クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第502回:マクロン仏大統領が「エスパス」好きで
イタリアの首相用車はこれからどうなる!?

2017.05.19 マッキナ あらモーダ!

新大統領、ミニバンにほれる

先のフランス大統領選で勝利したエマニュエル・マクロン氏が、2017年5月14日、大統領に就任した。

既存大政党の支援を受けていないこと、共和国史上最年少(39歳)の大統領であることなど、新しいことずくめである。ロイター通信が伝えるところによると、エリゼ宮での就任式に臨んだ彼のスーツは、450ユーロ(約5万6000円)だったという。日本なら「コナカ、AOKIの価格帯」である。

それはともかく、就任式の中継を見ていて僕自身にとって面白かったのは、マクロン氏がエリゼ宮に乗りつけた、その自動車である。

ずばり、「ルノー・エスパス」だったのだ。

欧州のテレビは、吉報でもバッドニュースでも、事件を報じる際はクルマの車名に言及するのが常だが、今回もフランスの一部のテレビ番組は「マクロン氏がエスパスでやってきました!」と、車名とともに紹介していた。

このエスパスに関しては、テレビ局「BFMTV」のサイトにルノー関係者の興味深い話が記されている。マクロン氏は、経済大臣時代の2014年9月、パリモーターショーの会場を訪問した際、発表されたばかりの5代目エスパスを見て即座に試乗を申し込んだという。関係者いわく「ひと目ぼれ」だったらしい。

そしてショー開催翌月の2014年10月には、まだ一般ユーザーの手に渡らぬうち自身の公用車としてエスパスのキーを手にした。

2014年のパリモーターショーに出展された「ルノー・エスパス」。このとき、将来大統領になるマクロン経済相は、同車にひと目ぼれしたという。
2014年のパリモーターショーに出展された「ルノー・エスパス」。このとき、将来大統領になるマクロン経済相は、同車にひと目ぼれしたという。拡大
シトロエンの初代「DS」は、シャルル・ドゴール元フランス大統領にこよなく愛された。これはプライベート用に用いられた車両。
シトロエンの初代「DS」は、シャルル・ドゴール元フランス大統領にこよなく愛された。これはプライベート用に用いられた車両。拡大
かつてドゴール元大統領がプライベートで使用していた「シトロエンDS」のインテリア。
かつてドゴール元大統領がプライベートで使用していた「シトロエンDS」のインテリア。拡大

ルノーはひとまず安泰?

フランスの政権とルノーの、昨今の関係を振り返ってみよう。

まずフランス政府は、ルノー株の約5分の1を保有する筆頭株主である。

2016年には、政府はルノーに対して、カルロス・ゴーンCEOの高額報酬の是正を求めた。また、ルノー・日産アライアンスがアルジェリアなど労働コストの安い地域に生産拠点の移転を進める中、あえて5代目「日産マイクラ」(日本名「マーチ」)の生産拠点は、フランス・イヴリンヌ県にあるルノーのフラン工場となった。これが、国内雇用の拡大を掲げたオランド政権に配慮したものであったのは明らかだ。

そのオランド時代が終焉(しゅうえん)を迎えた。

さらに今回の大統領選では、企業の公営化推進を公約に掲げた政党「国民戦線」のマリー・ルペン氏が破れた。

いっぽう新大統領のマクロン氏は、前述のエスパス愛好以外にも、個人的にルノーに対してポジティブであるようだ。それは経済相時代の2014年、ルノーのアルジェリア・オラン工場の開所式に、ゴーンCEOとともに臨席していることからもわかる。

ルノーにとっては、ひとまず安心できる政権といえる。

2012年、オランド前大統領の就任パレードに用いられた「DS 5」。
2012年、オランド前大統領の就任パレードに用いられた「DS 5」。拡大
これは、ミナリュクス社製の初代「DS」のスケールモデル。ドゴールはDSで走行中、暗殺未遂事件に遭遇。1輪を撃ち抜かれたが、ハイドロニューマティックによって支えられた残る3輪で走行を続け、難を逃れた。
これは、ミナリュクス社製の初代「DS」のスケールモデル。ドゴールはDSで走行中、暗殺未遂事件に遭遇。1輪を撃ち抜かれたが、ハイドロニューマティックによって支えられた残る3輪で走行を続け、難を逃れた。拡大

さすがは大統領のカスタマイズ

大統領就任式に話を戻そう。

マクロン新大統領に送られてエリゼ宮を去ったオランド前大統領は、「DS 5」に乗り込んだ。映像やナンバープレートからして従来の大統領公用車とは別で、かつ防弾仕様でもなかったようだ。

参考までに記すと、フランスで大統領は退任後も生涯にわたって運転手付きの車両が与えられる。

DS 5といえば、欧州各地のモーターショーのDSブランドブースでは、カスタムメイドの職人たちの実演コーナーが恒例となっている。

筆者は、彼らと話をするのを毎回楽しみにしてきた。特に面白いのは、彼らがこれまで手がけてきたシトロエンブランドも含む大統領専用車に関する話だ。

例えばシート座面の高さは、大統領の体格に合わせて調節される。ある職人は「大柄でも、超小柄でも自在に対応します」と話した。それを聞いたのは、身長が1.9mに迫るジャック・シラク氏から歴代大統領のなかでは特に小柄だったニコラ・サルコジ氏にバトンタッチした直後だった。

これまた別のDS職人から聞いた話では、大統領には、内装色はもちろんステッチの色に至るまで、チョイスしてもらうそうだ。

2015年のジュネーブモーターショーにおけるDSブースで。クラフトマンシップを駆使した多彩なコンフィギュレーションをアピールするコーナー。
2015年のジュネーブモーターショーにおけるDSブースで。クラフトマンシップを駆使した多彩なコンフィギュレーションをアピールするコーナー。拡大
パリ・シャンゼリゼ通りから一歩入った「DSワールド・パリ」でのひとこま。
パリ・シャンゼリゼ通りから一歩入った「DSワールド・パリ」でのひとこま。拡大
「DSワールド・パリ」の地下階は、マテリアルやカラーをチョイスするブースにあてられている。
「DSワールド・パリ」の地下階は、マテリアルやカラーをチョイスするブースにあてられている。拡大

目指せ「世界一速いイタリア首相」

日本のニュースを見ると、近年は首相をはじめ多くの閣僚がレクサスに乗っている。エスパスに乗るフランス大統領には到底かなわないが、公用車の若返りは各国で進んでいる。

ボクは、(そんなことはないけれど)自分が閣僚になった際には、公用車はレクサスではなく「トヨタ・センチュリー」にしてもらおうと、東京都心で同車を見かけるたび心に誓っている。海外に住むボクに言わせれば、センチュリーこそ、世界に類を見ないジャパニーズデザインのクルマである。

そんなくだらないことはともかく、問題はボクが住むイタリアだ。
フランス大統領に相当する政治権力を持つイタリアのパオロ・ジェンティローニ首相の公用車は、米国「クライスラー300」の姉妹車でカナダ製の「ランチア・テーマ」だ。

そのランチアブランド、先日からイタリアを除く欧州各国のウェブサイトを閉鎖し始めた。この歴史あるブランドを段階的に縮小してゆくことは、本欄第347回で記した通りだが、いよいよ「終了のお知らせ」が近づいてきた。

それなら「マセラティ・クアトロポルテがあるじゃん」という声もあるだろう。しかし「マセラティは首相用ではなく、象徴的地位にある共和国大統領の公用車」という不文律がある。

首相専用車は今後、ランチア・テーマを直し直し使い続けるのか。あるいは、ベルルスコーニ元首相のようにドイツ製プレミアムカーを使うのか。気になるところだ。

いっそのことイタリア首相も、「世界最速の市販SUV」を掲げる「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」あたりにしたら面白いのではないか。「世界一速い首相」が誕生すれば、イタリア製品のイメージ向上にも貢献できるだろう。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/編集=関 顕也)

「トヨタ・センチュリー」は、日本が誇るオリジナリティーあふれるプレステージカーだと筆者は思う。
「トヨタ・センチュリー」は、日本が誇るオリジナリティーあふれるプレステージカーだと筆者は思う。拡大
「クライスラー300」をベースにした、2代目「ランチア・テーマ」。2014年をもって本国のカタログから消えている。
「クライスラー300」をベースにした、2代目「ランチア・テーマ」。2014年をもって本国のカタログから消えている。拡大
フランスのランチア公式サイト。2017年5月15日の時点ですでにアフターサービス用途の検索機能のみになっている。
フランスのランチア公式サイト。2017年5月15日の時点ですでにアフターサービス用途の検索機能のみになっている。拡大
「ランチア・フラミニア」の大統領専用車は、今日でも大統領就任式典の日に限って登場する。これは1961年型で、エリザベス英国女王のイタリア訪問に際して用いられたもの。トリノ自動車博物館蔵。
「ランチア・フラミニア」の大統領専用車は、今日でも大統領就任式典の日に限って登場する。これは1961年型で、エリザベス英国女王のイタリア訪問に際して用いられたもの。トリノ自動車博物館蔵。拡大
「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」。2016年11月のロサンゼルスオートショーにて撮影。ジェンティローニ首相、次の公用車としていかがでしょう?
「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」。2016年11月のロサンゼルスオートショーにて撮影。ジェンティローニ首相、次の公用車としていかがでしょう?拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。