クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第497回:「フェアレディZ神社」も出現
欧州で“クラシックZ”の人気が上昇中!

2017.04.14 マッキナ あらモーダ!

ニッポンの名車に存在感

ドイツ北西部エッセンの街で2017年4月5日から9日まで開催された欧州最大級のヒストリックカーショー「Techno-Classica Essen(テヒノクラシカ エッセン)」に行ってきた。

29回を迎えた今年、際立っていたのは「ポルシェ911」を扱うヒストリックカー販売店の多さである。特に、“ナロー”と呼ばれる初代や希少モデルは投資対象として格好のアイテムらしい。

もうひとつ、数ではポルシェ911にかなわないが、たびたび筆者の目に止まったモデルがある。

「ダットサンZ」。日本名「日産フェアレディZ」である。

まず発見したのは、プロとアマチュアが入り交じって車両を販売している屋外展示場である。初代(S30)が2台並んで展示されていた。米国ナンバーが付いたままのオレンジの1台は、要レストア状態。もう1台の緑のクルマはフルレストア済みだ。

さらに、ガレリアと呼ばれる巨大なアーケード状の通路を訪れると、今度はフェアレディZを得意とするショップを発見した。初代と2代目(S130)が1台ずつ展示されている。2台とも米国から仕入れたものらしく、初代にはワシントン州、2代目にはアイダホ州のナンバーが付いていた。

ヒストリックカーショー「テヒノクラシカ エッセン」の会場で。2017年は1250の企業および団体と、220の愛好家クラブが出展した。
ヒストリックカーショー「テヒノクラシカ エッセン」の会場で。2017年は1250の企業および団体と、220の愛好家クラブが出展した。拡大
まずは屋外展示場の「240Z」。写真左の1973年型はワンオーナー車で、価格は2万2000ユーロ(邦貨にして257万4000円。以下、価格は1ユーロ117円で換算)。右の1971年型はフルレストア済みで6万ユーロ(702万円)。
まずは屋外展示場の「240Z」。写真左の1973年型はワンオーナー車で、価格は2万2000ユーロ(邦貨にして257万4000円。以下、価格は1ユーロ117円で換算)。右の1971年型はフルレストア済みで6万ユーロ(702万円)。拡大
上写真で紹介した1971年型「240Z」の、美しいフルレストア済みエンジン。
上写真で紹介した1971年型「240Z」の、美しいフルレストア済みエンジン。拡大
ガレリアに展示されていた1971年型「240Z」。価格は2万2500ユーロ(263万2500円)。
ガレリアに展示されていた1971年型「240Z」。価格は2万2500ユーロ(263万2500円)。拡大

古いZは産地がポイント

店の主人はオランダからやってきた人だった。接客しているのを聞いていると、ほかの多くのオランダ人業者と同じようにドイツ語、英語ともに堪能である。

名刺をもらうと「Wouw」と書かれていた。「なんと読めばいいのか?」と尋ねると、万歳のポーズをしながら「(驚いたときの)Wow!と同じだよ」と教えてくれた。筆者はとっさに、かつて「ワオ!」を連呼していたタレント・志村けんの姿を思いだしてしまったが、ともかくお客さんに覚えてもらいやすい、営業に最適な名字である。

まず気になるのは、古いダットサンZのファン層である。

ワオさんによると、扱った過去のお客さんは「下は24歳、上は50代と幅広い」という。

先に屋外会場で見たオレンジの初代といい、ワオさんの2代目といい、米国からの仕入れである。どうして?

それに対してワオさんは「オランダをはじめ、ヨーロッパの国々は雨が多いので、クルマはかなりダメージを受けている場合が多い。その点、北米、特に西海岸は気候がよく空気が乾燥しているので、クルマのコンディションがより安定しているんだよ」と教えてくれた。

このあたりは、まさに“カリフォルニアで保管されてきたクラシック・フェラーリ”と同じだ。

「ダットサンZ」に強いヒストリックカー専門ショップを営む、オランダ人のショシュ・ファン・ド・ワオさん。
「ダットサンZ」に強いヒストリックカー専門ショップを営む、オランダ人のショシュ・ファン・ド・ワオさん。拡大
1971年型「240Z」のリアビュー。
1971年型「240Z」のリアビュー。拡大
上写真と同じ「240Z」のインテリアをのぞく。その売りのひとつがレザーシート。
上写真と同じ「240Z」のインテリアをのぞく。その売りのひとつがレザーシート。拡大
会場で出会った「Z」に貼られていた、「YOKOHAMA JAPAN」の検査済みステッカー。メイド・イン・ジャパンの証しのひとつだ。
会場で出会った「Z」に貼られていた、「YOKOHAMA JAPAN」の検査済みステッカー。メイド・イン・ジャパンの証しのひとつだ。拡大

価格は現在上昇中

一番人気は、やはり初代という。「デザインが美しく、オリジナリティーが高いのが理由」だそうだ。

「クルマが大好きで、この道25年。Zは自分でも3台乗ったよ」と胸を張るワオさんは、1958年生まれで今年59歳。

「(ほかのヒストリックカーと同様に)Zも外見だけきれいにしている個体がよくあるので、要注意だ。きちんとメンテナンスしてあるかどうか見極めて選んでほしいね」とアドバイスする。

カリーヴルスト(カレー風味のソースで食べるソーセージ)で昼食を済ませ、再び会場を散策していると、ドイツにおけるダットサンZ愛好会のスタンドを発見した。

対応してくれたメンバーのロルフさんによると、メンバーが所有するZの台数は122台。

「Zのチャームポイント? 信頼性が極めて高く、エンジンのフィールも極めていいこと。それでいて、ポルシェよりもかなり手ごろな5万ユーロ(約580万円)ほどで、いいクルマが手に入る。かなりリーズナブルだよ」

ただし、昨今Zも値上がり中であるという。「中には6万ユーロ(約700万円)を超える車両も出てきたね」と証言する。実際、先に見た屋外のフルレストア済み240Zは6万ユーロだった。

こちらは2代目。価格は1万5500ユーロ(181万3500円)。
こちらは2代目。価格は1万5500ユーロ(181万3500円)。拡大
「280ZX」の内装。初代のアイデンティティーをセンターのメーターまわりに残しながらも、オーディオの操作パネルには1980年代の日産車に共通するムードが漂う。
「280ZX」の内装。初代のアイデンティティーをセンターのメーターまわりに残しながらも、オーディオの操作パネルには1980年代の日産車に共通するムードが漂う。拡大
「280ZX」のリアエンブレム。長年米国で親しまれていたDATSUNからNISSANへとブランド名を移行させるのに苦労していた、当時の様子がしのばれる。
「280ZX」のリアエンブレム。長年米国で親しまれていたDATSUNからNISSANへとブランド名を移行させるのに苦労していた、当時の様子がしのばれる。拡大
ウィンドウに貼られたシール。米国タコマのパブリックスクールや技術大学のスタッフパーキングのものが残されている。
ウィンドウに貼られたシール。米国タコマのパブリックスクールや技術大学のスタッフパーキングのものが残されている。拡大

さまざまなファンを育むZ

一方、Zの数少ない欠点はといえば、「欧州では古いパーツの入手が困難であること」だ。

「ヨーロッパにおける日産の歴史が、米国でのそれと比べて極めて短いのが理由」とロルフさんは解説する。 

参考までにいうと、日産車は1970年代、欧州各国にほそぼそと輸出されてはいたものの、欧州市場を統括する欧州日産会社および日産欧州物流会社が営業を開始したのは1990年のことである。

「販売店によっては、ダットサンZを持ち込むと『へえー、こんなモデルがあったんだ』と、しげしげと観察されてしまうんだよ」とロルフさんは笑う。

というわけで、スタンドに詰めていたほかのメンバー、エヴァさんやフランクさんと記念撮影したのが、左の写真である。よく見れば、スタンドの垂れ幕には富士山が描かれていて、その脇にある鳥居には、なんとZのエンブレムが掲げられている。Z神社である。それだけでも楽しそうなクラブだ。

ちなみに、その日は不在だったが、展示車である1980年式「280Z XT 2+2」のオーナーは民間航空会社の機長であるという。

「彼は世界中をフライトするので、仕事の合間にスペアパーツを調達してくるんだよ」とロルフさんは教えてくれた。

そういえば、前述のワオさんの展示車にもアマチュア飛行クラブの会員ステッカーが残されていた。ダットサンZには、飛行機乗りの心を打つところがあるようだ。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/編集=関 顕也)

リアウィンドウのウオッシャー噴出口そばに貼られたステッカー。酒が吹き出すということか!?
リアウィンドウのウオッシャー噴出口そばに貼られたステッカー。酒が吹き出すということか!?拡大
愛好会「Z&ZXクラブ ドイチュラント」のスタンドで。左からメンバーのエヴァさん、取材に対応してくれたロルフさん、そしてフランクさん。
愛好会「Z&ZXクラブ ドイチュラント」のスタンドで。左からメンバーのエヴァさん、取材に対応してくれたロルフさん、そしてフランクさん。拡大
クラブの垂れ幕には、富士山とともに“フェアレディZ神社”のイラストが。
クラブの垂れ幕には、富士山とともに“フェアレディZ神社”のイラストが。拡大
前オーナーのものと思われる飛行機オーナー&パイロット組合のステッカーが誇らしげに。
前オーナーのものと思われる飛行機オーナー&パイロット組合のステッカーが誇らしげに。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。

webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。