プジョー、2台のディーゼルハイブリッド車公開【フランクフルトショー2011】

2011.09.09 自動車ニュース

【フランクフルトショー2011】プジョー、2台のディーゼルハイブリッド車を初公開

仏プジョーは2011年9月13日に開幕するフランクフルトモーターショーで、ディーゼルハイブリッドシステムを搭載する市販予定車「508RXH」と、コンセプトカー「HX1」を初公開する。

■508シリーズ3番目のモデル

既報のとおり、「プジョー508RHX」は508シリーズの新バリエーションとなるクロスオーバーモデルだ。ワゴンの「508SW」をベースに、専用フロントバンパーやデイタイムランニングライト、オーバーフェンダー、サイドシル、リアバンパー、18インチアルミホイールなどが追加され、アウトドアイメージが演出されるとともに、トレッドの拡大や車高のアップ、4WD化などにより、悪路走破性が高められている。

パワートレインは、「3008HYbrid4」(日本未導入)譲りのハイブリッドシステム「HYbrid4」を搭載する。2リッターディーゼルエンジンで前輪を、モーターで後輪を駆動し、システム全体で200bhpを発生するこのシステムは、モーターのみによる走行も可能。欧州複合サイクルで25.0km/リッターの燃費を記録する。

フランクフルトモーターショーでは「カレーンブラウン」のボディカラーにアルカンターラ内装を組み合わせた300台限定のリミテッドエディションが展示される。本国での発売は、2012年春が予定されている。

■6名乗車が可能

もう1台、ワールドプレミアとなる多目的車のコンセプトモデル「HX1」も、ディーゼルハイブリッドシステムを採用する。プジョーブランドのハイエンドカーが想定された同モデルは、ユニークな4+2レイアウトにより6名乗車を実現。ミニバンのような多人数乗車を、Cd値0.28のスタイリッシュなハッチバックスタイルで可能にした。

全長4.93mのボディ側面には、上方に跳ね上がる4枚のスイングアップドアが備わる。キャビンはBピラーレスの構造により、乗降性の向上が図られている。インテリアは「天然素材とハイテク装備の組み合わせにより、近代的かつ豪華な空間を追求した」とうたわれる。

ディーゼルエンジンにモーターが組み合わせる「HYbrid4」は、エンジン排気量が2.2リッターに拡大され、システム出力は299bhpへと高められている。

このハイブリッドシステムは、モーターのみによる走行で航続距離30kmを実現しているとのこと。公称される燃費は、約31.3km/リッター、CO2排出量は83g/kmとなっている。

(webCG 曽宮)

「プジョーHX1」
「プジョーHX1」 拡大
「プジョー508RXH」
「プジョー508RXH」 拡大

プジョー、2台のディーゼルハイブリッド車公開【フランクフルトショー2011】の画像 拡大
「プジョーHX1」
「プジョーHX1」 拡大
プジョー、2台のディーゼルハイブリッド車公開【フランクフルトショー2011】の画像 拡大

プジョー、2台のディーゼルハイブリッド車公開【フランクフルトショー2011】の画像 拡大

関連キーワード:
508, プジョー, フランクフルトモーターショー2011, イベント, 自動車ニュース

プジョー 508 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.27 試乗記 伝統的なセダンスタイルを捨て、プジョーが新型「508」で世に問うたのはアグレッシブな4ドアクーペだ。そのスタイリングを楽しむとともに、最新の8段ATやADAS、プジョー初となる電子制御アクティブサスペンションなどの出来栄えを確かめた。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.14 試乗記 端正なセダンフォルムから一転、最新の「プジョー508」はアグレッシブなクーペスタイルのDセグモデルへと変貌を遂げた。プジョーは「セダンの概念を革新する」と声高らかに宣言するが、果たしてその実力は? ディーゼルモデルの走りを確かめてみた。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)/508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.13 試乗記 欧州Dセグメントに属する、プジョーの最新ステーションワゴン「508SW」。グループPSAの新しいフラッグシップモデルは、快適な乗り心地と限界性能の高さを両立する、今日におけるフランス車の完成形ともいうべきクルマに仕上がっていた。
  • プジョー508SWアリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.30 試乗記 「プジョー508」のステーションワゴン版「SW」に試乗。新型ではプジョー車から一時失われつつあったフランス車らしい美点が復活! さらに、かつては望むべくもなかったフランス車らしからぬ(?)先進性までもが備わっていたのだった。
ホームへ戻る