クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第145回:ダッジ・チャージャー最強! 潜水艦にだって勝つ!
『ワイルド・スピード ICE BREAK』

2017.04.28 読んでますカー、観てますカー

キューバでもストリートレース

ドム(ヴィン・ディーゼル)はレティ(ミシェル・ロドリゲス)と一緒にキューバの休日を楽しんでいた。前作ではアゼルバイジャンやアブダビでクルマを空に飛ばす「スカイミッション」を成し遂げて世界を救ったのだから、しばし優雅なバカンスを楽しんでもバチは当たらない。

キューバは有名な古いアメ車天国である。若者たちが自慢の愛車をチューンしてストリートレースを繰り広げている。革命政府が本当に西側の乱れた文化を許容しているのかは疑問だが、『ワイルド・スピード』の世界ではこれが日常なのだ。ビキニ姿の美女たちがナイスバディを見せつけるように踊る中、筋肉で武装した男たちが意地をかけてレースに挑む。

見物していたドムも巻き込まれてしまい、街一番の腕利きと対決することになった。彼が乗るのは“キューバ一速いクルマ”「フォード・カスタムライン」で、ドムに与えられたのは“キューバ一遅いクルマ”「シボレー・フリートライン」である。どちらも1950年代のクルマだから、実際にはたいしたスピードは出ないはずだ。ドムはシボレーのバンパーやフェンダーをはずして軽量化し、ニトロを仕込んで見事に勝利する。レースが終わればみんな仲間だ。ハイタッチを交わし、敵は親友になる。

シリーズのはじめから貫かれている世界観だ。ただ、ロサンゼルス近辺の狭い地域だけで物語が展開した第1作とはスケールが違う。活躍の舞台はワールドワイドに広がり、チンケなトラック強盗だったドムは世界的な陰謀に立ち向かうチームを率いている。第8作となる『ワイルド・スピード ICE BREAK』は、もはや新シリーズと言ってもいい。ブライアンがいないからだ。

© Universal Pictures
© Universal Pictures拡大
 
第145回:ダッジ・チャージャー最強! 潜水艦にだって勝つ! 『ワイルド・スピード ICE BREAK』の画像拡大
 
第145回:ダッジ・チャージャー最強! 潜水艦にだって勝つ! 『ワイルド・スピード ICE BREAK』の画像拡大
 
第145回:ダッジ・チャージャー最強! 潜水艦にだって勝つ! 『ワイルド・スピード ICE BREAK』の画像拡大

ベルリンとニューヨークでカーチェイス

前作の『スカイミッション』は撮影中にブライアン役のポール・ウォーカーが自動車事故で亡くなったため、代役やCGを使って完成させた。ブライアンはイクメンパパとして穏やかな生活を送っていることとなり、2人の主役が並び立つ形から、ドムひとりが前面に出る構成に変わることになったのだ。しかし、ファミリーの大黒柱であるはずの彼が、仲間を裏切ることになる。

キューバの街角で「トヨタ・ランドクルーザー」が立ち往生しているのを見たドムは、困っていた美女に声をかける。彼女はサイバーテロリストのサイファー(シャーリーズ・セロン)だった。ドムは立ち去ろうとするが、何かを見せられて表情が固まる。彼にとって世界で一番守らなければならないものが写った写真だった。

ヨーロッパではテロリストが危険な兵器を手に入れていて、ホブズ(ドウェイン・ジョンソン)を通じて奪還するよう指示される。ローマン(タイリース・ギブソン)やテズ(クリス・ブリッジス)にも声をかけ、最強のチームが再結成された。無事テロリストから兵器を取り戻したのはいいが、最後にドムが不可解な行動を取る。奪還作戦は失敗し、ホブズはとらわれの身となってしまう。

『ワイルド・スピード』シリーズでは、回を追うごとにカーチェイスシーンが派手になっていった。新たな仕掛けが用意されているのは当然である。ベルリンでは巨大な鉄球が現れてクルマを襲う。当たったらひとたまりもないので、華麗なステアリングさばきで避けるしかない。

ニューヨークでは、システムを乗っ取られた無数のクルマが暴走を始める。「ジープ・グランドチェロキー」「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」「ヒュンダイ・エラントラ」など、メーカーや車種を問わず街を走るクルマがすべて操られてしまうのだ。隊列を組んでコーナーを駆け抜け、ビルのパーキングからはクルマが降ってくる。自動運転システムは装備されていないと思うが、インパクトのある演出の前にはささいなことだ。

© Universal Pictures
© Universal Pictures拡大
 
第145回:ダッジ・チャージャー最強! 潜水艦にだって勝つ! 『ワイルド・スピード ICE BREAK』の画像拡大
 
第145回:ダッジ・チャージャー最強! 潜水艦にだって勝つ! 『ワイルド・スピード ICE BREAK』の画像拡大
 
第145回:ダッジ・チャージャー最強! 潜水艦にだって勝つ! 『ワイルド・スピード ICE BREAK』の画像拡大

氷の上なのにムルシエラゴ?

『アイスブレイク』とサブタイトルが付けられていることからわかるように、氷上で最後の対決が行われる。チームの面々は、用意されたたくさんのクルマの中から好みの1台を選んで決戦に臨む。超高速戦車の「リプソー」は正しいチョイスだ。150km/h以上のスピードを出す能力があり、無限軌道は滑りやすい氷の上でもトラクションを確保できる。

「スバルWRX」を選んだのも納得がいく。水平対向エンジンと4WDの組み合わせは、電子制御によって高い操作性を実現している。コンパクトなサイズも有利に働き、アジリティーを生かして敵の攻撃をかわすに違いない。「ランボルギーニ・ムルシエラゴ」という選択はどうだろうか。確かに4WDではあるものの、あまりにも車高が低すぎる。アイスランドの氷は表面が荒れているようだから、ボディー下面が当たって亀の子になるのがオチだろう。

もっとどうかしているのはドムだ。いつも通り「ダッジ・チャージャー」に乗って登場する。ベルリンでは最新型の「ダッジ・チャレンジャーSRT」に乗っていたのに、なぜここで1960年代のモデルを持ち出すのか。もちろんドムの腕ならFRであろうと自在にコントロールできる。ABSやESCなどという小ざかしい装備は必要ない。巨大な原子力潜水艦にだって真っ向から勝負するのがこの男なのだ。

シリーズは後2作が予定されていて、2021年の第10作でフィナーレを迎えるらしい。次は潜水艦以上の敵を登場させなければならず、最終作では宇宙からの侵略者と戦うことになるかもしれない。それでもドムはチャージャーで立ち向かうことだろう。『ワイルド・スピード』とは、ドムがドライブするチャージャーが最強であることを前提にした世界なのである。

(鈴木真人)
 

© Universal Pictures
© Universal Pictures拡大
『ダッジ・チャージャー』
1966年に発売されたダッジブランドのマッスルカー。上級モデルは7リッター級のV8 OHVエンジンを搭載し、400馬力を超えるハイパワーを誇った。1970年代に入るとオイルショックの影響でパワーダウンを強いられる。1987年に生産を終了していたが、2005年に4ドアセダンとなって復活した。
『ダッジ・チャージャー』
	1966年に発売されたダッジブランドのマッスルカー。上級モデルは7リッター級のV8 OHVエンジンを搭載し、400馬力を超えるハイパワーを誇った。1970年代に入るとオイルショックの影響でパワーダウンを強いられる。1987年に生産を終了していたが、2005年に4ドアセダンとなって復活した。拡大
『ワイルド・スピード ICE BREAK』
2017年4月28日(金)より全国ロードショー
提供:東宝東和
『ワイルド・スピード ICE BREAK』
	2017年4月28日(金)より全国ロードショー
	提供:東宝東和拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。