「レクサスCT」がマイナーチェンジで新デザインに

2017.08.24 自動車ニュース
「レクサスCT」
「レクサスCT」拡大

トヨタ自動車は2017年8月24日、マイナーチェンジを施した「レクサスCT」を発表。同日、販売を開始した。

 
「レクサスCT」がマイナーチェンジで新デザインにの画像拡大
 
「レクサスCT」がマイナーチェンジで新デザインにの画像拡大
新規設定された、“Fスポーツ”専用ボディーカラーの「ラヴァオレンジクリスタルシャイン」。
新規設定された、“Fスポーツ”専用ボディーカラーの「ラヴァオレンジクリスタルシャイン」。拡大

“Fスポーツ”専用カラーの「ヒートブルーコントラストレイヤリング」をボディーにまとう「CT200h“Fスポーツ”」。


	“Fスポーツ”専用カラーの「ヒートブルーコントラストレイヤリング」をボディーにまとう「CT200h“Fスポーツ”」。
	拡大

今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザインが見直され、先進安全装備の強化が図られた。

エクステリアについては、新デザインの「スピンドルグリル」を採用。ヘッドランプの形状も改められた。発光部を拡大させてワイド感を強調したリアコンビランプや新デザインの16インチアルミホイールも装着される。

さらに“Fスポーツ”グレードでは、スピンドルグリルに新たな「Fメッシュパターン」を採用。パーツをダークな色調でコーディネートし、精悍でアグレッシブな表情を強調した。“Fスポーツ”専用のボディーカラーとして「ラヴァオレンジクリスタルシャイン」と「ヒートブルーコントラストレイヤリング」も新たに設定された。

インテリアでは、ナビディスプレイを10.3インチに拡大。オーナメントパネルには「バンブー(マットフィニッシュ/ナチュラルブラウン)」「サンフレアブラウン」「本アルミ(名栗調仕上げ/シルバー)」を新たに採用し、全8色展開とした。内装色についても2トーンカラーを採用し、ラインナップを刷新した。

また、車線逸脱防止システム「レーンディパーチャーアラート」や衝突被害軽減ブレーキシステム「プリクラッシュセーフティー」などからなる予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を標準装備するなど、安全性能が強化された。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • CT200h:377万円
  • CT200h“バージョンC”:399万円
  • CT200h“Fスポーツ”:440万円
  • CT200h“バージョンL”:477万円

(webCG)

関連キーワード:
CT, レクサス, 自動車ニュース

レクサス CT の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスCT200h“Fスポーツ”(FF/CVT)/CT200h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2014.2.25 試乗記 マイナーチェンジを受けた「レクサスCT200h」の見どころは、フロントエンドの「スピンドルグリル」だけではない。ボディー剛性の見直しなど、プレミアムコンパクトカーとしての“体幹”も一段と強化されているという。その仕上がりはいかに?
  • 日産ノート オーラNISMOプロトタイプ(FF)【試乗記】 2021.8.17 試乗記 日産自慢の電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した「ノート オーラ」に「NISMO」バーションが登場。レースで培ったノウハウを注ぎ込み、匠(たくみ)と呼ばれる開発ドライバーが磨きをかけたというそのパフォーマンスを、同社のテストコースで確かめた。
  • 気づけばもうすぐ10周年! 「レクサスCT200h」長寿の秘密に迫る
    2020.9.7 デイリーコラム カタログから消えることなく9年と8カ月。レクサスのハッチバック「CT200h」が、国産車では異例といえるほど長期にわたって販売されているのはなぜか? その長寿の理由について、ジャーナリストが解説する。
  • レクサスCT200h“Fスポーツ”(FF/CVT)【試乗記】 2014.4.16 試乗記 「LS」「HS」と、マイナーチェンジで劇的なまでにクルマを進化させてきたレクサス。プレミアムコンパクト「CT」はどこまでの変貌を遂げたのか。その実力をチェックした。
  • トヨタ・アクアG(4WD/CVT)【試乗記】 2021.9.4 試乗記 2011年の誕生以来、売れに売れたハイブリッド専用のコンパクトハッチバック「トヨタ・アクア」。期待を胸に試乗した2代目は果たして、これぞトヨタ車というべき堅実さと乗り味を持ち合わせていた。
ホームへ戻る