クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第511回:なかなかお買い得!?
フランスの払い下げ郵便車、売ってます

2017.07.21 マッキナ あらモーダ!

その黄色に見覚えあり!

パリのセーヌ左岸ラスパイユ通りで毎週日曜に開かれるマルシェは、オーガニック食品やグッズが並ぶ市として知られている。

どこの国の市場でも、ボク自身は屋台を冷やかすことに加えて、行商人たちのクルマを見るのを楽しみにしている。

フランスの市場でシトロエンの「Hトラック」は消えたといってよい。製造終了は1981年で、すでに36年も経過しているのだから、当然といえば当然だ。しかし、行商を研究し尽くして開発されたという経緯を持つクルマだけに、その消滅は惜しい。

と、感傷的になりつつも、ラスパイユの市でボクは1台のシトロエン製商用車「ジャンピー」を発見した。初代モデルで2004年以降の後期型だ。

その黄色いボディーから「もしや」と思ったら、やはり想像は当たっていた。フランス郵便の払い下げ車である。その証拠に、リアフェンダーには、「www.laposte.fr」というステッカーをはがした跡がしっかりと残っていた。

「シトロエンHトラック」。クリニャンクールの市場にて2004年撮影。この時点ですでに、一帯に1台という少なさであった。
「シトロエンHトラック」。クリニャンクールの市場にて2004年撮影。この時点ですでに、一帯に1台という少なさであった。拡大
ラスパイユのマルシェで、黄色い「シトロエン・ジャンピー」を発見。もしや……?
ラスパイユのマルシェで、黄色い「シトロエン・ジャンピー」を発見。もしや……?拡大
上の「シトロエン・ジャンピー」には、フランス郵便のウェブサイトを示すステッカーの跡が。
上の「シトロエン・ジャンピー」には、フランス郵便のウェブサイトを示すステッカーの跡が。拡大
セーヌ左岸ラスパイユのオーガニック製品マルシェにて。ひよこ豆のガレットを食す筆者。
セーヌ左岸ラスパイユのオーガニック製品マルシェにて。ひよこ豆のガレットを食す筆者。拡大

郵便のクルマはネットで落札

以前から、フランスの街で、こうした公益企業の払い下げ車両が走っていることは知っていたが、オーナーと話したことはない。

早速近くの屋台を回って探してみる。クルマの主は、オリーブの木でできた食器を売るワリッドさん。チュニジア出身の若者だった。

「これ、フランス郵便の払い下げ車ですね?」とボクが聞くと、即座に「そうだよ。オークションで買ったんだ」と答えが返ってきた。

ワリッドさんの説明は続く。

「フランス郵便やEDF(フランス電力)、そしてGDF(旧フランスガス公社の略称。現在の社名はエンジー)は、サービス車両を5~6年使用したあと売却するんだ」

加えて「フランス郵便は専用のオークションのページを開設していて、そこで見つけたんだよ」とボクが初対面であるにもかかわらず、ていねいに教えてくれた。

落札価格は5000ユーロだったという。現在のレートで計算すれば64万円といったところだ。参考までに、ジャンピーの現行モデルは最低でも2万2750ユーロ(約294万円)する。

実はワリッドさん、ジャンピーとは別にメルセデス・ベンツのバンも所有しているという。にもかかわらず、“郵政ジャンピー”を手にいれた理由は?

すると、「パリ市街では、ぶつけられたり、こすられたりするのが当たり前。だから、パリで屋台を開く日は、このクルマのほうが気兼ねしなくていいんだよ」と答えて笑った。

オリーブでできた食器の屋台を営むチュニジア人、ワリッド・ムティメットさん。
オリーブでできた食器の屋台を営むチュニジア人、ワリッド・ムティメットさん。拡大
ワリッドさんと、フランス郵便の払い下げ車である「シトロエン・ジャンピー」。
ワリッドさんと、フランス郵便の払い下げ車である「シトロエン・ジャンピー」。拡大
フランス電力の払い下げと思われる「ルノー・トゥインゴ」を発見して、筆者も思わず記念撮影。コルマールで。
フランス電力の払い下げと思われる「ルノー・トゥインゴ」を発見して、筆者も思わず記念撮影。コルマールで。拡大
フランス電力&ガス公社のサービスカーとして働く「ルノー・トゥインゴ」。パリ・モンマルトルで2005年撮影。
フランス電力&ガス公社のサービスカーとして働く「ルノー・トゥインゴ」。パリ・モンマルトルで2005年撮影。拡大
こちらは、フランス電力の払い下げとおぼしき「シトロエンAX」。 2005年コルシカで。
こちらは、フランス電力の払い下げとおぼしき「シトロエンAX」。 2005年コルシカで。拡大

カングーは約24万円から

後日、ワリッドさんに勧められた通り『ヴェイヴォー』と名付けられた“フランス郵便系払い下げ車競売専用サイト”にアクセスしてみた。

本稿執筆時点で、小型商用車の出品は「ルノー・カングー エクスプレス」4台で、初回登録はそれぞれ2011年から2014年までだった。たしかに、欧州にしては高年式である。

走行距離は9万7000kmから12万km台。参考として平均落札価格も記されていて、走行10万km以下が2400ユーロ(約31万円)、それを超えると1900ユーロ(約24万円)といったところだ。応札は全国に散らばる会場に赴いて行う仕組みである。

ちなみに払い下げ車に詳しいサイトによると、フランス郵便は近年、保有車両をEVをはじめとするエコカーに切り替えているので、今後カングーなどのディーゼル車が数多く放出される見込みだ。

ほかにも、地方自治体の払い下げ車を扱うオークション業者のサイトも発見した。そこにはゴミ収集車、市内巡回用小型バス、果てはフランス領レユニオン諸島で使われていた道路管理用車などもリストアップされていた。

フランス郵便の払い下げ車両専門競売サイト『ヴェイヴォー』。
フランス郵便の払い下げ車両専門競売サイト『ヴェイヴォー』。拡大
公益企業や自治体の払い下げ車に強い競売サイト『アルコパ・オークション』。
公益企業や自治体の払い下げ車に強い競売サイト『アルコパ・オークション』。拡大
郵便の払い下げ車と思われる「シトロエンC3」。2017年2月モンマルトルにて。これを買って日本のフランス車ミーティングに出れば“ネ申”確定?
郵便の払い下げ車と思われる「シトロエンC3」。2017年2月モンマルトルにて。これを買って日本のフランス車ミーティングに出れば“ネ申”確定?拡大
欧州諸国における払い下げ車両の例。地中海のマルタ共和国で発見した日本の「郵政カブ」。
欧州諸国における払い下げ車両の例。地中海のマルタ共和国で発見した日本の「郵政カブ」。拡大

思わず熱中してしまう

ネットで応札できるサイトを運営している業者もある。

筆者も元フランス郵便と思われる黄色い「シトロエンC3」を見つけた。ハンマープライスまで44分ちょっと。サイト訪問者をせかすようにカウントダウンが続いている。「ボクが住むイタリアなら、払い下げ車とはわかるまい」などと考えながら妄想を続けていると、とてもじゃないが仕事にならない。

先のチュニジア人行商、ワリッドさんに話を戻せば、ボクと別れたあとジャンピーに寄りかかりながらスマートフォンの操作に集中している。もしやボクが中古郵便車の話などをしたものだから、また次のクルマを探そうとネットにのめり込んでしまったか?

その間にも次々と客が通り過ぎてゆく。思わず「持ち前のデカ声で、代わりに呼び込みでもしてあげようか」と思ったところで、幸い米国人と思われるお客がワリッドさんに呼びかけた。そして、おみやげなのだろう、大量に商品を買っていってくれた。

ワリッドさんの次期主力戦闘機の購入資金になることを願いながら、ボクはマルシェをあとにした。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/編集=関 顕也)

文中のワリッドさんが仕事で使用している「シトロエン・ジャンピー」は初代モデルの後期型。
文中のワリッドさんが仕事で使用している「シトロエン・ジャンピー」は初代モデルの後期型。拡大
現役時代は、こんな感じだった? 「シトロエン・ジャンピー」の姉妹車「プジョー・エキスパート」。2003年撮影。
現役時代は、こんな感じだった? 「シトロエン・ジャンピー」の姉妹車「プジョー・エキスパート」。2003年撮影。拡大
フランスの商用車には車両重量や車両総重量などの明示が義務付けられていて、過積載の検査などに用いられる。ただしワリッドさんによれば「取り締まり頻度は極めて少ない」とのこと。
フランスの商用車には車両重量や車両総重量などの明示が義務付けられていて、過積載の検査などに用いられる。ただしワリッドさんによれば「取り締まり頻度は極めて少ない」とのこと。拡大
ワリッドさんの屋台に外国人観光客がやってきた。値切り攻勢に苦戦しているもよう。
ワリッドさんの屋台に外国人観光客がやってきた。値切り攻勢に苦戦しているもよう。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。