アウディS5クーペ(前編)

2017.08.10 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は新型「アウディS5クーペ」に試乗する。354psの3リッターV6ターボエンジンを積み、クワトロ4WDで路面をとらえる“完全無欠のアウディスポーツ”を、谷口はどう評価するのだろうか?

コーナリングはメチャクチャ速い

アウディS5クーペの試乗を終えた谷口信輝と、その様子を道路脇で見ていたスタッフTの会話が始まった。

スタッフT:谷口さん、この前、試乗した「メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ」より、コーナリングスピードは2、3割速いように見えましたよ。
谷口信輝(以下、谷口):え? こっちのほうが速そう?
スタッフT:速そうでした。
谷口:うん、たしかにカーブはメチャクチャ速いですよ。すっごくよく曲がるし。
スタッフT:そういえば谷口さん、以前「アウディA4」に乗ったときは「運転がメチャクチャうまくなったように感じるはず」って言っていました。
谷口:かなり速いスピードでコーナーに進入してもグイグイ曲がっていきますね、S5も。タイヤのグリップ限界にはかなり近づいているんですが、そこを電子デバイスがすごくうまくコントロールして、グイグイ曲げていくんです。この先の高速コーナーでは、進入してからさらにハンドルを切り込むと少しタイヤが滑りそうになるけれど、危ない状態にはならない。電子デバイスは旋回を助けることしかしなくて、コーナリングの邪魔はしないんです。メチャクチャよく曲がりますよ。

これを聞いたスタッフTは谷口が電子デバイスについて言及したことが気になったらしく、続いてこんな質問を投げかけた。

スタッフT:それって、乗っていて楽しいんですか? それとも、自分で操っているというよりはクルマに曲がらされている感じですか?
谷口:最初の印象は、楽しいよね。だって、よく曲がるんだもん。ただね、気になるところもあったんですよ。いつも僕は、あのカーブの先でUターンするんですが、そのときまずアクセルを抜きます。それでゆっくり減速してからブレーキをかけるんですが、最初にアクセルを抜いただけではすぐに減速が始まらない。まるで、電子制御スロットルがすぐに戻らないか、すごく重いフライホイールがついているみたいな感じなんです。おかげで、僕は減速するつもりでもうアクセルを離しているのに、クルマがブーンって前に進もうとする。それが、僕にはちょっと納得できませんでした。

 
アウディS5クーペ(前編)の画像拡大
 
アウディS5クーペ(前編)の画像拡大
 
アウディS5クーペ(前編)の画像拡大
アウディS5クーペ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4705×1845×1365mm/ホイールベース:2675mm/車重:1680kg/駆動方式:4WD/エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:354ps(260kW)/5400-6400rpm/最大トルク:500Nm(51.0kgm)/1370-4500rpm/タイヤ:(前)255/35R19 (後)255/35R19/価格:913万円
アウディS5クーペ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4705×1845×1365mm/ホイールベース:2675mm/車重:1680kg/駆動方式:4WD/エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:354ps(260kW)/5400-6400rpm/最大トルク:500Nm(51.0kgm)/1370-4500rpm/タイヤ:(前)255/35R19 (後)255/35R19/価格:913万円拡大
 
アウディS5クーペ(前編)の画像拡大

関連キーワード:
S5, アウディ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
  • ボルボS60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション/トヨタ・クラウン2.5 G(後編)【試乗記】 2020.1.9 試乗記 国産セダンユーザーの取り込みを狙う「ボルボS60」と、日本を代表するセダン「トヨタ・クラウン」を比較試乗。後編ではパワートレインとシャシー性能に注目し、SUV全盛期にあえてセダンを選ぶ理由を考える。
  • BMW X3 Mコンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.21 試乗記 「BMW X3 Mコンペティション」に冠された「M」の文字はだてではない。2tを超えるSUVボディーを“俊敏”に走らせるのに十分なパワーと、時に過剰とも思えるほどに引き締められた足まわりを持つその中身は、まさにスポーツカーと表現したくなる出来栄えだった。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
ホームへ戻る