第432回:公道で「アイサイト・ツーリングアシスト」を体験!
先進の運転支援システムの“現状”と“課題”を考える

2017.08.12 エディターから一言
受け付けに展示された「スバル・レヴォーグ」の改良モデル。
受け付けに展示された「スバル・レヴォーグ」の改良モデル。拡大

「WRX S4」「レヴォーグ」の改良モデルから導入が進められている、スバルの最新運転支援システム「アイサイト・ツーリングアシスト」。より緻密になった加減速の制御と、強化された操舵支援機能を、渋滞の首都高速道路で試した。

試乗会の受け付けが行われている六本木ヒルズ・ノースタワー前の様子。
試乗会の受け付けが行われている六本木ヒルズ・ノースタワー前の様子。拡大
一般試乗会の開催期間は、8月の11日から20日までと、26日・27日の両日。基本的には予約制だが、当日申し込みできる枠も残っているとのこと。「休日より平日の方がすいている」とのことだったので、興味のある方は試乗してみては?
一般試乗会の開催期間は、8月の11日から20日までと、26日・27日の両日。基本的には予約制だが、当日申し込みできる枠も残っているとのこと。「休日より平日の方がすいている」とのことだったので、興味のある方は試乗してみては?拡大
新機能が追加された改良型「アイサイト」は、大幅改良を受けた「WRX S4」と「レヴォーグ」から導入が開始された。
新機能が追加された改良型「アイサイト」は、大幅改良を受けた「WRX S4」と「レヴォーグ」から導入が開始された。拡大

先進の運転支援システムを公道で試す

記者は今、夏休みでにぎわう東京・六本木ヒルズにいる。日本屈指の複合商業施設にして、IT長者やら若手実業家やらが夜な夜なパーティーを開いているという、勝ち組の都だ。
これはすごい。武蔵野の小市民としては、アウェー感がハンパない。

なぜに常日頃より清貧を貴ぶ記者が、こんな肌の合わぬ地に赴いたのかというと、スバルの「アイサイト」に採用された新機能、アイサイト・ツーリングアシストを公道で試すためである。

スバル好きの読者諸兄姉はすでにご存じやもしれぬが、8月の11日から20日までと、26日・27日の2日間、スバルはこの地で一般ユーザー向けにアイサイト・ツーリングアシストの体験試乗会を催している。で、厚顔にも「私たちの分ぐらい、試乗枠は残ってますよね?」という念を恵比寿駅東口の方向(スバル本社がある)へ送っていたところ、スバルが「……興味があるのでしたら、どうぞ」と申し出てくれたのだ。

ここでちょいとアイサイト・ツーリングアシストについておさらいすると、ようするにこれは、操舵支援機能付きの前走車追従クルーズコントロール(以下、ACC)である。他社製品でいえば、日産の「プロパイロット」やメルセデスの「ドライブパイロット」あたりとやっていることは同じだ。もちろん、他社のそれに対する違いやこのシステムならではの特徴もあるのだが、詳しく書いているとそれだけで文字数がエラいことになるので今回は割愛。気になる方は、日本自動車研究所(JARI)のテストコースでの試乗リポートや、アイサイト・ツーリングアシストの発表ニュースなどを参照してください。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • ボルボV40クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.9 試乗記 長年にわたってボルボの販売面での主役を務めてきた「ボルボV40/V40クロスカントリー(CC)」が、2019年内に生産終了を迎える。最後の試乗の出発地は栃木・宇都宮。東京を目指す道のりで、V40CCとじっくり向き合ってみた。
  • 日産スカイラインGT Type P(V6ターボ)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.4 試乗記 「日産スカイライン」のマイナーチェンジで追加されたV6ツインターボモデルはなかなかの意欲作だ。その出来栄えは概して素晴らしい。しかし、いっぽうでは日産の国内市場軽視が透けて見える部分も少々……。中年カーマニアの筆者にとっては寂しさを覚えつつの試乗となった。
ホームへ戻る