第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!

2017.05.12 マッキナ あらモーダ!

ただいま「911」が高騰中!

2017年4月に訪れた、ドイツ北西部エッセンのヒストリックカーショー「テヒノクラシカ」。ここで驚かされたもののひとつが「ポルシェ」だった。

かつて、ドイツでクラシックポルシェといえば「356」だったが、ここ数年で状況は一変。今や「911」がその主役なのである。クルマ趣味における情熱の対象になるだけでなく、投資の対象としても最適らしい。

60人のスタッフを擁し、約300台の911系モデルをストックしているという専門ガレージのスタッフによれば、911の価格は、ここ4年で急上昇しているのだ。

「もはや、356に関心を持つのは古い愛好家だけ」という。そして「911については、日本にあったものは特に大切に乗られていて、グッドコンディションなために人気があります」と教えてくれた。

ちなみに、米国の自動車専門サイト『Autoblog』の2015年1月の記事によると、「911カレラ2.7RS」は、過去10年で7倍もの値上がりを示した。テヒノクラシカの会場でも、1972年型の同モデルに82万5000ユーロ(約1億0227万円)のプライスタグが付けられていた。

2017年4月5日~9日にドイツ国内で開催された「テヒノクラシカ」にて。「ポルシェ911」とその仲間たちは目下、コレクターにとって大人気の車種になっている。
2017年4月5日~9日にドイツ国内で開催された「テヒノクラシカ」にて。「ポルシェ911」とその仲間たちは目下、コレクターにとって大人気の車種になっている。拡大
ライムグリーンの1972年型「911カレラ2.7RS」。価格は、82万5000ユーロ(約1億0227万円)。
ライムグリーンの1972年型「911カレラ2.7RS」。価格は、82万5000ユーロ(約1億0227万円)。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

ポルシェ 911 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ケイマンT(MR/7AT)【試乗記】 2021.6.29 試乗記 ツーリングの「T」を車名に掲げる、ポルシェの2シーターミドシップスポーツ「718ケイマンT」。最大の特徴は、PASMやスポーツクロノパッケージ、機械式リアデフロックなどで強化したスポーツシャシーにある。果たしてその走りやいかに?
  • ポルシェ911ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.3 試乗記 最高出力580PS、最大トルク750N・mのパフォーマンスを誇る「ポルシェ911ターボ」に試乗。さまざまなステージで600km以上を走り込むと、先に登場した上位モデル「ターボS」とのちがいが見えてきた。果たしてこの“素のターボ”を選ぶ意味とは?
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • 「ポルシェ911 GTS」の予約注文受け付けスタート 専用チューニングのシャシーを採用 2021.6.28 自動車ニュース ポルシェジャパンは2021年6月23日、新型「911 GTS」の予約注文受け付けを開始した。先代モデルを30PS上回る最高出力480PSを誇る3リッター水平対向6気筒ツインターボを搭載し、クーペと「カブリオレ」「タルガ」の3つのボディータイプをラインナップする。
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2021.6.25 試乗記 さまざまなクロカンやSUVを取りそろえるジープのなかで、最も都会派とされる「コンパス」。マイナーチェンジされた最新型を走らせてみると、多くのブランドと交わるなかで培われた商品力の高さを感じ取ることができた。
ホームへ戻る