「マツダ・アクセラ」の先進安全装備が充実

2017.08.24 自動車ニュース
「マツダ・アクセラスポーツ」
「マツダ・アクセラスポーツ」拡大

マツダは2017年8月24日、「アクセラ」の装備・仕様を変更したと発表した。同日、予約の受け付けを開始し、同年9月21日に発売する。

「アクセラセダン」
「アクセラセダン」拡大

今回の主なトピックは、先進安全装備の充実。衝突被害を軽減させる「アドバンストスマートシティーブレーキサポート」や「AT誤発進抑制制御」「車線逸脱警報システム」「先進ライト」、さらに、車両側方および後方の危険認知をサポートする「ブラインドスポットモニタリング」と「リアクロストラフィックアラート」が全車に装備された。車両周囲の状況を確認できる「360度ビューモニター」もマツダ車として初めて用意された(一部グレードを除く)。

また、「アクセラセダン」に1.5リッターディーゼルエンジン搭載グレード「15XD」「15XDプロアクティブ」「15XD Lパッケージ」をラインナップしたほか、上質な室内空間をセリングポイントとする「Lパッケージ」を1.5リッターガソリンモデルに追加設定した。

新たなボディーカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」を採用することで、商品力の向上も図られている。

価格は、「アクセラスポーツ」とアクセラセダンが、「15C」(FF車)の182万5200円から「22XD Lパッケージ」(4WD車)の331万0200円まで。「アクセラハイブリッド」が「ハイブリッドC」の250万5600円から「ハイブリッドS Lパッケージ」の287万9000円まで。

(webCG)

関連キーワード:
アクセラスポーツ, アクセラセダン, アクセラハイブリッド, マツダ, 自動車ニュース

マツダ アクセラスポーツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3(日本名:アクセラ) 2018.11.28 画像・写真 マツダが新型「マツダ3(日本名:アクセラ)」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「スカイアクティブビークルアーキテクチャー」や圧縮着火型ガソリンエンジン「スカイアクティブX」といった新機軸を搭載した新型の姿を写真で紹介する。
  • マツダ3セダン20S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.4 試乗記 先代にあたる「アクセラ」からすべてを刷新したという「マツダ3」は、マツダの新世代商品群の第1弾、すなわち同社の行く末を占う一台だ。「ファストバック」に比べるとちょっと地味(?)な「セダン」を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • マツダ3ファストバック<スカイアクティブX搭載車>【海外試乗記】 2019.7.25 試乗記 ガソリンエンジンならではの爽快感と、ディーゼルエンジンの力強さ。その“いいとこ取り”をうたうマツダの「スカイアクティブX」ユニットは、どんな走りを味わわせてくれるのか? 新エンジン搭載の「マツダ3」にドイツで試乗した。
  • 「マツダ3」ベースの新型SUV
    「マツダCX-30」って一体ナンだ!?
    2019.3.22 デイリーコラム スイス・ジュネーブで初公開された「マツダCX-30」。この新型SUVは今後、どんな位置づけで商品展開されるのか。日本での発売時期は? 開発主査をはじめとするマツダの関係者に、気になる点を聞いてみた。
  • マツダが「デミオ」のガソリンエンジンを1.5リッター化 2018.8.31 自動車ニュース マツダがコンパクトカー「デミオ」を一部改良。搭載するガソリンエンジンの排気量を1.3リッターから1.5リッターに拡大した。同時に、スエード調人工皮革「グランリュクス」をふんだんに用いたインテリアが特徴の特別仕様車「ミストマルーン」を発売した。
ホームへ戻る