クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第506回:おもしろうてやがて悲しきビンテージスクーター

2017.06.16 マッキナ あらモーダ!

二輪車部門もあります

「ヴィラ・デステのコンクール・デレガンス」こと「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」は、現存する最古の自動車コンクールとして知られている。

イタリア・コモ湖畔を舞台とするこの伝統的イベント、2017年は5月26~28日に開催され、8クラスに分けられた計51台が審査の対象となった。

審査員が選ぶ「ベスト・オブ・ショー」および一般来場者人気投票による「BMWトロフィー」には、伝説の鬼才フランコ・スカリオーネがデザインした1957年「アルファ・ロメオ・ジュリエッタSSプロトーティポ(プロトタイプ)」が選ばれた。

このヴィラ・デステ、実は四輪車とは別にモーターサイクル、つまり二輪車部門も2011年から存在する。ヴィラ・デステに隣接し、四輪車の一般公開会場としても用いられるヴィラ・エルバが会場に充てられている。

2017年のリストに並んだ二輪車は40台で、4つのカテゴリーに分けられた。最古は「夢と冒険―― 1920~30年代 グレートな旅のモーターサイクル」のカテゴリーに出展された、フランスの1926年製「ジレ・トゥール・ドュ・モンド」347ccだ。一方、最も新しいモデルは「ヨーロッパ製フレーム―― 新しい衣装をまとった日本の4気筒」カテゴリーにエントリーした1979年製「ビッザリーニ・カワサキZ900」であった。そして最終日のベスト・オブ・ショーは、ジレと同じ部門に参加した1933年ドイツ生まれの「プフ250インディアン ライゼ」に贈られた。

「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2017」で。手前は「ベスト・オブ・ショー」を受賞した1957年「アルファ・ロメオ・ジュリエッタSSプロトーティポ」。
「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2017」で。手前は「ベスト・オブ・ショー」を受賞した1957年「アルファ・ロメオ・ジュリエッタSSプロトーティポ」。拡大
一般公開日における、二輪部門の授賞式の様子。
一般公開日における、二輪部門の授賞式の様子。拡大
前夜祭において、BMWの二輪部門であるBMWモトラッドは、アーバンモビリティーのための電動スクーター「コンセプト リンク」を公開した。乗っているのはコンクール審査員のひとりで米国人二輪ジャーナリストのポール・ドルレアン氏。
前夜祭において、BMWの二輪部門であるBMWモトラッドは、アーバンモビリティーのための電動スクーター「コンセプト リンク」を公開した。乗っているのはコンクール審査員のひとりで米国人二輪ジャーナリストのポール・ドルレアン氏。拡大
スクーター部門の展示ブースで見られた1946年「ジャンカ・ニッビオ」(イタリア)。べスパ誕生の4カ月後に生産がスタートしたスクーター。1951年まで造られた。ニッビオ(nibbio)とはイタリア語でトビ(鳥)のこと。
スクーター部門の展示ブースで見られた1946年「ジャンカ・ニッビオ」(イタリア)。べスパ誕生の4カ月後に生産がスタートしたスクーター。1951年まで造られた。ニッビオ(nibbio)とはイタリア語でトビ(鳥)のこと。拡大

珠玉の「有名ではないスクーター」

6年目を迎えたこの二輪部門のコンクールだが、今回はちょっと面白いカテゴリーが設けられていた。スクーターを特集したものである。

集められた7台は有名ブランドではない。「別の選択―― 1950年代のマーケットリーダーにならなかったスクーターたち」というカテゴリー名から想像できるとおり、スクーターの世界では今日あまり知られていないメーカーばかりである。

ほとんどはべスパ、ランブレッタといった成功ブランドの陰に隠れ、イタリアにおける自動車時代の幕開けの象徴となった「フィアット600」(1955年)や「フィアット500」(1957年)と前後して消えていったブランドだ。
 
あのマセラティによるスクーターのプロトタイプもあった。同社はスポーツカーのほかにスパークプラグやバッテリーの製造も手がけていたが、1953年にイタルモトという二輪メーカーを買収し、二輪産業に進出した。そうした中、戦後の足として広く普及しはじめたスクーター分野への進出を考えたのは、自然な流れだったに違いない。

マセラティ製スクーターの設計は、レンツォ・リヴォルタに委託された。そしてスペインの生産拠点から南米への輸出が計画され、1957年にはメキシコシティで発表会まで行われたが、プロジェクトはそこで中断されてしまう。今回エントリーしたのは、当時のプロトタイプのうちの1台だ。

自転車工場からの転身を試みた1952年「バスタート・アインシュプールアウト」(ドイツ:写真右)。1956年までに1200台が生産された。左は1954年「ルーミ・スコイアットロ」(イタリア)。ルーミはベルガモを拠点とした企業で、1957年まで存在した。スコイアットロ(scoiattolo)とはイタリア語でリスの意味。
自転車工場からの転身を試みた1952年「バスタート・アインシュプールアウト」(ドイツ:写真右)。1956年までに1200台が生産された。左は1954年「ルーミ・スコイアットロ」(イタリア)。ルーミはベルガモを拠点とした企業で、1957年まで存在した。スコイアットロ(scoiattolo)とはイタリア語でリスの意味。拡大
こちらはアメリカ製の1946年「サルスバリー85」。同社は戦前の1938年に早くもATを採用するなど、意欲的なメカニズムを次々と取り入れた。だが、戦後は販売減少に歯止めがかからず1949年に生産終了した。
こちらはアメリカ製の1946年「サルスバリー85」。同社は戦前の1938年に早くもATを採用するなど、意欲的なメカニズムを次々と取り入れた。だが、戦後は販売減少に歯止めがかからず1949年に生産終了した。拡大
1957年「マセラティM2」(イタリア)。
1957年「マセラティM2」(イタリア)。拡大
マセラティ製スクーターの設計はレンツォ・リヴォルタに委託された。一時は大規模な南米輸出までもくろまれた。
マセラティ製スクーターの設計はレンツォ・リヴォルタに委託された。一時は大規模な南米輸出までもくろまれた。拡大

モータリゼーションへの喜び伝わる

スクーターのつきものといえば、往年のべスパの広告やカレンダーにも見られる、あでやかな女性のイラストである。参加車の1台、1951年「プリーナ」は、ブランドのバッジからして女性の姿が刻まれている。同じヴィラ・デステでも四輪車には見られない街角感覚が漂う。

別の出場車1952年「SAI」には、ペナントや風車など、走行するための機構とは関係ないアクセサリーも、その小さなボディーに盛られている。筆者などは、日本の往年の“デコトラ”や、それから派生した少年用自転車“デコチャリ”を思い出してしまう。

だがそうしたデコレーションは、四輪車普及前夜に人々がモータリゼーションの“最初の切符”を手にした喜びにあふれている。スクーターが縦横に走りまわっていた当時のイタリアに住んでいたら――2サイクルの排ガスにへきえきするかもしれないが――これまた活気にあふれていて楽しかっただろう。

2台の出展車のフロントに付けられていた、イタリアの土産物店から消えて久しいペナントも泣かせる。スクーターは一般人にとって、最も身近なツーリングの手段であったのだ。

スクーターと旅といえば、小澤征爾の著書『ボクの音楽武者修行』を思い出す。若き日の彼は、支援者から手に入れた旧富士重工製「ラビット・スクーター」とともに貨物船に乗り、旅程の途中からラビットを運転。そして乗り込んだフランス・ブザンソンの指揮者コンクールで見事優勝する。スクーターは冒険の象徴でもあった。

ただしスクーターには、悲しい一面もある。いずれの国でも経済が成長し所得が向上すると、人々は途端にスクーターを捨て、「夢を託す対象」を四輪車に切り替えてしまった。それを機会に四輪車に専念してしまったブランドも、自動車史上少なくない。

今日スクーターがあふれかえっている開発途上国でも、近い将来きっと同じことが起こるだろう。同じビンテージバイクの中でも、市民生活により近いだけに、ボクにとってスクーターは甘く悲しい挽歌(ばんか)なのだ。

(文=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>、大矢麻里<Mari OYA>/編集=関 顕也)

「プリーナ・オリックス グランルッソ」(イタリア)。自転車製造から転身を図ったトリノのメーカーが手がけた。ただし夢はかなわず、わずか3年後の1954年に生産を終了した。
「プリーナ・オリックス グランルッソ」(イタリア)。自転車製造から転身を図ったトリノのメーカーが手がけた。ただし夢はかなわず、わずか3年後の1954年に生産を終了した。拡大
プリーナのエンブレムや車名バッジは、いずれも女性をモチーフにしたもの。
プリーナのエンブレムや車名バッジは、いずれも女性をモチーフにしたもの。拡大
「SAIアンブロジーニ」(イタリア)。1951年にジュゼッペ・デルビアンコというエンジニアが創業したメーカーの製品。エンジンはドイツのフィヒテル&ザックス製を使用していた。1954年まで存続。
「SAIアンブロジーニ」(イタリア)。1951年にジュゼッペ・デルビアンコというエンジニアが創業したメーカーの製品。エンジンはドイツのフィヒテル&ザックス製を使用していた。1954年まで存続。拡大
「SAIアンブロジーニ」に装着されていたイタリア中部トラシメーノ湖のペナント。
「SAIアンブロジーニ」に装着されていたイタリア中部トラシメーノ湖のペナント。拡大
スポンサーであるBMWグループ クラシックのプレゼンテーションでは、グランドツーリングの原点として、往年のBMW製スクーターが紹介された。
スポンサーであるBMWグループ クラシックのプレゼンテーションでは、グランドツーリングの原点として、往年のBMW製スクーターが紹介された。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。

webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。