クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第446回:日本が誇る名車の走りを助手席で体験!
トヨタ2000GT生誕50周年祭をリポート

2017.09.30 エディターから一言
東京・台場のメガウェブで開催された「トヨタ2000GT生誕50周年祭」の様子。
東京・台場のメガウェブで開催された「トヨタ2000GT生誕50周年祭」の様子。拡大

クルマ好きなら誰もが知る日本の名車「トヨタ2000GT」が発売されたのは、1967年5月のこと。あれから50年の節目を迎えた今年の9月24日、オーナーたちによる記念イベントが東京・台場のメガウェブで開催された。さまざまな催しが行われたイベントの様子をリポートする。

会場にずらりと並んだ「トヨタ2000GT」。定番の白のほかにも、赤やグリーン、シルバーの個体の姿も。
会場にずらりと並んだ「トヨタ2000GT」。定番の白のほかにも、赤やグリーン、シルバーの個体の姿も。拡大
同乗試乗で筆者がお世話になった瀬谷孝夫さんと、瀬谷さんの「トヨタ2000GT」。
同乗試乗で筆者がお世話になった瀬谷孝夫さんと、瀬谷さんの「トヨタ2000GT」。拡大
同乗試乗は、メガウェブ内に設けられた1.3kmの試乗コースを使って行われた。
同乗試乗は、メガウェブ内に設けられた1.3kmの試乗コースを使って行われた。拡大

日本を代表する名車がお台場に集合

「トヨタ2000GT生誕50周年祭」と銘打たれた今回のイベントを主催したのは、トヨタ2000GTオーナーズクラブ・ジャパン。結成は1981年のことで、現在のクラブ員は約80人だという。今回、会場に集結したのは、そのクラブ員の愛車を中心とした20台弱。総生産台数はたった337台だから、その数は全体の5%にも上る計算で、まさにシーラカンスの大群と遭遇した気分であった。しかもこのイベントでは、貴重な2000GTをじっくり見られるだけでなく、オーナーたちが来場者向けに同乗試乗まで行うというから驚き。取材陣もオーナーズクラブのご厚意により、イベント開催前に同乗試乗をさせてもらった。

私が助手席でお世話になった車両は、オーナーズクラブの会長兼同イベントの実行委員長である、瀬谷孝夫さんの愛車だ。瀬谷さんによると、このクルマは後期型の市販1号車だそうだ。瀬谷さんは若き日に発売された2000GTに衝撃を覚え、憧れたひとり。ようやく手に入れた同車にずっと乗り続けており、既に33年を共に過ごしてきたという。見たところ内外装はかなり状態の良いものだったが、瀬谷さんいわく、入手した後にコツコツと手を入れて、現在の状態にまで仕上げたとのことだった。

助手席で味わう2000GTのすごみ

私自身、これまでイベントや博物館などで2000GTを見たことは何度もあるが、乗るのは今回が初めて。それだけに同乗試乗はうれしいサプライズだった。あらためて2000GTを目の前にすると、驚くほどコンパクトであることを実感する。写真などでは、その迫力からもっと大きく見えるのだが、実際には全長×全幅×全高=4175×1600×1160mmしかない。乗り込む際は潜り込むような姿勢となり、ドアがフロントフェンダーに大きく食い込むようにデザインされている理由も納得。そうでなければ、大人はとうてい乗降不可能だろう。

しかしながら、シートに収まると車内に窮屈さはなく、ただ包み込まれたようなクルマとの一体感がある。視界も良く、眼下に広がる豊かな色合いのウッドパネルのインパネと、そこに備わる計器やスイッチ類の機能的な美しさに見とれてしまった。2000GTが発売された1967年といえば、まだスポーツカーは遠い存在だったはず。ましてやその頂点にある2000GTに、当時の人がどれほどの憧れを感じていたかを想像するのは難しい。きっと今の私のように、乗り込むだけでワクワクしたのではないだろうか。

試乗は、メガウェブの新車試乗に使われる一周1.3kmのライドワンコースで行われた。長い直線ではエンジンを7000rpmまで引っ張り、助手席の私は力強い加速と心地よいツインカムサウンドを堪能した。2000GTのエンジンは3000rpm以上を保って走らせた方が良いとのことで、積極的に回した方が楽しめるというのが実にスポーツカー的だ。思いのほかに乗り心地も良く、コーナーではキビキビした動きも見せてくれた。50年の時を経てもあせることないその魅力に、当時の開発者たちがいかに高い目標を掲げて2000GTを開発していたかを実感した。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4175×1600×1160mm。「トヨタ2000GT」は、現代の目で見たら非常にコンパクトなスポーツカーなのだ。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4175×1600×1160mm。「トヨタ2000GT」は、現代の目で見たら非常にコンパクトなスポーツカーなのだ。拡大
美しいウッドのステアリングホイールやダッシュパネルが目を引くインテリア。乗降の際に足を抜き差ししやすいよう、ドアはフロントフェンダーパネルに食い込むようにデザインされている。
美しいウッドのステアリングホイールやダッシュパネルが目を引くインテリア。乗降の際に足を抜き差ししやすいよう、ドアはフロントフェンダーパネルに食い込むようにデザインされている。拡大
長いフロントノーズに収まる、2リッター直6 DOHCエンジン。150ps/6600rpmの最高出力と、18.0kgm/5000rpmの最大トルクを発生した。
長いフロントノーズに収まる、2リッター直6 DOHCエンジン。150ps/6600rpmの最高出力と、18.0kgm/5000rpmの最大トルクを発生した。拡大
ヒストリーガレージ前の広場にて、来場者の注目を集めながら、噴水のまわりをくるりと回る「トヨタ2000GT」。
ヒストリーガレージ前の広場にて、来場者の注目を集めながら、噴水のまわりをくるりと回る「トヨタ2000GT」。拡大

クルマに宿るオーナーごとの個性

会場にはゲストとして、トヨタのワークスチームでドライバーとして活躍し、2000GTの開発にも携わった細谷四方洋さんや、同じくトヨタワークスチームに所属し、現在も自動車評論家として活躍する津々見友彦さんが登場。トークショーでは、プロトタイプで挑んだスピードトライアルなど、当時の貴重な思い出話が次々に披露され、参加オーナーと来場者たちは熱心に2人の話に聞き入っていた。

この日集まった2000GTはオーナーカーが中心だっため、前期型と後期型がそろい、さらには当時のレーシングカーを再現した個体もるなど、単一車種の集まりでありながら、よくよく見ると個性豊かなクルマが肩を並べるイベントとなっていた。

ボディーカラーは、やはり白が多いものの、珍しい赤やグリーン、シルバーの個体も見られた。瀬谷会長によると、「2000GTの色はイメージカラーだった白が圧倒的に多いが、レストアなどでリペイントする際、同じ白でもオーナーの好みに合わせた調色を行っているものが多く、それが個性となっている」とのこと。また、メガウェブとトヨタ販社が所有する左ハンドルの輸出仕様車が2台展示されていたことも驚きであった。メガウェブの車両はプロトタイプで、メインテナンス性とトルク向上を目的に2.3リッターのOHCエンジンを搭載した、通称「2300GT」と呼ばれているもの。もう一台は、国内向けと同じく2リッターのツインカムを搭載したものだった。

ゲストとしてイベントに参加した細谷四方洋さん(左)と津々見友彦さん(右)。ともに、1966年10月に谷田部の高速自動車試験場で行われたスピードトライアルに参加したメンバーである。
ゲストとしてイベントに参加した細谷四方洋さん(左)と津々見友彦さん(右)。ともに、1966年10月に谷田部の高速自動車試験場で行われたスピードトライアルに参加したメンバーである。拡大
当時のレーシングカーを再現するため、大幅にモディファイが施された個体。
当時のレーシングカーを再現するため、大幅にモディファイが施された個体。拡大
輸出仕様の「2000GT」を前に、かつてのエピソードを語る細谷さんと津々見さん。
輸出仕様の「2000GT」を前に、かつてのエピソードを語る細谷さんと津々見さん。拡大
メガウェブが保管する、輸出仕様の「2000GT」には、2.3リッターのOHCエンジンが搭載されている。
メガウェブが保管する、輸出仕様の「2000GT」には、2.3リッターのOHCエンジンが搭載されている。拡大

未来のクルマ好きとの交流も

また、各参加車両についてはオーナー自ら特徴やエピソードなどを紹介。「新車当時から家族で受け継いできたワンオーナー」や、「オーナー自身が傷んだ個体をフルレストアした車両」など、さまざまなヒストリーが語られ、それぞれのオーナーが抱く2000GTへの愛情を伺い知ることができた。また、今回のイベントには大人だけでなく、チビッ子や学生も多く来場しており、オーナーたちは目を輝かせて質問する若きクルマ好きを優しく受け止め、世代を超えたクルマ好き同士の交流が図られていた。

今回の機会を逃して残念に思っている方もいるかもしれないが、トヨタ2000GT生誕50周年祭はこれで終わりでなく、11月4日には愛知県長久手市にあるトヨタ博物館でも開催される。当日は20台ほどの2000GTが集結するほか、同会場でも同乗試乗体験が行われるという。貴重な2000GTをじっくり見るだけでなく、深い愛情をもって接するオーナーとも交流が図れる貴重な機会だけに、ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

(文と写真=大音安弘)
 

若い来場者の質問に笑顔で答える「2000GT」のオーナー。
若い来場者の質問に笑顔で答える「2000GT」のオーナー。拡大
午後に行われた、一般来場者向けの同乗試乗の様子。11月にトヨタ博物館で行われるイベントでも、同じ企画が催されるという。
午後に行われた、一般来場者向けの同乗試乗の様子。11月にトヨタ博物館で行われるイベントでも、同じ企画が催されるという。拡大
トヨタ2000GTオーナーズクラブ・ジャパンでは、生誕50周年祭のほかにも、秋から冬にかけて積極的な活動を行っていくという。
トヨタ2000GTオーナーズクラブ・ジャパンでは、生誕50周年祭のほかにも、秋から冬にかけて積極的な活動を行っていくという。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。