第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!

2017.05.12 マッキナ あらモーダ!

ただいま「911」が高騰中!

2017年4月に訪れた、ドイツ北西部エッセンのヒストリックカーショー「テヒノクラシカ」。ここで驚かされたもののひとつが「ポルシェ」だった。

かつて、ドイツでクラシックポルシェといえば「356」だったが、ここ数年で状況は一変。今や「911」がその主役なのである。クルマ趣味における情熱の対象になるだけでなく、投資の対象としても最適らしい。

60人のスタッフを擁し、約300台の911系モデルをストックしているという専門ガレージのスタッフによれば、911の価格は、ここ4年で急上昇しているのだ。

「もはや、356に関心を持つのは古い愛好家だけ」という。そして「911については、日本にあったものは特に大切に乗られていて、グッドコンディションなために人気があります」と教えてくれた。

ちなみに、米国の自動車専門サイト『Autoblog』の2015年1月の記事によると、「911カレラ2.7RS」は、過去10年で7倍もの値上がりを示した。テヒノクラシカの会場でも、1972年型の同モデルに82万5000ユーロ(約1億0227万円)のプライスタグが付けられていた。

2017年4月5日~9日にドイツ国内で開催された「テヒノクラシカ」にて。「ポルシェ911」とその仲間たちは目下、コレクターにとって大人気の車種になっている。
2017年4月5日~9日にドイツ国内で開催された「テヒノクラシカ」にて。「ポルシェ911」とその仲間たちは目下、コレクターにとって大人気の車種になっている。拡大
ライムグリーンの1972年型「911カレラ2.7RS」。価格は、82万5000ユーロ(約1億0227万円)。
ライムグリーンの1972年型「911カレラ2.7RS」。価格は、82万5000ユーロ(約1億0227万円)。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911 GT3 RS(RR/7AT)【試乗記】 2019.10.15 試乗記 991型の集大成といえる「ポルシェ911 GT3 RS」に試乗。巨大なリアウイングをはじめ、ド派手なエアロパーツをまとった“スーパーカー”は、公道ではさぞ持て余すかと思いきや、さにあらず。おっかなびっくりのドライブでも十分に留飲の下がるクルマに仕上がっていたのだった。
  • ポルシェ911カレラ4S(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.8 試乗記 後輪操舵と軽量ボディー、パワーアップしたフラット6に先進運転支援システムと最新のインフォテインメントシステム。ルックスこそ大きく変わらぬ新型=992だが、進化のメニューは実に多彩だ。日本標準仕様となる右ハンドルモデルで、最新「ポルシェ911」の出来栄えを確かめた。
  • ポルシェ・タイカン ターボ(4WD)/タイカン ターボS(4WD)【海外試乗記】 2019.10.23 試乗記 ポルシェ初のピュア電気自動車「タイカン」に試乗。オーストリア・インスブルックからドイツ・ミュンヘンまでの約635kmの道のりで、新世代のパワートレインを手にした“最新のポルシェ”は、どんな世界を見せてくれたのだろうか。
  • ポルシェ911カレラ/911カレラ カブリオレ/911カレラ4【海外試乗記】 2019.10.3 試乗記 「GTS」や「GT3」などの“役物”もいずれラインナップされるのだろうけれど、「ポルシェ911」といえば、まずは素の「カレラ」に乗らなければ始まらない。ドイツ・フランクフルトからの第一報をお届けする。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.10.28 試乗記 40年以上の歴史を積み重ねてきたフェラーリのV8モデルにオマージュをささげる新型車「F8トリブート」。その走りは、驚くほどの速さと乗りやすさを両立させた“チャレンジの集大成”というべきものだった。
ホームへ戻る