルシェ911カレラRS 2.7の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・マカンGTS/718ケイマンGTS/911カレラGTS【試乗記】 2018.7.14 試乗記 強化されたパワーと、充実した装備を誇るポルシェ伝統の高性能グレード「GTS」。高額ながらもポルシェ各車のラインナップで人気なのは、実はお買い得だから? 成り立ちの異なる3モデルで、その走りを試した。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
  • BMW M2コンペティション/M5コンペティション【海外試乗記】 2018.8.23 試乗記 走り好きをうならせる“BMW M”のラインナップに、より動力性能を高めた2モデル「M2コンペティション」「M5コンペティション」が登場。標準モデルでも十分に高かったパフォーマンスはどのように進化したのか? その走りをスペイン・マラガから報告する。
  • ポルシェ、マイナーチェンジした「マカン」を欧州で公開 2018.10.2 自動車ニュース 独ポルシェは2018年10月2日、マイナーチェンジを行った「マカン」をパリモーターショーで欧州初公開すると発表した。LEDヘッドライトを標準装備したほか、新意匠のテールライトなどがマイナーチェンジモデルの識別点となる。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
ホームへ戻る