第57回:激安エリート特急の大勝利(たぶん)

2017.09.05 カーマニア人間国宝への道

激安店の人情紙の如し

降り注ぐさまざまなマイナス要素を、支払総額の安さで振り払い、私は激安中古「320d」の購入を決めた。本当にさまざまな思いが頭をよぎったが、結局決断に要した時間は30分程度であった。安さの威力恐るべし。

しかし気は抜けなかった。なにしろ人生で初めて、信頼できない気がするお店から中古車を買うのだ。

車検取得を含め納車まで約2週間。その間お店からの連絡は皆無であった。私は不安にかられて(?)、2万円という法外な手数料をはねのけ、希望ナンバーも追加で依頼した。番号は「820」。ハニワである。癒やし感満点のハニワが好きなので……。激安車の購入が平和裏に完結しますように、という願いを込めて。

ある日、見知らぬ番号から着信があった。私は無視していたが、2日後、それが例のお店からのものであることに気付いた。

コールバックしてみると、納車準備が整っているという。

敵はなんと、納車のお知らせすら再コールせず、2日間放置であった。さすが激安店……。人情紙の如し。キレ者だと思った責任者氏だが、紙切れだったか。そのビジネス戦略は多少詰めが甘いらしい。

「BMW 320d」の無事を祈念して、ハニワポーズ!(写真=池之平昌信)
「BMW 320d」の無事を祈念して、ハニワポーズ!(写真=池之平昌信)拡大
コーナーストーンズにある「大乗フェラーリ教祭壇」にも、憑代(よりしろ)としてハニワが飾られている。
コーナーストーンズにある「大乗フェラーリ教祭壇」にも、憑代(よりしろ)としてハニワが飾られている。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

BMW 3シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • メルセデス・ベンツE200ステーションワゴン スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.12.28 試乗記 フルモデルチェンジ並みの改良が施された「メルセデス・ベンツE200ステーションワゴン スポーツ」に試乗。最新デジタル技術によって進化したインフォテインメントや日本初となるARカーナビの実用性に加え、48Vマイルドハイブリッドの走りをチェックした。
  • BMW M550i xDrive/523d xDriveツーリング ラグジュアリー エディションジョイ+【試乗記】 2020.11.30 試乗記 「BMW 5シリーズ」のマイナーチェンジモデルが日本に上陸。4.4リッターV8ツインターボの「セダン」と2リッター直4ディーゼルターボの「ツーリング」をワインディングロードに連れ出し、走行性能と最新のデジタル装備の仕上がりを試した。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
ホームへ戻る