第56回:激安店の粗悪車(?)に賭けろ!

2017.08.29 カーマニア人間国宝への道

木を見ず、森を見よ

私は買った。激安中古ドイツ車店で激安「BMW 320dスポーツ」を! 「希望ナンバー手数料2万円」という諸経費の高さに失神しそうになりながら敢然と買った。いったいナゼ!?

確かに希望ナンバー手数料2万円は法外だ。しかし法外といってもしょせんは2万円。2万円で全体、つまり総額を見失ってはいけない。なにせ総額は安いんだから!

ただ、もうひとつ失神しそうな事実があった。そのクルマは最初の車検までまだ2カ月あるはずが、一時抹消登録によって「車検なし」だったのだ。車検が残ってりゃ、あと2カ月はディーラーの新車保証が効いたはずなのに、それもないのれすよ~~~~!

責任者「車検残2カ月なんてクルマ誰も買いませんから、ウチはいったん抹消登録するんです」

そんなことないヨー! 中古車ってオーナーが変わった直後にトラブルが出やすいんだから。おかげで新車保証はナイし、車検もこの店で取らざるを得ナイ。

これも、車検費用になにがしか上乗せして、車両本体の安さを取り戻す戦略か……。

しかし私は冷静になって考えた。

このクルマ、走行距離は2.4万kmだし、ボディーカラーやグレードも狙い通りだ。諸経費は高いが、ボディーコーティング(8万円)やら追加保証(6万4000円)やらをはずせば、車検費用込みで約32万円、支払総額255万円。やっぱり安いんだよ! ほぼ同条件のクルマが、ディーラー系だと、支払総額で40万円くらい高いんだから!

“エリート特急”こと「BMW 320dスポーツ」の新車時の車両本体価格は527万円。3年落ちで総額255万円は激安だ!
“エリート特急”こと「BMW 320dスポーツ」の新車時の車両本体価格は527万円。3年落ちで総額255万円は激安だ!拡大
自宅車庫にて。奥には「フェラーリ328GTS」が収まる。
自宅車庫にて。奥には「フェラーリ328GTS」が収まる。拡大
いい買い物ができた証しとして、大乗フェラーリ教のオリジナルグッズである、「節約。」プレートを貼ってみた。(写真=池之平昌信)
いい買い物ができた証しとして、大乗フェラーリ教のオリジナルグッズである、「節約。」プレートを貼ってみた。(写真=池之平昌信)拡大
“エリート特急”の2リッター直4 DOHC ターボディーゼル エンジンは最高出力184ps、最大トルク380Nmを発生する。(写真=池之平昌信)
“エリート特急”の2リッター直4 DOHC ターボディーゼル エンジンは最高出力184ps、最大トルク380Nmを発生する。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.28 試乗記 フルモデルチェンジで第7世代となった「BMW 3シリーズ セダン」に試乗。ずばり、新型は“買い”なのか? 先代「F30」型を日常の足とするモータージャーナリスト清水草一が、走りの印象を報告する。
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • BMW 118d(FF/8AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.7.22 試乗記 BMWのエントリーモデル「1シリーズ」が、FFのプラットフォームを用いた3代目にフルモデルチェンジ。駆動方式の変更に際してBMWがこだわったポイントとは? BMWの“おひざ元”であるドイツ・ミュンヘンで、その出来栄えを確かめた。
  • スズキ・ジムニー/メルセデス・ベンツGクラス(後編)【試乗記】 2019.7.18 試乗記 誕生以来、オフロード第一の姿勢を守り続ける「スズキ・ジムニー」と「メルセデス・ベンツGクラス」。より快適なクルマが存在する今日においても、ファンに厚く支持される両モデルの試乗を通し、今も昔も変わらない“愛され続けるクルマ”の条件について考えた。
  • 第34回:BMW 3シリーズ(後編) 2019.5.22 カーデザイナー明照寺彰の直言 従来のモデルを大事にし、より洗練させていくのがBMWデザインの真骨頂……のはずが、新型「3シリーズ」はどうもそうはなっていない様子。自動車デザイナー明照寺彰が、次世代の大黒柱の“気になるポイント”を語るとともに、BMWデザインのゆらぎの原因を探った。
ホームへ戻る